エネルギー・社会・経済の変化と対応

変化を見極め、対応を考える

猛暑列島:電力がPeakへ

2017-07-16 10:47:15 | 日記

◇猛暑日・真夏日が続く中、電力使用量がPeak:

 2017年7月15日(土)、著者が住む関東地域を管轄する東京電力の

 電力使用量が約4,300万KWを記録した。当方の記憶では、通常の

   

      出典:東京電力 でんき予報(上の曲線が7月15日)

 休日には3,200~3,300万KW程度だった。この日は1,000万KW

 程度多く電力を消費した事になる。要因は、暑さ対策で多くの所

 で空調を利用した事にある。

◇火力発電所をフル稼働して対応:

 上述の1,000万KWは、大型火力発電所10基分にも相当する。そこ

                            

       出典:東京電力ホールディングス 火力発電所

 では、石油・石炭・天然ガスを大量に使って需要を賄っている。CO

 2の排出量が増加する一方、燃料コストが増加する。暑さに対応する

 のには必要な事だろうが、原発再稼働に至っていない東京電力にとっ

 ては、厳しい時期が続く事になる。

 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猛暑列島:雨無しの日続く | トップ | 情報不足:高速道での経験 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。