エネルギー・社会・経済の変化と対応

変化を見極め、対応を考える

庭の風景:初夏を迎える木々Ⅱ

2017-06-15 14:11:55 | 日記

◇杉とヤツデ:逞しく育った杉  撮影・・2017年6月15日

 これらの木々については、"誕生"の時から述べる必要がある。場所は、石積み

 塀の下部とコンクリートの床との間に僅かな隙間あり。隣の土地に在った杉林

 から飛んできた種が、隙間に入り芽を出した。年々、伸びて人間の背丈以上に

          

        杉(2本)           杉(1本)とヤツデ

 になった。今も、狭い隙間の下に根を張り健在だ。一方、伸び過ぎて塀を壊し

 てしまう可能性があるので毎年、大幅に剪定している。右の杉の手前にヤツデ

 が伸びて来た。何故、ヤツデが出て来たのか記憶にない。

◇黄金マサキとヒノキ:      撮影・・2017年6月15日

 フェンスの内側に植えた黄金マサキが成長した。こがね色の葉が、辺りを明る

 くしている。庭の他所には、青マサキが何本か在る。その内の何本かが、葉が

 色付いて、黄金マサキのようになっている。青マサキから変異したようだ。

        

          黄金マサキ         ヒノキ

 写真右のヒノキは、電柱と塀の間の狭い所に芽を出し、伸び始めて、結構な

 高さになった。当方が植えた記憶がないので、どこからか種が飛んで来て、

 根付いたようだ。伸び過ぎないように毎年、剪定している。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 車排ガス問題と米国で規制強化 | トップ | 日本人の食:雑穀の恵みを戴く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。