エネルギー・社会・経済の変化と対応

変化を見極め、対応を考える

雑感:資源や観光など

2017-11-13 08:58:23 | 日記

◇今日は新聞休刊日:月1回の定期休み

 2017年11月13日、郵便受けには新聞なし。テレビやネット

 で主要なニュースを読めるので、不便を感じない。資源節約

 (森林保護)に役立つ。このところ40頁程の日が続いたが、紙

 面の半分程広告だ。プラス チラシ広告。付記:日本製紙連

 合会の統計によると・・2016年の紙・板紙の古紙利用率が64

  .2%、回収率が81.2%と、日本は世界Top Class。なんと、日

  

   出典:日本製紙連合会(産経省) 古紙の消費量内訳

 本は古紙を輸出。その量は2016年で414万トンに上り、輸出

 比率が19.5%になる。意外な"製品輸出"で外貨を得ている!

◇常磐高速道を行く:秋の行楽で、人々の往来多し;

 2017年11月12日、用事で茨城県つくば市に行って来た。水戸

 近郊のInter Changeから載り南下。北上する観光バスを多く

 見た。50Km程の走行中、30~40台の観光バスが通り過ぎた。

 茨城県は、紅葉の盛り。推測するに・・奥久慈の龍神渓や高萩

   

        出典:高萩市観光協会  花貫渓谷

 の花貫渓谷などで紅葉を観た後、リンゴ狩りやアンコウ鍋など

 を楽しむのかも知れぬ。一方、友部Junctionで常磐道から北関

 東道へ向かう車を多く見かけた。推測だが・・大洗や那珂湊で

 海の幸を楽しむのだろう。我々は、復路にてInter Changeを降

 りた所にあるRestaurantで釜飯(イクラ入り)や刺身などを楽し

 

  出典:NTB古潭グループ 昼食したRestaurantと釜飯など

 んだ。店内は待ちがでる程、賑わっていた。人々は、観光や

 グルメなどにお金を使う。茨城を元気にしてくれている。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エネ政策:対談と誤解懸念 | トップ | 再生エネ悲観論に疑問 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事