夜汽車

夜更けの妄想が車窓を過ぎる

信仰

2017年04月25日 22時32分46秒 | 日記

 実証、論証可能なる故に神を信じる、とはウソである。そのようにして信じられる神は偽物である。

百尺竿頭進一歩と言うことばがある。実証も論証もない、だが神の前に五体投地する・・これが本当の信仰であってそういう信仰しか神の波動に同調しない。同調しなければテレビに何も出てこない、つまり人生に神は姿を現わさない。

求めよ、さらば与えられん、と言う。賢い人ほど証拠の無いところに求めることはしない。つまり賢い人ほど神の側からは愚かな人である。

自分なりに多くの経験をし、多くの人の事例に感銘を受けて思うに、どのような人にも信仰は最後のセフティ・ネットである。あなたが真剣に生きようとする限り神はあなたを見捨てない、不思議としか言いようのない仕方で人は支えられて生きる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幸せは足元に落ちている | トップ | 地球と信仰と老子 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。