つきみそう

28年前出版した処女歌集の名

犬山まつり

2008-04-07 | 国内旅行

 4/5.6は、第374回犬山まつり。5日、東京からのお客様を連れて出かけました。からくり人形を見るのは、高山まつり以来。374年も続いていることに敬服します。13両もの車山(やま)は、からくり人形をポイント地点で披露し巡行。夜には365個の提灯に点灯。電灯かと思いきや、なんと1つずつ蝋燭に火を入れていました。揺れる炎で幽玄さが出るように・・・満開の桜の下で・・・
 犬山城は、信長の伯父が1537年に創建。しかし、討ち死にしたため、城主が次々変わり、1617年、成瀬家の所有となりました。それ以来個人が所有する唯一の城でしたが、諸事情で2004年より犬山市が所有管理をしています。東大教授の11代目当主は、最近亡くなられました。
 1594年生まれの2代目城主成瀬正虎氏が、犬山祭りの基礎を作りました。犬山城は、日本最古の城で、国宝に指定されています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガーベラ | トップ | 淡墨桜 2 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (コスモス)
2008-04-07 10:25:24
おはようございます。
 まず最初に昨日はお疲れ様のところ、お訪ね下さいまして有難うございました。
 犬山まつりは見た事は有りませんが、374年も続いているとは本当に敬服に値しますね。
しかも365個の提灯に蝋燭の揺れる灯り。
文字通り幽玄の世界だと思います。
満開の桜の下で行われる、
素晴らしいおまつりですね。
 犬山城の歴史は詳しく知らなかったのですが、
以前にブログのお仲間が写真と記事を載せておられて、勉強させて頂きました。
それまでは、名古屋城の方が知名度も有り、印象が深かったのですが・・・。
Unknown (羽島郡民)
2008-04-07 11:01:30
小さい頃良く見に行きました。小さい頃泊まりがけで祖父に連れて行ってもらいました。なつかしいなぁ
犬山市・江南市・扶桑町は親戚が多いんです。姉・父の妹が犬山に嫁ぎ 母の従兄弟が扶桑に嫁ぎ 母の在所が江南なんです。元犬山市議会議員・元扶桑町長・元江南市収入役と公務員一家です。
コスモスさま (matsubara)
2008-04-07 15:03:09
2.3年前にも行きましたが雨でからくりは見られませんでした。勿論提灯もだめで・・・
緞帳にはビニールが掛けられて模様も見えず最悪でした。
祇園祭の1/10くらいの規模でしょうか。通りが狭いので、電線に接触しそうでひやひやします。

名古屋城は戦災で焼けて再建ですから価値のないコンクリート造りです。犬山は創建当時のままですから価値があります。ぜひ1度お出かけ下さい。但し欄干から落ちないようにしてね。ガラスの防護壁がありませんので・・・
羽島郡民さま (matsubara)
2008-04-07 15:12:14
やさしいおじいちゃんで幸せな子供時代でしたね。
私の祖父は42歳で亡くなりましたので顔も知りません。
犬山に親戚もなくてお祭りも長く知りませんでした。夫の恩師にすすめられ行ったのですが、雨でひどい目にあいました。ようやくお客様のお陰で念願が果たされました。
昔の犬山まつりは娯楽もない時代ですからもっと感動的だったでしょうね。
犬山城 (oko)
2008-04-07 18:36:16
盛大なお祭りの様子が伺えました。
伝統的な行事の継続は大変でしょうね。
犬山と聞きますと夫が愛した犬山城、もう30年以上も昔になり
ますが、家族旅行にライン下りから鵜飼い、そして犬山城見学の
思い出が蘇りました。
okoさま (matsubara)
2008-04-07 19:36:44
ご主人様は歴史にお詳しい人でしたね。
地味な城ですので、最古の城という価値を知らないとなかなか行かないものです。
ライン下りもなさったのですね。鵜飼も・・・
お遠いところからようこそお越し下さいました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL