エネルギー・社会・経済の変化と対応

変化を見極め、対応を考える

庭の風景:初夏迎える花木Ⅳ

2017-06-18 09:58:40 | 日記

空梅雨が続く中、植物は元気に成長。  撮影:2017年6月18日

◇ムクゲ:夏の直射日光が部屋に差し込むのを抑えるべく、庭の各所

 に植えた。冬は葉を落とし、日差しが部屋に入り易くなる。後々、

 白色や紫がかった花を沢山、付けてくれる。

           

◇菊:根の状態で冬を越し、今頃は茎を伸ばし、葉を広げる。これも

 移植でふやして行った。秋頃、小ぶりの花を沢山、咲かせる。

        

◇オタフクナンテン(別名オカメナンテン):"お多福難転"と呼ばれ、

 "難を転じて福多し"と思われ、厄除けとして重宝されて来た由。相当

 前に、公共の建物の道沿いに並ぶ赤色のオタフクナンテンを見て、我

            

 が家の庭にもと思い、3株を買って植えた。今の時期、葉は緑だが、後

 々、葉が赤色に染まるだろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭の風景:初夏迎える花木Ⅲ | トップ | 京都賞:稲盛氏 夢を描き実現 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。