つきみそう

28年前出版した処女歌集の名

犬山成田山

2009-04-03 | わが家

 車を13年ぶりに買い替えましたので、(但し、走行距離50000キロ)ご祈祷を受けるため、犬山市の成田山に行きました。千葉県にある本山成田山新勝寺の名古屋別院。本山の方にはまだ行ったことがありません。上の別院の写真はパンフレットより。階段の中腹に桜の大木がありましたが、花はまだでした。しかし、途中の道はさくらのトンネルでした。(写真下左) 右下の写真は犬山城。国宝です。木曽川南岸の崖の上にある光景を荻生徂徠は、中国の白帝城に似ていると讃えています。李白の「朝に辞す白帝彩雲の間・・・・・・」から別名、白帝城。日本最古の城です。高さ23m。最上階の高欄からの眺めはよいですが、覆いがないので足がガクガクします。
 

『愛知県』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市制120年 | トップ | 水谷早苗先生のお話 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (フクちゃん)
2009-04-03 16:11:45
成田山は千葉ですね
私も昨年10年ぶり新車を買いましたので成田山に行ってきました
今日は良い天気なのでドライブかねて桜の名所3箇所も回ってきましたまだ7分咲きでした
フクちゃん (matsubara)
2009-04-03 17:27:11
成田山名古屋別院は昭和28年に建立されました。本堂にはじまり広大な面積に10余りの建物があります。
犬山城周辺の桜も7分咲きくらいでしたが、何しろ寒くて花見どころではありませんでした。

懐かしい犬山城 (oko)
2009-04-03 19:23:39
子供達が小学生の頃に鵜飼いを楽しみながら訪ねました。
夫が好きなお城でした。
遠い昔ですが、台湾に旅行の折りに李白の「朝に辞す白帝彩雲の間・・・・・・」の掛け軸を求めました。
長い間、眠ったままでしたが「大地の子」がNHKで放映の最後の方に白帝城が映されその時、「朝に辞す白帝彩雲の間・・・」を。誰が?は忘れましたが、急いで掛け軸を出して素晴らしさを確認しました事等々、懐かしく拝見させていただきました。
Unknown (平安人)
2009-04-03 19:42:54
こんばんわ
成田山はあちこちにあるのですね
関西では 確か寝屋川だったと思うのですがありますね 一度参詣したことがあります
結構大きな境内だったことを覚えています
犬山城 懐かしいですね うんと昔に行きました 明治村・日本ライン下りなど思い出しました 犬山城は 以前は個人の持ち物と聞いたことがあります 今はどうなんでしょうか
尾張藩の家老の領地でしたね
okoさま (matsubara)
2009-04-03 20:20:39
犬山の鵜飼を見られたのですね。歴史が好きな人から好まれるお城です。よい思い出がおありなのですね。
台湾にて求められたとはよい買い物をされたと思います。大地の子にそのような場面があったことは忘れています。
平安人さま (matsubara)
2009-04-03 20:29:26
築城以来城主はめまぐるしく変わりました。江戸時代に入ると、尾張藩付家老の成瀬正成が城主となり、幕末まで続きましたが、明治維新による廃藩置県のため、この城は愛知県所有となりました。
しかし、明治24年の濃尾地震で半壊し、その修復を条件に城は再び成瀬家の所有となり、平成16年に財団法人に移管するまで、日本で唯一、個人所有の城でした。

成田山が寝屋川にもあるとは存じませんでした。こちらも相当大きなな規模です。

犬山城は必見の城だと思いますのに明治村しか行かない人もけっこういます。
Unknown (Saas-Feeの風)
2009-04-04 21:45:48
成田で入国したあと、国内便まで時間があったので新勝寺を参拝したことがあります。
あの寺には虎と龍との彫刻がありますよ。
タイガースとドラゴンズのようだなと思っていました。
かなり前のことになりますが、寺で飼っていた虎が脱走した事件があったような記憶があります。
(間違っていたらごめんなさい)
Saas-Feeの風さま (matsubara)
2009-04-05 06:39:20
本山は虎まで飼っているとは驚きました。東京にいるとき行きたかったのですが遠すぎまして・・・
さすが行動派の風様は成田での時間つぶしも有効に過されているのですね。
彫刻のことは知りませんでした。それ、見たいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL