エネルギー・社会・経済の変化と対応

変化を見極め、対応を考える

仏国電動車へ:2040年まで

2017-07-08 09:40:53 | 日記

◇フランス政府「脱ガソリン車・脱ディーゼル車」宣言:

 2017年7月6日、仏国環境相が記者会見で発表・・ついに、来たか。

 2040年までに、ガソリン車やディーゼル車の仏国内販売を禁止する

 内容だ。国として電気自動車へと舵を切ったのは、初めてだろう。

 マクロン大統領はリ協定の順守」を強く主張して来たが、今回、

 具現化に踏み切った。

         

            出典:fromnewworld.com

 付記・・仮に米国や日本に当てはめた場合、かかる政策転換はできる

 だろうか? 自動車産業への配慮等々・・部品企業まで裾野があまりに

 広い。若いLeaderが先導する仏国のようには行かないか知れぬ。

◇世界の趨勢:米国や欧州でEVが拡大機運

  1)Volve Shock:Reutersの報道によると・・Volvo社が7月5日、20

   19年以降、全ての自動車をEVやHybrid車にすると発表した事に影

   響を受け、EVの最大手Tesla社株価が、7月5日に7%も下落した。

  2)Tesla社のEV販売台数:TechCrunch.comの報道によると、Tesla

      

              出典:Tesla.com

  社の2017年前半合計販売台数は、47,100台となり、2016年全体

  で76, 000台と云う目標を上回る勢いにある。

  3)日本MakersのEVに向けた方針は?:

   日産は、早くからEVを販売しているが、世界の趨勢が大きく変わる

   中、トヨタやホンダなどはEVに対応せざるを得なくなって来た。日

   本勢は、HybridやPHVでは健闘して来た。EVに対する方針表明が、

   待たれる。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再生エネ開発:海流発電 | トップ | 日銀国債買入れ:金利抑制 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。