夜汽車

夜更けの妄想が車窓を過ぎる

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

寂寥・喪失感

2016年10月17日 23時15分05秒 | 日記
 たまらない寂寥感、喪失感に捉われることが最近多い。ぼんやりと椅子に腰かけて何も考えていない、何も見て居ない、何も聴いていない・・・。

丁度こんな感じ・・

https://www.youtube.com/watch?v=8mE5_7CO49w

4歳で台北から引き揚げて来て松橋、鶏知、川内、と目まぐるしく環境が変わった。鶏知のどこか、多分住んで居た家の近くの里山の崖っぷちに沿った小さな流れ、そこの清流に立って母の針箱から持ち出した白い木綿糸をたらしていた時を明瞭に思い出す。

色々あった。思い出したくない。多分妻は私を身勝手な男だと思って居る。まあそうだろう。何だか寂しいね。毎夜、子供の頃の自分が脳裏を駆け巡る、駆け巡って眠れない。いつも一人だった
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恐ろしい夢ー4 | トップ | 胸やけ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事