エネルギー・社会・経済の変化と対応

変化を見極め、対応を考える

故郷 寸描:北海道・倶多楽湖

2017-04-21 09:34:57 | 日記

◇故郷は遠くに在りて思うもの:「倶多楽湖」の思い出

 室蘭市に住んでいた著者は1950年代の夏休みに、20Km位の所に

 ある"倶多楽湖"に行った。汽車とバスで登別温泉まで行き、後は徒

 歩で現地に辿り着いた。湖畔にキャンプを張り、魚釣りを体験した

 。倶多楽湖(クッタラコ)は、人があまり近寄らない神秘的な所だっ

 た。湖は、殆ど円形で直径Km程のカルデラ湖、約4万年前の噴

        

                     出典:Google Map

 火でできた。透明度は摩周湖に次ぐ程度と聞く。魚釣りに湖畔で釣り

 糸を垂れた。魚の名記憶が薄れたが、調べるとヒメマスだったよう

 だ。魚は朝方と夕方に回遊して来る習あり、それに合わせて早朝の

 4時起きもした。少年時代の思い出、遠くにありて偲んでいる。

         

             出典:Google Map

 今でこそ観光スポットになり、車で行けるようだが、大型バスなどを

 規制し、自然は守られているようだ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経済の動き:TPP、米国抜きで | トップ | 故郷 寸描:北海道・室蘭市 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。