金継ぎ、金繕い? いえ、陶磁器の繕いを楽しむ会「器再楽(きさら)」です!

「陶工房たつみ」が主催する「器再楽(きさら)」のブログ。金繕い、金継ぎと呼ばれる手法もオープン。繕いの依頼にも応じます。

これも繕いでしょうか

2016-09-15 15:16:50 | 多種類の繕い例
自転車を倒してしまった時に、反射器を壊してしまった。

新しく買い求めないといけないかなと思いましたが、修理は簡単そう。



優れもののアラルダイトで接着。
2液混合のエポキシ。
金繕いのベース作りに重宝していますが、何にでも使えます。


復活です。
これって繕いとは言いませんよね(笑)。

『工芸』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川西での金繕い教室の三日目 | トップ | やっと持ち帰った作品の繕い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。