つきみそう

28年前出版した処女歌集の名

旧岩崎邸庭園

2007-01-11 | 国内旅行

 上京のついでに重要文化財の旧岩崎邸庭園を訪ねました。不忍池近くに、明治24年、三菱創設者・岩崎家の本邸が建てられました。設計は、英国のジョサイア・コンドル。大戦後、岩崎家から国へ、さらに東京都に移管され、平成13年から一般公開されています。
 15000坪の庭園、洋館、和館、撞球室どれを見ても桁外れです。食器類の展示もあり、ワイングラスはフランス製。ベランダのタイルはイスラム調。家族写真も展示され、その中にはエリザベス・サンダースホーム創立者・澤田美喜さんの若き日の姿もありました。(写真は洋館の南面)
 

『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« WFWP短歌会 3 | トップ | 小石川植物園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
新★ぶらり旅II 下町の旅 ?旧岩崎邸庭園 (賃貸営業よもやまばなし)
さあ新シリーズの開始です。去年7月の浅草の旅以来の『下町の旅』、でも正直下町の定義は難しい。厳密に言えば、銀座や新橋がそもそもの下町なのですが、そのエリアはすでに下町ではないので・・・今回の旅は、広くなった下町でも最近脚光を浴びているエリアにな ...
旧岩崎邸庭園(洋館) (ブログライブ)
 上野不忍池の近く、旧岩崎邸を見に行きました。  玄関のステンドグラス。  きれいな花が飾ってあります。  二階に向かう階段です。  二階東の女性用の部屋。壁や天井が、全面ピンク色になっています。ここ