エネルギー・社会・経済の変化と対応

変化を見極め、対応を考える

物価上昇率:遠い2%達成

2017-07-14 11:11:02 | 日記

◇我が国の消費者物価指数(CPI)の現状:2015年5月=100とする;

 総務省統計局が2017年6月30日、発表しているdataによると・・

 2017年5月時点のCPIは、総合で100.4、生鮮食品を除く総合で

          

             出典:総務省統計局

 100.3、生鮮食品及びエネルギーを除く総合で100.8となった。

 物価上昇率目標の2%には届かず。日銀は、2017年度の見通し

 を4月に示した1.4%を1.0%強に引き下げる方向で調整とある。

◇日銀の目標と政策:これまでの金融政策に問題はないのか?

         

            出典:manetatsu.com

 日銀が2013年4月に物価上昇率2%を掲げ、量的金融緩和に乗り

 してから4年が経過した。的確な効果が出ない中、日銀はこれまで

 の金融緩和を続ける構えだ。日銀の政策が本質的な解決に繋がっ

 行くのか?

◇欧米の金融政策:量的金融緩和から保有資産縮小へ

 米国は、これまで4回に亘り政策金利を引き上げ、今年6月には1~

          

            出典:ロイター/アフロ

 1.25%に決める一方、保有資産の圧縮を年内に開始する。一方、欧

 州では量的金融緩和の規模を縮小して行く考えにある。州全体の

 物価上昇率が現在1.3%となり、目標の2%弱に近付いている。欧米

 は金融緩和の出口に向かっている。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 動く経済:燃料価格と物価 | トップ | 海外経験:Cleveland Ohio »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事