夜汽車

夜更けの妄想が車窓を過ぎる

銘機 HORA

2016年10月19日 21時59分31秒 | 日記
Romania に Reghin と言う街がある。古くから楽器の生産で知られた処らしい。そこで出来た spanish guitar HORA に拘っている。たったの 25000円、しかし棹は楓の一本もの、筐体のどこにもベニヤ板は使ってない。こんなギターなら日本製なら 30万円はかたい。

 ところが、スペックとか見栄えとかウンチクにコダワル日本人は【自分の耳】より人の評価に右顧左眄してこれを評価しない。私は天邪鬼の故にか、人が見向きもしないものに価値を見出す。皆さん【音の感性】が怪しい、指紋や胸に伝わって来る楓の微妙な振動が解らないようだ。

 約2週間、ぶっ続けに弾いてだんだん鳴り出した! 楓の音だ、マホガニーやセドロの中空な音ではない、芯の詰まった音だ。もう一台買おうっと!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年もまた金木犀が咲いた | トップ | 銘機 Reghin HORA spanish pr... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。