野草研究室の日々

天然野草エキスのお店 “つみな” スタッフによる摘み草づくしの日常・・・。

乃木大将とゲンノショウコ

2017-04-20 14:10:02 | ゲンノショウコ

現在、ゲンノショウコエキスがとても良い状態で熟成されています。

ゲンノショウコは収穫量が少ないため、今までは熟成が2年目に入る頃には在庫切れとなってしまうことが多かったのです。

でも一昨年、お客様のご好意で某秘境の繁殖地を教えていただきましたので、少し余裕をもって収穫することができました。

ゲンノショウコは、熟成1年を越えたあたりからしっとりと肌触りがよくなってきますので、少し多めに収穫できるのは

とても貴重なありがたい状況です。

現在は2年ものと3年ものが揃い、これがヴィンテージワインのようにとても良い感じに落ち着いてきたのです。

熟成期間を経たゲンノショウコエキスはお肌のキメを整えてくれます。

ドクダミやユキノシタのように、よく知られた野草ではありませんがご愛用くださるファンが多い商品です。

ところで、このゲンノショウコについて、ちょっと面白いお話しがありますのでご紹介します。

       ~乃木大将とゲンノショウコ~

大正時代に発行された「天来の霊薬 ゲンノショウコ」という、とてもレアな本の巻頭に書かれているものです。
(参考:オンラインショップのライブラリーコーナー

ちなみにゲンノショウコはもともとお腹の薬として使われた薬草ですが、この本にはいろいろと興味深いことが書かれています。

その内容についてもいずれご紹介したいと思いますが、今回は巻頭に書かれた意外なお話を。

古い仮名遣いですが原文そのまま記載します。

----------------------------------------------------------------------------------------
「天来の霊薬 ゲンノショウコ」 
 巻頭:乃木大将とゲンノショウコ

明治四十年の7月より8月14日まで、時の學習院乃木大将は、百五十有余名の學生と共に片瀬遊泳場へ出張せられ、
學生と共に海岸に接近せる松林中のテントに仰臥せられた。面して毎日夕食後年少なる學生のため大将より種々の物語を
聞くのを例としてゐた。或時一學生が「風露草」(ゲンノショウコの本名)を手に持ちたるを見て、大将は左の如く物語られた。

此のゲンノショウコは、昔支那より傳へられた薬草であって、腹痛の薬である。此の草は実際非常に下痢などに有効であり、
自分も此の草の有効なることは、二度程試したことがある、一度は日露戦争前、那須野に居った時、一老人悪性の赤痢に似たる病に罹りて、
一日に数十回も下痢をした。夫(それ)で、蔭乾にしてあった風露草を、茶にして煎ずるやうにして、飲ましたら直ちに治った。

又他の一度は明治三十年旅順に戻った時、此の草を試したことがある。此の時、旅順で兵隊が過度の疲労と、食物が余り善くなかった
為めに、赤痢に罹るものが、日々非常に多数であった。勿論軍医は多数居ったけれども、なかなか西洋の医術でも急の間に合わぬから
困った。丁度、其の時此の草のことを思ひ出して、兵隊に何処かに無いかと見にやったが、兵隊は丸で一度も見たこともなし、
又自分も善く解るやうに説明ができなかったから、皆「何処にも其の様な草がありませぬ」といふ報告であった。

それで自分が或時、偶然夜榮所の後ろの野原へ用事があって出たら、今まで私の探していた風路草が、今を盛りと美しい花を開いて一ぱいに
繁茂して居るのを発見して、非常に喜んで、直ぐに兵隊に其の事をいふたら、兵隊は『其の草なれば、旅順の至る所に繁茂しておりますが、
閣下のご説明には、此の草が合って居りませぬから見つかりませんでした』と、私の説明が不十分といふことを知っている兵隊は、
皮肉な返答をした。

依って軍医にも、此の薬草のことを話したところ、軍医は此の薬草は下痢症に善いということは支那の本草綱目といふ書にも掲げて
ありますから、試してみませうと言ふたから、早速兵隊に命じて、此の風路草を軍刀を以て沢山刈らせた。しかし乾燥させる間がないから
生乾のままで釜で煎じて数百の兵隊に茶の代わりに飲ませたら、其の薬効は実に著しいもので、多数の兵隊は直ぐに平癒して、日々の
作業に従事することが出来た。此の様な効能がある草だから、其の手にしている草花を粗末にしてはならぬ。云々。

-----------------------------------------------------------------------------------------

  
(お借りした画像)

陸軍大将として名を轟かせた乃木希典にもこんなトホホなことがあったんですね。

きっとこの本でしか知ることができないこのお話し。

ちょっともったいないと思ってここに記しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月にワークショップを開催します。

2017-03-30 10:07:05 | お知らせ
お知らせです。

5月13日(土)に、野草エキスと手作り石けんのワークショップを開催します。

場所は青梅です。

先日、味噌作りでお世話になった「賢治の農楽校」の畑をお借りします。

手作り市にお越しくださる客様から、エキス作りを体験したいというご希望を何度かいただいておりました。

やりたい気持ちはありながらも、開催場所やタイミングを考えるとなかなかむずかしいものがあったのですが、

いつもお世話になっている青梅の「賢治の農楽校」の鈴木さんのご協力により開催することとなりました。

場所は山の上で、辿りつくまでちょっと大変な所ではありますが、到着すればそこは別世界。

きれいな山の空気を思い切り吸いながら、一緒に野草摘みをしましょう。

ご参加お待ちしております。(★参加のお申し込みは下記「賢治の農楽校」へお願いします。)


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

~からだ手当のエキスを作る・使う~
お肌にやさしい 野草エキス と 石けんづくり
大地と天のめぐみを暮らしに、暮らしの中に小さな自給を

5月13日(土)10時~15時
小雨決行(台風・大雨の場合は中止)

内容:スギナ、ヨモギ、カキドオシなど身近な野の草を摘み、
からだ手当や無添加化粧水の元になる、野草エキスをつくります。
またドライにした野草で、手ごね石けんを作ります。
野草やエキスについてのミニ講座もあり!

講師 吉田桐子(野草エキスつみな SHOP 店主) 

場所:青梅・賢治の農楽校の山と畑 青梅市成木8-297 
  *東青梅駅より車で20分、駐車スペースから山道を徒歩7,8分の自然豊かな山の中です。
   最寄りのバス停からは徒歩30分。参加者の方には地図をお送りします

定 員:15人  要予約・申込み締切:4月29日(土) ただし定員になり次第締め切り

参加費:3,000円 2回目以降の方は、2,800円 ビン(200ml×2個持参の方は、150円引き)
*材料費込(ビン、ホワイトリカー、石けん素地、ドライの野草など)
*当日仕込んだエキス(200ml×2種)、当日作った石けん、野草の持ち帰りあり。
*中学生以上は参加可。それ以下の年齢の方は同伴可。

持ち物: ハサミ /野草持ち帰り用袋 /お手拭タオル /麺打ち棒 または すりこ木
素手でもできますが、気になる方は、園芸用手袋 または 軍手 / 筆記用具 / お弁当

申込み先:青梅 賢治の農楽校 鈴木真紀  電話/FAX: 0428-78-3117
     E-mail: maki.72@live.jp  
     名前と連絡先(メールアドレス、と、電話番号)をお知らせください。

FB:「青梅 賢治の農楽校
   または https://www.facebook.com/maki.suzuki.773

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

味噌作りに行ってきました。

2017-03-26 16:56:43 | 気になるトピックス
味噌作り体験に行って来ました。

以前から一度やってみたいと思っていました。

いつもお世話になっている「賢治の農楽校」主催です。

人気の企画なので常連さんの参加も多く、すぐにいっぱいになってしまうそうですが今回仲間に入れてもらいました。

 

迫力の臼、これを見るだけで大豆にパワーが入りそうな気がしてきます。

使い込まれた道具はいいですね。

作る人の気もしっかり入りそうです。

「手作り味噌」というと、ちょっと大変そうと少し気後れしてしまう部分もありますが、

今回は、いたれりつくせりの下準備のおかげでそんな心配をふきとばして、楽しくやることができました。

主催の鈴木さんには本当に拍手を送りたいです。





仕込みが終わったら、去年作った味噌で味噌汁がふるまわれました。

味噌汁って美味しい。太陽の下で体が喜ぶ一日でした。



参加して本当に良かった!

素晴らしい体験でした。

賢治の農楽校のFBもぜひご覧ください。→青梅 賢治の農楽校
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと良いかも、ビタミンB

2017-03-01 10:42:03 | 気になるトピックス
健康のため、お肌のため、ビタミン剤でも飲んでみようかとドラッグストアに行くと迷いませんか?

大きなお店では、横一列にズラリと並んでいることがありますよね。

ビタミン剤だけではなく様々なミネラル類も。

最初の目的はすっかり忘れて、あれもこれも欲しくなってしまいます。

サプリのコーナーは一度立ち入ると迷宮に入りそうです。

ビタミンBがいいらしい。ビタミン剤はバカにできない。最近、手作り市にご来店のお客様からそう薦められましたので

なにか試してみようとドラッグストアに立ち寄ったものの、やはりどれがいいのかわからなくなってしまいました。

で、とりあえずマルチビタミンを買ってみました。

飲み始めて一週間くらい。とても調子が良いです。

気のせいかなんだかよく眠れるような気もします。

それでちょっと調べてみると、ビタミンB12は睡眠リズムを整える、とありました。

・・・え、そうなの。それは知りませんでした。

赤血球の合成に関わるので貧血にも良いとか。

貧血といえばレバー。鉄分。

もしやと思い、鉄サプリの成分を見ると・・・

入ってましたビタミンB12。

意外と知らないビタミンBの世界。

ビタミンBに関しては、B1、B2、B3・・・それぞれ働きがあってとても興味深いものがあります。

たまにテレビの健康番組などで、ビタミンB1は○○に良くて、ビタミンB2は○○に・・・とやっていて、その時は

なるほどと聞いていてもすぐに忘れてしまいます。

でもよく聞いていると、【糖質】【脂質】【たんぱく質】の3大栄養素の関わりで見るとわかりやすそうだと気づきました。

それで、含まれる食品など参考にしながらちょっと一覧を作ってみました。


ビタミンB1 (豚肉 牛肉 鶏肉 うなぎ 玄米 ごま)
糖質(炭水化物)を体内で効率的にエネルギーに変換する。
・疲労回復を早める
・脚気(かっけ)はビタミンB1の欠乏で起こった。
     
ビタミンB2 (レバー うなぎ 納豆 たまご アーモンド)
脂質を燃やして、効率よくエネルギーに替える。
・活性酸素を退治して、老化の進行を抑える効果(抗酸化作用)がある。
・過酸化脂質を分解して、正常な細胞を守る。
・子どもの成長期には不可欠な発育のビタミン

ビタミンB3 (たらこ まぐろ かつお レバー 落花生 玄米)
糖質(炭水化物)、脂質 タンパク質をエネルギーに替える
・皮膚や粘膜を健康を維持し、肌荒れや口内炎などの炎症を防ぐ。
・ビタミンB3を摂取すると手足の指先や耳などが温かく感じる人もいる。
 血行不良による痛や冷え性の改善に効果的。
 *ビタミンB3は<ナイアシン>と表記されていることが多い。

ビタミンB6 (にんにく まぐろ レバー さんま ピスタチオ)
タンパク質を分解してアミノ酸にする。
・たんぱく質がエネルギーとして使われる補酵素として関わる。
・皮膚や粘膜を健康を維持する。

ビタミンB12 (しじみ/あさり  レバー さんま 海苔)
・赤血球の合成に関与している。貧血防ぐ。
・動脈硬化や心臓病のリスクを下げる。
・脳血管、脳神経の再生・修復をする。
・抹消神経の傷を修復する。
・不眠の改善。
・長期の菜食(ベジタリアン)で欠乏するビタミン。 


あくまで自分用にまとめたので編集内容に若干の偏りはありますが^^; 

こうやってみるとビタミンBはお肌の健康に関わるものが多いですね。 

美白にはビタミンCが良いというのはよく知られてますが、ビタミンBのことはよくわかっていませんでした。

日々の健康管理、お肌の管理にも、この一覧をプリントして眺めています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 肌に良い水

2016-12-29 15:35:52 | 気になるトピックス
化粧水の原点は江戸にあり。

以前、日本の化粧水は江戸時代に起源があったということをご紹介しました。

化粧水の原点「江戸の水」


日本以外の国ではどのような化粧水が使われているのだろうかと思ったところから、いろいろ調べているうちに、

江戸時代にたどりついたのでした。

化粧品といえば西洋が一歩先というイメージがありましたので、ヨーロッパには化粧水という概念がほとんどないことがわかって、

これはちょっと意外なことでした。

また、調べているうちにもうひとつ意外な発見がありました。それはフランス人は顔を洗わないということでした。

ヨーロッパでは洗顔しない国が多いようです。

洗顔すると乾燥してしまうから、というのが理由なのだそうですが、これはいったいどういうことだろうかと・・・?

ヨーロッパの水の多くは硬水ですので石灰を多く含んでいます。

洗顔後に肌に石灰が残ると乾燥しやすいそうです。乾燥しやすい土地であることももちろん大きな理由です。

また硬水では洗顔料の泡が立ちにくいというのも洗顔から遠ざかる理由でもあるようです。

ではどうするかというと、化粧水をコットンにつけて拭き取り、その後クリームをつけるのが定番だそうです。

化粧水は、水を補うというよりは拭き取り用のローションとしての役割が大きいのですね。


化粧水は9割が水

ところで、一般的な化粧水は水分が90%~95%くらいだそうです。

野草エキスで化粧水を作る場合は水で5倍に薄めることをお勧めしていますので80%が水になります。

これだけ水の分量が多いのであれば、できれば水にもこだわりたくなってきます。

もしも住んでいる場所の近くに天然の湧水があるなら、ぜひそれをお使いになることをおすすめします。

日本人の肌には軟水が最も合っているとされていますし、日本の天然水はほとんですべてが軟水ですから

飲用水として使われている水ならどれでも肌水としては最適です。

また温泉地などでは温泉水がそのまま化粧水として販売されているところがあります。

温泉水はミネラル分が多く、水分子が細かいため肌への浸透がよいので、そのままで素晴らしい化粧水になります。

温泉水ミストなどはとても気持ちよいですし。

日本は西洋と違って良い水に恵まれていますので、これらを肌水として活用しない手はないのです。


精製水という優れもの

とはいえ都会生活ですと、そういうものはなかなか手に入りません。

そこでおすすめしたいのが精製水です。

手作り化粧水に使う水として信頼度が高く、簡単に入手できるものとしては、ドラッグストアで売られている精製水がとても良いのです。

精製水というと高価なものと思われるかもしれませんが、500mlのものが100円程度と、思いのほか安価です。

使い勝手もとても良いのでお客様におすすめしています。

精製水のおすすめポイントについて整理しますと、

◆入手しやすい→ドラッグストアで売ってます。
◆価格がお手頃→100円程度(500ml)
◆使い勝手がよい→注ぎやすいキャップ。容器が少しやわらかめなので注ぐ時、量の調整がしやすいです。
◆水質→不純物ゼロの純粋な水です。肌質問わずどなたでも使えます。(ちなみに精製水は軟水です。)

入手のしやすさや価格の面ではミネラルウォーターも良いと思います。

たくさんの種類が出ていますので、いろいろ試して自分の肌に合っているものを探すのも楽しいと思います。

それでも、使い勝手の良さや保管のしやすさ(冷蔵庫に入れた時の置き位置)、そして、「これから化粧水を作るんだ。」という気分の盛り上げ感も含めて

精製水を少しだけ強めにお勧めしています。

ところで、「水道水はどうですか?」 というご質問をしばしばいただきます。

塩素で肌が荒れると主張される方もいますが、オリンピックの水泳選手の肌がピカピカなのを見ると、塩素の害は気にしなくて良さそうです。

(プールには、水道水と比べておよそ2倍から5倍量の塩素が入っています。)

日本の水道水は軟水ですし、肌に影響が出るほど塩素は入っていませんので、全く問題ないと考えています。

ただ、問題はありませんが、せっかく野草エキスを使って自家製化粧水を作るのですから、できれば天然水や精製水を使って、

肌に心地よい自分だけのとっておきの化粧水をお作りになることをおすすめします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加