金継ぎ、金繕い? いえ、陶磁器の繕いを楽しむ会「器再楽(きさら)」です!

「陶工房たつみ」が主催する「器再楽(きさら)」のブログ。金繕い、金継ぎと呼ばれる手法もオープン。繕いの依頼にも応じます。

工房の時計が大変だ

2017-07-31 11:01:43 | 多種類の繕い例
川西のパレットから帰った時にびっくりしました。

工房の壁面に取り付けてある時計の針が大変なことに。
子どもか誰かが悪戯したのでしようね。
びっくりしてしまって、その状態の写真を撮り忘れていました。

分針はまだましでしたが、秒針はこんな風にぐにゃぐにゃに。


早速、まっすぐに直してあげて。
だいぶ傷んでいますが、もう少し使えるでしょうね。


きちんと動くようになりました。
こんなことがたまにあります。
道路からも時間が判って、子どもたち初め皆さんに便利なはずなんですがね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今月2回目の「器再楽」の講座 | トップ | 簡易な繕い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

多種類の繕い例」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。