エネルギー・社会・経済の変化と対応

変化を見極め、対応を考える

大学入試:英語に民間検定

2017-07-11 08:29:57 | 日記

◇英語は民間試験へ移行:

 2017年7月10日、文部科学省有識者会議が大学入試センター

 での英語試験に民間の試験を適用する事を決めた。現行の技能

        

           出典:lightrend.com   

 に「話す・書く」技能を加える。英検やTOEICなどの民間試験

 を利用する。2023年度まで現行のMark Sheet式と民間試験

 併用し、2024年度から民間試験へ全面移行する。

◇大きな前進と云える:Speaking & Writing能力Up

 現行の試験は、「読む・聞く」技能に偏っていた。訪日外国人

 が大幅に増えたり、企業の海外進出などにより、Speaking &

 Writing技能が必須になっている。各個人が、ある程度のBili-

         

              出典:crowdworks.jp

  ngual能力を身に付け、外国人とCommunicationが執れる事

 を目指す時代が来ている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 太陽光発電:大規模が増加Ⅱ | トップ | 土俵上の明暗:頑張る高安 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。