エネルギー・社会・経済の変化と対応

変化を見極め、対応を考える

車 次の技術:マツダが革新

2017-08-09 09:19:57 | 日記

◇次世代エンジン:燃費20~30%改善

 2017年8月8日、マツダが発表・・次世代ガソリンエンジン(Sky

 Activ-X)を搭載した自動車を2019年に発売する。エンジンを革新 

 「従来のプラグによる着火はせず、ガソリンと空気を混合し、圧縮

          

          出典:response.jp/ Mazuda社屋

 して自己着火させる」と云う革新的なもの。世界で初めて実用化。

 エンジンの中でSuper Lean燃焼により、通常よりも少ないガソ

 リン量での燃焼を実現し、20~30%の燃費向上に繋げた。

◇脱ガソリン・ディーゼル車時代に逆行?:さにあらず

 確かに世界は、脱ガソリン・ディーゼル車に向けて動き出してい

 る。実際に脱ガソリン・ディーゼルに転換されるのは、2030年代

 から2040年代になる。Mazudaの狙いの背景には、先進国でも、

            

               出典:毎日新聞

 この間のガソリン車の需要は続くとの判断がある。発展途上国では

 、すぐにはEVへ移行しないだろうとの見方もある。

◇Mazudaの戦略:EV開発を並行

 先ごろ、Mazudaはトヨタとの資本提携を結んだと発表したばかりだ。

 その狙いの一つが、EVを共同開発する事にある。両社は、EV時代を見

 据えて動き出している。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 携帯・スマホ:買い替え | トップ | 企業の明暗:JDI経営不振 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。