野草研究室の日々

天然野草エキスのお店 “つみな” スタッフによる摘み草づくしの日常・・・。

野草エキスで石鹸が作れます。

2017-05-03 15:43:27 | 気になるトピックス
市販の石鹸素地に野草エキスを練りこめば、簡単に自家製の「野草石けん」が作れます。

手作り石けんといえば、通常は苛性ソーダにハーブオイルやアロマエッセンスを加えて作る方法が知られています。

これには少し専門知識が必要で、それなりに手間もかかりますが、「石鹸素地」を使う方法なら手軽に石けんを作ることができます。

「石鹸素地」は、あまり聞きなれない商品かもしれませんがアロマショップや、東急ハンズでも購入することができます。


    お借りした画像(生活の木)

この石鹸素地をビニール袋に入れて、野草エキスを加えてよく練ったら、袋から出してお好きな形に成型すればできあがりです。

この方法なら専用の道具をそろえる必要もなく、誰でも簡単に無添加・無香料の手作り石けんを作ることができます。

風通しの良い場所で3日~5日ほど自然乾燥させれば使えます。



練りあがりの状態はちょうど粘土のようですので、丸でも四角でも好きな形が作れます。

また、お菓子の型を使えばいろいろな形を楽しむことができます。

 

この石鹸、とても気持ちが良いのです。

なんとなく肌が疲れたなーと感じたときにこの石鹸を使うと肌がほっと一休みする感じがします。


5月13日(土)に開催される野草エキス作りのワークショプでは、この方法で石鹸作りもいたします。

ちなみに上の写真で、色が濃くて粒々が入っているように見えるのものは、エキスの他に「野草粉」も入っています。

ワークショップでは野草粉もご用意しますので、写真のようなグリーンの石鹸が作れます。

ヨモギかスギナの粉を使う予定です。ぜひお楽しみに。

◆ワークショップご案内→ 手作り野草エキスつみな ON LINE SHOP

 



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乃木大将とゲンノショウコ | トップ | ワークショップ、今度は晴れ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。