金継ぎ、金繕い? いえ、陶磁器の繕いを楽しむ会「器再楽(きさら)」です!

「陶工房たつみ」が主催する「器再楽(きさら)」のブログ。金繕い、金継ぎと呼ばれる手法もオープン。繕いの依頼にも応じます。

娘の繕い

2017-05-12 15:21:41 | 陶器の繕い例
家に帰ってきていた次女が、繕いを。

鍵を入れたりするのに使っているそうですが、私の古い作品です。

結構割れていましたが、私のアドバイスを少し聞きながらやり終えました。
接着を終えた後の漆は、食器として使わないので、「新うるし」の白で。
私が一番強調したのが、漆の線引きに使った面相筆のあと始末です。
面相筆は高いので。

家にいればもっといろいろと教えてあげられるのに。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妻の繕いの様子 | トップ | フクロウの陶板作品の繕い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。