へたれなーす、時々修行日和

――心にうつりゆくよしなしごとを、気ままに綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

かんごふさん

2016-10-14 | 日々是好日
これは、が生まれてから自分という存在に気付き、
一番初めに思った、“おとなになったら”。
誰かに言われたのか、テレビで見たのか、
がその職業の存在を知った経緯は、定かではない。
病院で働く人、風邪ひいたら治してくれる人、
その程度だった。

勿論、夢見がちなの、
“おとなになったら”は、いろんなものに移り変わった。
天文学者、女医さん、薬を発明する人、
あとは動物のお医者さんもあった。
よくある花屋さん、ケーキ屋さんとかはなかった。

今の仕事、自分に向いているのかと
は自問自答することがよくある。
向いてないなあと思うこと、これ日常。
でも、感謝することはよくある。
へたれなに、その命を以て学ばせようとしている、
気付かせようとしてくれている。
そう思うことも、これ日常。

の仕事の愚痴は絶えないけれど、
敢えて口にしないけれど、“イイコト”は、それ以上にある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブログを始めます。 | トップ | “心”って、どこにあるの? »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々是好日」カテゴリの最新記事