エネルギー・社会・経済の変化と対応

変化を見極め、対応を考える

京都賞:稲盛氏 夢を描き実現

2017-06-18 10:52:19 | 日記

◇京都賞(Kyouto Prize):日本発の国際賞

 2017年6月18日、全国紙の6頁目に全面広告が出た。京都賞(第33

 回、2017年)が発表されていた。この賞は1984年、京セラの創業社長

 稲盛和夫氏が創立した(著者は認識不足だった)。彼は、「人のため、

            出典:稲盛財団

 世のため、役立つ事をする」として、私財約200億円相当を投じて「

 稲盛財団」を設立。受賞した人たちは、102人の上り、その内の8人が

 後にノーベル賞に輝いた。あの山中教授も2010年に京都賞を、2012

 年にノーベル賞を受賞した。この賞の受賞者には賞金5,000万円が贈ら

 れる。

◇稲盛和夫氏の凄さ:2010年、日本航空は2兆3,000億円の負債を抱えた

 。政府からの強い要請により同年、JALの会長に"無報酬"で就任。JALの

          出典:稲盛財団

 改革を断行した。再建に当たって、社員の意識改革を重視し、社員の心

 が変える一方、欠けていたと思われる"採算意識"を植え付けるなどの施

 策を実行。2012年3月期の決算で、2,049億円の黒字を計上できた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭の風景:初夏迎える花木Ⅳ | トップ | 健脚寿命:生涯歩ける脚を »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。