金継ぎ、金繕い? いえ、陶磁器の繕いを楽しむ会「器再楽(きさら)」です!

「陶工房たつみ」が主催する「器再楽(きさら)」のブログ。金繕い、金継ぎと呼ばれる手法もオープン。繕いの依頼にも応じます。

簡易な繕い

2017-07-31 11:04:39 | 陶器の繕い例
本焼き時になぜか電気窯の中で倒れてしまっていた酒器。

釉薬が棚板に付いて。

ヤスリで削った後、とりあえず「新うるし」で色合わせだけで。


ちょっと違うなと、もう少し色を付けて。
今度は濃い過ぎたかな。
なかなか色合わせは難しいですね。
しばらく使ってみて、気に入らなければ黒艶の本漆を使って銀粉でも蒔きましようかね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 工房の時計が大変だ | トップ | 続けての繕いの依頼 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

陶器の繕い例」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。