エネルギー・社会・経済の変化と対応

変化を見極め、対応を考える

賃上額 最高:時間給+3%

2017-07-27 09:03:32 | 日記

◇最低賃金の上げ幅大:2017年度の時間給

 厚労省の諮問機関である審議会が2017年7月25日、最低

 賃金を25円上げ、848円とする答申を出した。上げ幅は、

         

           出典:haken-jimu.com

 過去最高で約3%Upする事になる。政府の方針に沿った

 となった。実態例は・・東京都の時給調査(2014年6月)に

 て、事業所の25.3%が900円台、23.4%が1000円台にな

 っいた由。

◇世界比較:2015年11月に報道されたDataとして、次の表

 がある。先進国の中では、欧州や豪州が高く、日本は低い。

          

           出典:産経ニュース  2015.11

 この時間給まで引上げて行く事は、簡単ではなさそうだ。

◇日本労働組合総連合会が迷走:時を同じくして、連合が

 政府や経団連と交わした「脱時間給」合意を翻した。政府

 は、「脱時間給制度」を創設する法制度を準備中だったが

         

           出典:日本労働組合総連合会

 、政府の思惑は外れた形となった。脱時間給とは、賃金を

 労働時間で決めるのでなく、仕事の成果に応じて決める仕

 組みだ。労連側の執行部が独走した形であり、今回傘下の

 組合からの反発に会い、執行部は方針を元に戻した。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 数学雑感:微分・積分Ⅱ | トップ | 英国も禁:EVドミノ現象 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。