つきみそう

27年前出版した処女歌集の名

南雲吉則さんの講演会

2016-10-18 | 文化

 前から誘われていた南雲吉則さんの講演会に、昨日は出かけました。著書も多いし、テレビにもよくでられている有名人と言うのに知りませんでした。アンチエイジングの実践者らしく、とても60歳には見えません。まずスリム。そして、ヤングのようなヘアスタイル。ご自分の説を実行されていて、まず、白い5悪を摂取しないこと。1.白米 2.パン 3.麺類 4.砂糖 5.ポテト。そして、果物の皮はむかず、皮ごと摂取。果物の皮にはポリフェノールやクエン酸・ペプチドが含まれるからです。ゴボウからはいろいろバリエーションが広がるみたいです。油についてはサラダオイルは捨てなさいということ。エゴマオイルを飲まれています。料理の温度により、ラード、ココナツオイル、オリーブオイルを使い分けます。

 専門は乳腺。乳癌でなくした乳房の再生手術をされる嚆矢であったようで、その病院も東京にあります。全国から患者が来るようです。メタボにならないよう、癌にならないよう、テレビでも本でも訴えられているようです。

 4代続く医師の家系に出生。先祖を崇拝しておられます。両親のおかげで自分の存在があるので、これで2人。その前は祖父母で4人。こうして数えると、1000年前の先祖は1兆人になるのです。そういう話題からスタートしました。

 帰宅後母の病院に直行。うつらうつらとしていました。高齢のため、胃ろうはしないことに決定。病状は安定しているので、転院の話も出ました。M病院は、緊急指定病院のため空きベッドが常に必要なのです。規約では60日はおられるのですが、転院先のA病院も満室なので、今から予約が必要です。M病院は、我が家から西へ1kmほどで、A病院は東へ1kmほど。大病院が近いので助かります。

 下は、午前中に英会話があり、その教材の一つ、ボブディランの「風に吹かれて」。でもあまりノーベル文学賞ほしくなさそうです。スウェーデン・アカデミーに連絡もないようで・・・

 

「左岸」玄関のアンスリューム

『岐阜県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 左岸 2 | トップ | 海難 1890 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (tona)
2016-10-20 20:11:25
いろいろな健康法や食べ方があるものですね。
エゴマは良いと聞いていますが、とても高価です。
以前オリーブ油を飲む健康法をといたある方がその後50代でしたか亡くなりましたね。
ですから油を飲むのが怖いです。
白いものを食べないにも違和感を覚えました。
離乳食の時からこれらを食べて今までエネルギー源として生きてきましたから。
色々な考え方で実践がありますが、自分で見つけた自分に合った食べ方でいいですね。
tonaさま (matsubara)
2016-10-21 08:19:29
私も実は同じ意見なのです。
白いものは簡単には止めることは不可能です。
なるたけ少なめにするようにしますが・・・

頭の隅においていて、ごはん少な目にしますが・・・

それと果物の皮をむかないと農薬の危険が
あります。このことも気になり簡単に実行できないですね。

そういう考えがあることを知ってほしいだけです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL