ちょいてつ

ようこそ。
私の撮影日誌です。
撮影に行ったあと、写真とともにupしてます。
-- 2005/10/6開設 --

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

◆茨城空港から「スカイマーク」撤退へ / 2010-7-4

2010-07-04 | つくば界隈
 

茨城空港唯一の国内線、スカイマーク神戸便が、8月をもって運休となることが発表されました。これで再び国内線のない空港に戻ってしまいます。

原因が自衛隊との関係悪化というような表現になっているのですが、どうみても違うような……
航空祭は大きなイベントとして開かれていますので、その日はどうしたらよいのかって気づかないのもどうでしょう?
それを県と自衛隊で調整しろとは……
神戸便の茨城到着は9:35、出発は10:35、出発を早めることはあっても遅らせることはありそうにないです。遅らせた方が影響があります。

9月から就航する神戸-鹿児島,羽田-鹿児島便に飛行機や人員を振り向けたいためにつけた理由にしか見えませんね。

県が自衛隊と調整して時間は確保されるようですが、そうなった時の言い訳が期待できます。

ソース:
 スカイマーク
 6/24(木)
 「「神戸‐茨城線」の運休について」
 http://www.skymark.co.jp/ja/company/press/press100624.html

 茨城空港
 6/25(金)
 「スカイマーク社の茨城=神戸便運休発表についての知事コメント」
 http://www.ibaraki-airport.net/news/news-15.html

 Yahoo!ニュース
 6/25(金)
 「茨城空港:スカイマーク運休 県に衝撃が走る /茨城」
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100625-00000157-mailo-l08

 6/26(土)
 「知事「運航再開へ全力」 スカイマーク運休 要請書も提出 茨城」
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100626-00000013-san-l08
 「茨城空港:スカイマーク運休 県の説得困難か 知事、基地に善処促す姿勢 /茨城」
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100626-00000084-mailo-l08

 7/1(木)
 「知事「解決策はある」 スカイマークと交渉継続を強調 茨城」
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100701-00000010-san-l08

 「茨城空港:スカイマーク運休 運航継続回答なし 副知事が社長に面会 /茨城」
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100701-00000100-mailo-l08

 茨城新聞ニュース
 6/25(金)
 「茨城空港 スカイ神戸便8月末で運休」

 6/26(土)
 「神戸便運休 空港周辺住民に驚きと戸惑い」
 「神戸便運休 知事、空自に民間機への配慮要望」

 6/29(火)
 「神戸便、継続要望へ 茨城空港利用促進協」

 6/30(水)
 「神戸便運休 国交省政務官 スカイ社から意見を聴取へ」

 7/2(金)
 「神戸便定時運航で再調整 防衛省側軟化、運休回避も」
 http://www.ibaraki-np.co.jp/main/weekly.htm から記事を選択

 東京新聞web
 6/25(金)
 「スカイマーク 茨城-神戸定期便運休へ」
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20100625/CK2010062502000084.html

 6/26(土)
 「スカイマーク神戸便『運休』  『公共交通最優先に』」
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20100626/CK2010062602000122.html 

 7/3(土)
 「定刻運航、問題ない スカイマーク撤退で空幕長 再調整に前向き」
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20100703/CK2010070302000100.html
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

◆「RailWays」観られましたか / 2010-7-2

2010-07-02 | 一畑電車/若桜鉄道


公開中の映画「RAILWAYS」、もう観られましたか?

一畑電車のデハニ52と53が数多く登場するこの映画。
少々物足りないところもありましたが、全体的にはとってもよかったです。

驚きなのは、工場で働いている方が俳優さんだったこと。すっかり溶け込まれていました。

もう少し続きが見たいなと思った映画でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加