金継ぎ、金繕い? いえ、陶磁器の繕いを楽しむ会「器再楽(きさら)」です!

「陶工房たつみ」が主催する「器再楽(きさら)」のブログ。金繕い、金継ぎと呼ばれる手法もオープン。繕いの依頼にも応じます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

飛び込んできた繕いの依頼

2016-11-02 12:57:55 | 陶器の繕い例
地域の文化祭が11日(金)と12日(土)に予定されている「総合センター塚口」ですが、陶芸教室の作品にトラブルがあったと連絡が。
「上ノ島」も「水堂」も文化祭は終わりましたが、残るは「塚口」のみとなっています。

それで、ヤナギマツタケを採った帰りに立ち寄って、去年に続いてヤナギマツタケを職員の方にプレゼント。「みんなで頂きます」って。

繕いの品はこの大皿。
薄くし過ぎて大変です。
乾燥段階から大変な状態だったものを、繕いながら仕上げたのですが、また1箇所割れてしまって。
簡単な繕いですので、早速届けましょう。


この部分が追加の繕いです。


そのついでに、私の作品のトラブルも「色あわせ」で繕いを完成させて。


もう一点。気になっていた部分です。


アップで。
『工芸』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いい作品の繕い依頼 | トップ | 大変な繕い・土鍋の蓋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

陶器の繕い例」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。