月色草子 別巻

船・飛びものなどに関して徒然に綴っています

画像を使われる際にはご一報ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

よこすかYYのりものフェスタ2015 2-2 軍港めぐり

2015-06-16 23:16:08 | 
時間に合わせて軍港めぐりの場所へ。
事前に予約しててよかった、当日分完売していた。


乗船開始となって位置取る。
見える位置におじゃまできたのでちょっと一安心。


時間となり出港。…まわりにはカメラが沢山。ええ、沢山。



最初に見えたのは潜水艦。
271271 posted by (C)月笛


艦橋辺りに居た乗員さんが気づいて手を振ってもらえました。ありがとうございます!


潜水艦の舵。手前がそうりゅう型、奥がおやしお型(多分)。あ、斜め左奥のもおやしお型っぽい。
281281 posted by (C)月笛


船が進んで、米軍の艦船が見えてきた。艦番号85からイージス艦マッキャンベル。
332332 posted by (C)月笛


振り返ったらさっき見えなかった、1隻だけ係留されてた潜水艦の全貌が見えた。
338338 posted by (C)月笛



エンジン音が聞こえる、と見回すと、見たことのない船が来る。解説もこの船には触れない。
NAVYとあったので、米軍の船。…何に使うんだろう
364364 posted by (C)月笛



長浦港に入った。
最初に見えたのがにちなんとわかさ。
423423 posted by (C)月笛


そして、圧迫さえ覚える舷側の高さ。うらがだ。
後ろ姿
440440 posted by (C)月笛


うらが全景。船名は左舷の船尾近くについてた。
航空掃海具出す出入口が船尾についてるからこの位置かなー、と勝手に憶測
445445 posted by (C)月笛



にちなん、わかさ、うらがの後ろ姿。
うらが舷側高いなー(n度目。よほど渡し板が怖かった模様)
453453 posted by (C)月笛


一回、掃海母艦と同じクラスの護衛艦と実際に比較対照してみたい。


にちなんの横を通りすぎて、湾の奥に進む。


えのしま。冬にお世話になりました。寸劇面白かったです。あとラッパ展示も。
473473 posted by (C)月笛



301やえやま、302つしま。
木造の掃海艦だそう。…大きくくくればえのしまの先輩か。
492492 posted by (C)月笛


声が上がって見てみたら、海保の船。
船名なんだろう。
495495 posted by (C)月笛


こちらは見えた。海保うらゆき。さりげなーくやえやまの隣に鎮座。
499499 posted by (C)月笛



船が方向転換をして、にちなんの全景が見られた。
522522 posted by (C)月笛


船が進む。
おや、もしやあれは「魅惑のヒップライン」?
えんしゅうだった。
529529 posted by (C)月笛



船越地区を抜けて、吉倉桟橋近くに戻る。


こちらも掃海艇らしい。
679ゆげしま、680ながしま。
537537 posted by (C)月笛


てるづき後ろ姿。
543543 posted by (C)月笛


153ゆうぎり
556556 posted by (C)月笛


きりしま、たかなみ後ろ姿。たかなみはゲディス見送った後すぐに横須賀戻ったのだろか。
566566 posted by (C)月笛


そして、いずも。大きすぎて望遠の画角に入らないw
571571 posted by (C)月笛


いずも前甲板。
574574 posted by (C)月笛


いずも前から。
曇ってるように見えるけれど、腕の限界です。この日は蒸していて、撮るのも動くのも暑かった。
594594 posted by (C)月笛


ここで船を降りる。いや盛りだくさん!!




動いて、撮れる所を探す。
いずも全景。
612612 posted by (C)月笛


ヴェルニー公園から。左にあるのが体育館と三階建の建物。
615615 posted by (C)月笛


寄せてみる。海上では遠目でお目にかかりたいw
617617 posted by (C)月笛


いずも斜めから。係留されてるロープの本数を思わず数えた。後ろでももやい取ってるにしろ色々大変そうだなー、と
631631 posted by (C)月笛


蛇足。戦利品。大事に使わせていただきます。
DCIM0165DCIM0165 posted by (C)月笛



何に消耗したんだか、帰りの電車では見事に寝落ちた。
楽しかった1日と相成った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よこすかYYのりものフェスタ2015 2-1 護衛艦見学

2015-06-14 21:31:57 | 
日程が分かった段階でスケジュールを空けていたイベント。

よこすかYYのりものフェスタに行って来ました。



護衛艦の公開をする、というところまではどこのサイトでも公開されていて、どの艦船かは前日も「お楽しみに☆」という状況だった今回。
艦船が見られれば良い、というスタンスでスタンバイしました。


で、当日。
予定通りに家を出て、時計見て「よしまだ余裕!」とのんびり歩いていましたら。
電車を1本乗り逃しました。
腕時計の電池が家を出る5分前(もしくは12時間前)に止まっていたようです。
行けるだけいいさ、と気を取り直してルートも立て直し。


現地に着くと、予想通り行列。
クールビズな人がさり気なく行列整理してました。…もしや中の人?


行列が動き出すのと同じくらいにローター音が聞こえてきて、ヘリの機影も見えてきましたが多分建物の影で見られないだろう、とあきらめ。
行列が止まったら綺麗に目の前に着地点がありましたとさ。
近づくローター音。
大きな機影。
焦る月笛さん。
カメラばたばた出して、設定弄れるだけ弄って撮った一枚がこちらorz
015
015 posted by (C)月笛



ペラ回ってないorz
構図がorz
撮れたから、いいさ。


このラインまで大丈夫です、と誘導してもらって、場所決めてちょこちょこ撮ってましたがやっぱりフェンス越しは厳しい。
エンジン停止。
057
057 posted by (C)月笛


この後準備っぽい動きとなってました。





隊員さんが早めの開門となること、お手洗いの場所など行列を回って案内してくれます。ありがたい。
今回は岸壁前のお手洗いが最後の場所となるらしい。


手荷物検査受けて、入場と相成りました。



入ってたじろぐ。
でかい。

大きすぎて、どう撮っていいやら分からない。
068
068 posted by (C)月笛



とりあえず混む前に、と入り口に向かいます。


表札。
069
069 posted by (C)月笛


作りとしてはひゅうがなどと似た感じ。格納庫に入って、すぐエレベーターに載せられる模様。
エレベーターも伊達な大きさじゃなく。
077
077 posted by (C)月笛


振り返れば格納庫も大きい。
078
078 posted by (C)月笛


向こう側では何やらスタンバイ。
085
085 posted by (C)月笛



エレベーターに乗るとき乗員さんの誘導の一言に笑いました。
「100人乗っても大丈夫です!」
「奥にお進みください」
蛇足。
SH-60Jが6200kgらしい。人間1人60kgと換算、仮にヘリ1機乗せて運用してるとしても人間100人=6000kg。
行ける。
SH-60J1機が取ると思われる面積が全長19.8m×幅4.4m(筆者調べ)として、人間一人が40cm四方の面積を取るとしたら凡そ540人は行ける計算…?ざっくり500人としても、余裕。
…完全に行ける。比喩じゃなかった。

計算は純粋な文系が行ったものですので、間違いがあるかと思いますww本人答え出して首かしげてますし。大目に見てくださいwww



本文に戻りまして。
乗っても圧倒されっぱなし。
088
088 posted by (C)月笛



上甲板、着。
艦橋と見慣れない火器。
次の人が乗りますから、と整理が入りました。本当に目が輝きっぱなし。
099
099 posted by (C)月笛


落ち着いて、全景。広い。
101
101 posted by (C)月笛


次の便が動き出しました。
106
106 posted by (C)月笛


やっぱり壮観。
109
109 posted by (C)月笛


甲板上を歩いてみます、がかなり足元がざらつきます。塗料が特殊と聞いたような(わくわくし過ぎて話が右から左に抜けてた可能性)
膝をついて撮ろうとすると結構食い込むレベル。転んだら痛そう。

右舷だったと思いますが、第一銃座の案内。
114
114 posted by (C)月笛


去年、気づきませんでした
116
116 posted by (C)月笛


見覚えのあるのが見えたので近づきます。
ファランクス。格好いい。
118
118 posted by (C)月笛


へさきから1枚。機動艇がパフォーマンスしてました
121
121 posted by (C)月笛


振り返って1枚。広すぎて分からない。
125
125 posted by (C)月笛


今回は潜水艦も数隻止まってました。その脇を走る機動艇。
131
131 posted by (C)月笛


舷側に寄ってみたら丁度走ってきてました。…相変わらず機動力がすさまじいです
139
139 posted by (C)月笛


艦橋も続く建造物も大きく。
157
157 posted by (C)月笛


船尾。画面の中央が視点の高さです。高さ、お分かりいただけますでしょうか
166
166 posted by (C)月笛


SH-60J?と艦橋。
174
174 posted by (C)月笛


ご本人。60Jかなー…
176
176 posted by (C)月笛


圧倒される高さと長さの壁。
184
184 posted by (C)月笛


掲示がされてあった、さっき見た初見の火器。searam、らしい。
186
186 posted by (C)月笛


エレベーターで下に降りました。噂の馬…UMA(もしくは妖精さん)居なかった。しょんぼり。



グッズが売られてる、というので列に並びます。
丁度目の前にあった展示。
200
200 posted by (C)月笛


並んでる最中、格納庫扉の開閉を見せてくれました
横開きのがゆっくり動きます。
207
207 posted by (C)月笛


見てたらこの滑車がゆっくり動いてます。青いリールの下にある白い四角のが1個ずつゆっくり上がってきてました
208
208 posted by (C)月笛


用事を済ませて列離脱する頃、最後尾札が登場してました
…サンプルの場所作られてたのは知ってますが、次並んでる時グッズと値段の一覧表が回ってきても私驚きません
222
222 posted by (C)月笛




下船して、ヘリ見学待ちの途中。制服のヒト登場
233
233 posted by (C)月笛


機番からどちらかで見た機体か調べようと思ったけれど、まだ調べきれず。
館山から来たそうです。
235
235 posted by (C)月笛


帰りがけに撮ったもの。
いずもの手前にあるのが3階建ての建物です。とにかく、大きい。
249
249 posted by (C)月笛




この後予約してあった軍港めぐりに向けて、移動を開始しました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゲディス公開 拾遺

2015-06-08 20:57:54 | 
画像を見返してたら、ゲディスの装備品など出てきたので、外にあるもの限定で拾遺として載せます。
もし何かお気づきの点などありましたらご指摘いただければありがたいです。


規制線が解ける前、線の内側から1枚。まだ渡し板が設営中。
092
092 posted by (C)月笛


渡し板に船名がかけられてるところ
093
093 posted by (C)月笛


船名、かかりました。
095
095 posted by (C)月笛


ゲディス自前のねずみ返し。そうかもやい綱からねずみが侵入するんだ。
晴海にはいるんだろか
098
098 posted by (C)月笛


ゲディスのマスト周辺。日の丸が見えます(ちなみにたかなみはトルコ国旗を上げてました)
102
102 posted by (C)月笛


(恐らく)内火艇か緊急脱出用の船か。エンジンとかペラ見えず。
105
105 posted by (C)月笛


船腹が妙に気になったので寄ってみたら、結構なでこぼことペンキの色の変遷。
…お疲れ様です。
113
113 posted by (C)月笛


これ、はたかぜで見たターターシステム?に見えるけど実際は不明。
121
121 posted by (C)月笛


小火器持った兵隊さんがいらっしゃいました。(撮影はOKいただいてます)
122
122 posted by (C)月笛


かなり低い位置にあった鐘。
129
129 posted by (C)月笛


ゲディスのへさきを望む。舷側からちょこっと壁?が立ち上がってるの、確かはたかぜで見た気がする。記憶違いかも
133
133 posted by (C)月笛


マストとレーダー、艦橋と足元にはVLSかその類。
134
134 posted by (C)月笛


ふっつーに舷側に小火器が固定されて置いてありました。規制線もなく触れそうな状況。
139
139 posted by (C)月笛


先のターターシステムと艦橋。こういう機能的な風景、好きです
141
141 posted by (C)月笛


艦橋近くにて。双眼鏡
151
151 posted by (C)月笛


たかなみでも見たけれど、正体不明のモノ。…たかなみでは緑と白に赤いリングの筒が入ってなかった気が
156
156 posted by (C)月笛


これが内火艇?
162
162 posted by (C)月笛


速射砲の筒先、めっさピカピカでした。
167
167 posted by (C)月笛


船尾側にあったゲディスのマーク。格好の撮影スポットに。
204
204 posted by (C)月笛


ゲディス船尾を岸壁から望む。
211
211 posted by (C)月笛


ヘリ全景。これだけ引いてかつ画質落としてれば大丈夫と思い。
213
213 posted by (C)月笛


帰りがけ、絵を描いている方を見かけました。
足を止めていたら、側に居たゲディスの乗員さん?に英語で解説していただきまして。
下津(多分)の夕暮れの風景、左が和歌山での慰霊祭、センターが今の東京の風景。
話してる間にも描いてる方が筆を進め、あっという間に風景が姿を現します。
センターの画材は恐らく水彩?専門じゃないので分からない。
214
214 posted by (C)月笛


ちょこっと見ていたら、マストに向かって電球がするする登って行きました。
電灯艦飾が行われる模様。
218
218 posted by (C)月笛


乗員の方には本当にお世話になりました。
心より感謝申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゲディス・たかなみ公開@晴海 続

2015-06-07 23:11:57 | 
続きです。
珍しく1日2記事投稿の訳:早く投稿しないと次が来てしまう

今までは結構ゆったり書いていたので時間に追われてる感覚がするのと、デジカメのバッテリーとメモリの消費が結構激しいです。
掃除してもチャージしても整理しても積み上がっていく。嬉しい悲鳴。



さて、本文。




日を改めて晴海再訪問。
…自分だって再訪問すると思ってませんでした。


この日は体力切れと時間切れで拝見できなかった「たかなみ」にお邪魔するのが目的。


余裕を持って現地に着いた筈です。が。
行列が見事に伸びてました。

列の最後尾についても見る見る伸びていって、バス乗り場まで到達しそうな勢い。
どうなるかな、と思ってたらそのうちに列が動き出しました。
時間となった模様。


名簿と手荷物検査通過して、たかなみに向かいます。
渡し板渡って実感。
絶対「うらが」と「ぶんご」、舷側の位置が高い。潮位関係なしに。「たかなみ」だと踊り場なしでパンプスの私でも楽です。


さておき。

船首からの見学となりました。

127ミリ速射砲の前にあった物。
練習用砲弾と実物大のだ。前きりしまで持たせてもたらって持ち上がったっけ。
003
003 posted by (C)月笛


後部。結構ゴッツイ感じがします。丸っこいのばっか見てたからかも。
004
004 posted by (C)月笛


筒先、相変わらず綺麗です。
005
005 posted by (C)月笛


へさきを望む。向こうに見えるのはレインボーブリッジ。
007
007 posted by (C)月笛


振り返って、1枚。画角の関係で速射砲の筒先が入らないのがちょっと残念。贅沢は言いません。
008
008 posted by (C)月笛


このタイプの速射砲、弾受けが無い?…勉強しないと。
010
010 posted by (C)月笛


左舷側から。ファランクスの下にはVLS
012
012 posted by (C)月笛


艦橋。やっぱり格好良いなぁ
013
013 posted by (C)月笛


VLS。
014
014 posted by (C)月笛


「水上発射管」
022
022 posted by (C)月笛


艦対艦ミサイル(佐世保での学習が本当にありがたい)
023
023 posted by (C)月笛


船尾から。ゲディスは給油中の模様。フェンス張られて目立つ旗が角に立てられて、小さな作業船(民間っぽい)が横付けされてたので。
026
026 posted by (C)月笛


拡大。トルコ国旗が綺麗になびいてます
028
028 posted by (C)月笛


たかなみヘリ格納庫。下を見たらレールがあったので、おそらくヘリ入れても再起動の電源は取れる?
031
031 posted by (C)月笛


格納庫の中も面白かったです。
たかなみ魂は「全力」らしい。グッズも販売してました。こういうの本当に面白い。
032
032 posted by (C)月笛


横断幕も。ここまで押されると引くどころか旗振って応援したくなる。
033
033 posted by (C)月笛


色々掲示もされてて、年表や艦種別の写真もありました。
左から見るパターンで年表が横書きでちょっと安心。縦書で左から読むのはどうも落ち着かない。

警備?の制服の展示と試着もしてました。全部で20キロ近くになるそうな。
ご丁寧に20キロの重りも一緒に展示してありました。重そうだ。
…今気づいた、なぜそこに丁度良く20キロの重りがあるwどこから持ってきましたw
アイデア考えついた人すごい。



外に出てちょこっと歩くと艦対艦ミサイルが1対なことに気づきます。
…死角なしか。
035
035 posted by (C)月笛


出口に向かって順路が作られてるので、上甲板だけか、しかしさっきラッタル登ってる人見たし、と思ったら出口前で上に登るラッタルへ誘導の表示が。
わーい!



登って行くとこんなものが。
初見。何ですかこれ(乗員さんに聞こうとしたら他の方の対応中)
036
036 posted by (C)月笛


見える範囲にこんなものが。
レーダー?
そして表示に「たたくなペンキぬるな」
レーダーだ。きっとレーダーだ。
038
038 posted by (C)月笛


カバーがかかってますが、機銃の設備が入ってるらしい。
「使う海域」に入るときはカバーは外して入る旨、乗員さんが説明されてました
039
039 posted by (C)月笛


そして艦橋へ到着。見られるのが嬉しい。



入る前に周辺もちらっと。
コンパスだ。蓋されてる
041
041 posted by (C)月笛


艦橋側からへさきを望む
043
043 posted by (C)月笛


鐘、ありました。これもぴかぴか。
045
045 posted by (C)月笛


艦橋に入って最初に気づいたもの。
海図。覗いたら晴海までのがそのまま残ってました。
見ていると地図を見ているのと同じで色々見えてきて、本当に本当に面白いです。
047
047 posted by (C)月笛


操舵装置。ポップが分かりやすくて面白い。
049
049 posted by (C)月笛


艦橋もそうですが、全体的に人が少なくて見やすかったです。




途中、見上げたら綺麗になびいてました。
艦長がいらっしゃる、の意味?調べときます(その艦艇の階級を表してる、というのも聞いた記憶が)
051
051 posted by (C)月笛


艦橋からレインボーブリッジを望む。
053
053 posted by (C)月笛



下に降りようとしたら色々掲示が面白く。
艦内での、現在位置。ありがたいです。
054
054 posted by (C)月笛


そして電話。衛星電話っぽい。
057
057 posted by (C)月笛


下船直前、側に居た乗員さんに聞いてから1枚撮らせていただきました。
艦長室。
少しこちらまで緊張します。
ポストがあるのが、ちょっと大学の研究室を思い出させたり。
058
058 posted by (C)月笛




下船した後、気になってたものを撮りに行きました。
たかなみのマスト。の、トルコ国旗と星ひとつの旗。トルコ国旗がひもに絡まっていたらしく、ちょっと待ちましたがどうにもならないので妥協。
060
060 posted by (C)月笛


たかなみを前から。アンカーが舳先のセンターにあるパターン、初見やも
062
062 posted by (C)月笛


たかなみの看板。
067
067 posted by (C)月笛



場所を移して、たかなみのファランクス。妙に守護者に見えたので。
073
073 posted by (C)月笛


今日もゲディスには行列が出来てました
074
074 posted by (C)月笛



まさかたかなみもお邪魔できると思わず、嬉しかったです。
075
075 posted by (C)月笛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゲディス・たかなみ公開@晴海

2015-06-07 21:38:29 | 
トルコの艦艇が来る、とは以前から見かけてました。

正式な文書が出たので、詳細を追い求めてもなかなか見つからず。
何とかスケジュールが把握できて、動ける日だったので入港も見てきました。


来日艦艇:トルコ海軍 ガビヤ級フリゲート艦「ゲディズ」(TCG GEDIZ)

目的:日本トルコ友好125周年追悼式典への参加及び親善

もともとアメリカの艦艇だったものがトルコで使われてる、らしい。
トルコといえばエルトゥールル号遭難事件が強く印象に残ってます。



さて当日。
荷物抱えて現地に着いて、カメラの準備も済ませてスタンバイ。雨降らなくてよかった。


時間が近づき、どなたかの「来た!」という声で望遠スタンバイ。

先触れのタグ、発見。


たかなみ登場。格好良いなぁ。
024024 posted by (C)月笛


はっきり見えてきます。…艦番号110、一発で覚えた気がする。
007007 posted by (C)月笛


フジテレビと虹橋とたかなみ。
002002 posted by (C)月笛


岸壁に近づいて回頭を始めました。白い人たちが岸壁にスタンバイしてるので、あのあたりに接岸かな、と検討をつけてみたり。
025025 posted by (C)月笛



もやい取りが始まったのを見つつゲディスを待ちます。
「○メーター」とか細かく修正してるのが聞こえて、思わぬところで接岸の詳細が見られました。


見ててびっくりしたもの。乗員さん用と思われる渡し板。
066066 posted by (C)月笛


クレーンが動いて短い板が舷側に出たと思ったら、白い人たちがわらわら降りて行きました。
…あんな角度であんな不安定な上を通ってるんだ。。
ついでに一般公開で「渡し板っぽい」と眺めてたの、こんな動きしてるんだ。。

手すり付きの幅の広い渡し板の角度が急なんて泣き言言ってごめんなさい、な心境でした。
(ぶんごとうらがの踊り場なしの渡し板で腰が引けたヒト)



さておき。
待つことしばらく、先触れのタグが見えて灰色の影と排煙が見えました。


来た。色薄い!
034034 posted by (C)月笛


虹橋とゲディス。…たかなみとコース違う。絶対違う。結構大回り。
047047 posted by (C)月笛


コース修正した?後の姿。
071071 posted by (C)月笛


フジテレビと虹橋とゲディス。結構スローテンポの動きです。
049049 posted by (C)月笛



近づいて、1枚。
078078 posted by (C)月笛




この後たかなみの向こうでしばらく待機?してたと思ったら回頭しまして接岸、遅れ目で接岸完了となってました。




この遅れが一般公開開始に響いたようでして。

時間を見て列に着いたら、
準備を整えているので1時間程度かかります
との海自側からのアナウンス。

受付済ませて手荷物検査して(たかなみの乗員さんでした)、岸壁でスタンバイしてました。






規制線が解けて岸壁に待機列が作られます。


見上げたらゲディスの上から撮影が入ってました。…トルコのテレビ局か。
110110 posted by (C)月笛


乗る前に英語で名簿に記名して、乗船したら12名くらいのグループにまとめられてガイドさんが付きました。



表示があるけど英語じゃないので読めない;;
127127 posted by (C)月笛


船首あたりにあったコンパス。ジャイロコンパスだ、一緒だ
147147 posted by (C)月笛



速射砲。何ミリかは不明。
166166 posted by (C)月笛


描いてあるのは英雄だそう。
第一次大戦のチャカレッコフの戦い(正式名称失念。トリ頭が残念)の時、200キロ以上の砲弾を1人で背負って装填し、敵艦隊を追い払ったとか。



ここにもありましたファランクス。見慣れた形状があると安心する。
175175 posted by (C)月笛


艦橋も見せていただけましたが、カメラに手をかけたら視線とジェスチャーでやんわり止められました。
スマホで撮ってた方もいらっしゃいましたがそちらはトルコ側が止めきれなかった模様。



すっごい嬉しかったもの。
ヘリ!艦載ヘリ!!!
188188 posted by (C)月笛


どこまで載せていいのか分からないので、正面からだけ。
行った時にはヘリパイらしい方もいらっしゃいました。なぜパイロットってあんなにごっついのか。




ヘリでテンション上がって甲板回ってたら、記念品として日付入りの乗艦証いただきました。
結構嬉しい。(そして家に帰ってよく見たらcommanding officerの名称とサインがあってガクブル)

一緒に書籍も配られてました。エルトゥールル号遭難事件のもの、らしい。
…勢いに負けて(流れに流されて)いただきました。大事にします。
まだ勿体無くて開封してません。装丁はトルコ風。色合いもトルコ風。


物販もやってて、見ていて面白かったです。


知り合いに声をかけて頂いてびっくりしたりと色々ありましたが、タイミングを見計らって下船。


船尾の方もちょこっと覗いて撤収しました。
…たかなみも公開してたのでお邪魔しようと思ったら時間切れと体力切れで断念。どうもへたれもやしっ子です。



楽しませていただきました。
お世話になった方々に、心より感謝。
本当に良くして頂いて、船内すれ違う乗員さん皆笑顔で。
コンニチワ、なんて日本語での挨拶も。
ありがたかったです。

カタコト英語で何とか意思を表示してた状態なので、これは英会話習わなきゃかな、なんて思ってます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加