つきみそう

28年前出版した処女歌集の名

皇室の名宝展

2009-10-18 | 国内旅行

 東京国立博物館の平成館で、平成天皇の即位20年を記念した皇室の名宝展が開催されているので、東京で延泊し寄ることにしました。これまでも三の丸収蔵館で展示されていましたが、これだけ一堂に公開されたのは初めてで、今後もないと思われます。連休の最終日で長い行列に並びました。まだ後半がありますが、とりあえず前半だけ・・・
 これまで上京したとき時間があると、三の丸収蔵館に寄っていたのですが、狭いしほんの僅かしか見ていないことが分かりました。
 画家は皇室のために命をかけて描いたように思われました。依頼された工芸品は、贅をつくしたものばかりです。伊藤若冲の写実は荘厳さえ感じられました。

 夫がまだ見ていなかったこともあり、旧岩崎邸にも寄りました。2007.1.11には南面の写真をupしていますので、今回は東面と北側玄関です。

『東京都』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花巻新渡戸稲造記念館 | トップ | 娘の招待 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます~♪ (コスモス)
2009-10-18 06:59:06
matsubaraさま
 愉しませて頂きましたがご旅行の記事も今日が最後なのですね。
ありがとうございました。
 そして、「平成天皇の即位20年を記念した皇室の名宝展」もご覧になられたのですね。
テレビでも放映されていましたが・・・
 伊藤若冲展は京都で有り私も見ましたが、とても丁寧に、綺麗な線で絵がれていた印象が強かったのを覚えています
そして、美術館からの帰りに、何んとなくお墓が有る相国寺へも
 旧岩崎邸はとても立派な建物ですね。
何かに利用されているのですか?

こんにちは (レイコ)
2009-10-18 14:45:47
岩崎邸などこれからも保存されるといいですね。ああいう時代があったなんて夢のようです。
戦争で爆撃を受ける前の時代にタイムスリップできたらどんなに楽しいか、、、。
今の時代の建物はつまらなくなりましたね。
コスモスさま (matsubara)
2009-10-18 15:34:22
つれづれ日記のきれいなバラの花を拝見しました。
東北ではまだ書きたいことがありますが
きりがないので切り上げることにしました。
東照宮なども・・・
伊藤若冲の京都展はとてもよかったそうですね。私は行けませんでしたが・・・
旧岩崎邸は数年前までは国が研修所に使用
していましたが、今は観光だけです。
庭園も内部も見ることが出来ます。
関東大震災の時は10000人以上ここに避難
したそうです。
レイコさま (matsubara)
2009-10-18 15:37:51
戦争で焼けなくて本当によかった
と思います。
戦時中は米軍が使用していたようです。
コンドルが設計した貴重な建物ですので
大切にしたいですね。
今晩は。 (oko)
2009-10-18 20:15:46
そうでございますか。
東京にお寄りになられ「皇室の名宝展」に。
教えていただきまして有り難うございました。
旅のご紹介も有り難うございました。
まだ知らないところばかりで参考に為りました。

どうぞこのままで。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL