エネルギー・社会・経済の変化と対応

変化を見極め、対応を考える

動く経済:燃料価格と物価

2017-07-14 09:14:27 | 日記

 我が国では、物価上昇率が目標の2%に届かない状態が長年に亘り、

 続いている。実態を燃料価格の面から見る事にする ・ ・ ・

◇燃料価格の推移:ここ1年間の変化を見る(引用先:ecodb.net/);

 昨年の秋季に一時的に上昇したものの、今年は落ち着いた値動きだ。

 1)原油先物価格WTIは、20167月に約40$/Barrelであった。同年

  11~翌年2月頃まで約50~54$/Barrelの高値で動き、2017年4~

  6月は約45$/Barrelで動いている。

         

            出典:e-logit.com

 2)石炭価格は、20167月に約60$/Tonであった。同年8月頃から上

  昇し10~11月に90$/Tonを超え、2017年2~6月は約80$/Ton半

  ばで動いている。

 3)天然ガス価格は、20167月に約7$/100万BTUであった。同年10

  月に約8$/100万BTUに上げて動き、2017年3~6月に約5$/100万

     BTUの半ばで動いている。

◇日本の物価の推移を身近な例で見ると:

 下述の数値も変動している。上述の燃料価格とどう関連しているか? 

 俄かには、判別し難いが(例:月日の差が大きく影響するだろうし);

  1)電力会社の燃料調整費:東京電力は原油、石炭、天然ガスを使って

  発電している。毎月の検針通知書に消費者に還元される燃料調整費

           

          出典:東京電力ホールディングス

  が記載される。東電管内での推移を見ると・・2016年12月と2017

  年1月に約1,500円台もの還元あり。同年2月1,100円台、3月900円

  台、4月400円台、5~6月300円台にまで減少したが、還元が続いて

  いる(消費者負担と云う状態に逆転していない)。

 2)ガソリン価格:ここ1年間の店頭価格(看板価格)を見ると(引用先:

          

             出典:smp.gogo.gs

      e-nenpi.com/)・・・2016年8月114.9円/L、2017年4月に127.2

  円/Lまで上昇。同年6月に123.8円/Lに下がり、落ち着いた動きをし

  ている(当方が利用しているスタンドでも、概ねこの価格で推移)。


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本人と英語:日本発掘番組 | トップ | 物価上昇率:遠い2%達成 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。