つきみそう

28年前出版した処女歌集の名

手作りお菓子 4

2017-05-13 | わが家

 昨日、旧知のKさんから手作り草もちをいただきました。昔ながらの方法で作られています。よもぎは春先しかないはずですが、摘んで、茹でたものが冷凍庫に保存してあるのです。無論あずきも自身で炊いて餡が作られました。防腐剤ゼロの美味しさが口に広がります。昔祖母が作ってくれた時の味がしました。皮によもぎを練りこむ作業は、電気もちつき機でされます。

 彼女は草もちばかりでなく、すべての食べ物にこだわりを持ち、防腐剤がないと作れない練り物は口にしません。電子レンジは電磁波が大量に出るので、使用しません。スマホも電磁波が出るため、防止チップをつけておられます。これは私も彼女に習い、付けています。遺伝子レベルで危ないので、孫にプレゼントしました。 

 

おはぎ

頂き物の絹サヤ

ジャンル:
我が家
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« WFWP会長のこと | トップ | 古今伝授の里短歌大会 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
草餅 (oko)
2017-05-14 20:09:55
K様は素晴らしい!ですね。
手作りの草もちが懐かしいです。
幼い時に近くの土手にヨモギを摘みに行って作ってもらいました事。

電磁波の事も改めて学びました。
参考にさせて頂きます。
okoさま (matsubara)
2017-05-15 08:11:35
こちらにもコメントありがとうございます。
草もち本来の味を忘れるところでした。
どこにも売っていませんものね。

私もこれまで知りませず、孫や子供に伝えて
います。ところが昨日来た次男だけは知っていて
もう電磁波防止チップをつけていました。

電子レンジやパソコンにもつけています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL