本読む月et兎(つきとうさぎ)/札幌・朗読 ・読み聞かせ

札幌市内を中心に朗読・読み聞かせ活動を行っているユニット「月et兎」(つきとうさぎ)です。今後の日程や活動記録を紹介!

今後の朗読・読み聞かせ日程

2016-05-07 21:09:33 | 今後の日程
2016.6.5(日) 14:00(開演) 13:30(開場)
大人が愉しむ読み聞かせ音楽会 オカリナ演奏×読み聞かせ Vol.2
場所 : カフェこと葉
兎ゆうが読み聞かせ・朗読を担当!
 詳細は、コチラ



2016.6.14(火) 11:00〜11:55
ラジオカロスサッポロ 78.1MHZ 「森の時間 愉快な仲間たち!」
メンバーの兎ゆうが出演!
「兎ゆうの耳よりな物語」のコーナーでオススメの絵本や童話を朗読します!
ラジオカロスサッポロは、インターネットでも視聴できます。
 詳細は、コチラをご覧ください。



2016.7.10(日) 13:00(開演) 12:30(開場)
夏目漱石没後100年記念 漱石と賢治を読もう! かなでる×かたる
場所 : 東京・紀尾井小ホール
メンバーの兎ゆうが第一部に出演します!
 詳細は、コチラ



読み聞かせ&学芸員によるサイエンストークに関するお知らせ
札幌市博物館活動センターでの読み聞かせ会は、同センター移転のため、一時中断させていただきます。
今後の活動の日程は、決まりしだいお知らせいたします。

札幌市博物館活動センター移転についての詳細は、コチラをご覧ください。




 これまでの活動紹介はこちら
⇒ カテゴリー「これまでの活動紹介」
 月et兎(つきとうさぎ)についてはこちら
⇒ カテゴリー「プロフィール」
 ユニットメンバー兎ゆうのブログはこちら
⇒ うさぎの朗読deハッピー♪兎ゆう朗読通信

この記事をはてなブックマークに追加

読み聞かせ・朗読レポートNo.18〜さよならリンケージプラザ特別企画

2015-12-19 22:00:43 | これまでの活動紹介
2015.12.19(土) 14:00〜14:30
読み聞かせ&学芸員によるサイエンストーク
場所:札幌市博物館活動センター

テーマ :「針葉樹の森と生き物たち」

イベント報告


札幌市博物館活動センター移転前最後の読み聞かせ会でした。
月et兎が、札幌市博物館活動センターでの読み聞かせ会をスタートしたのは2006年6月のことでした。
(当初は、科学絵本読み聞かせの会・じゅごん太というグループでした)
あれから、9年半。もう少しで10周年というところでの移転。
札幌市博物館活動センターが入っているリンケージプラザの解体に伴う移転です。
お世話になったリンケージプラザとも、今年いっぱいでお別れ。
最後の読み聞かせ会は、特別企画として、森の時間ミュージックベルサークルのみなさんにゲスト出演していただきました。
会の最後には、リンケージプラザへの感謝の気持ちをこめ、森の時間ミュージックベルサークルのみなさんによるハンドベル演奏に合わせて、みんなで「ふるさと」を歌いました。
リンケージプラザはなくなってしまいますが、いつまでも私たちの「心のふるさと」です。
当日は、50名を超えるお客様と一緒にリンケージプラザ最後のひとときを過ごすことができました。
ご来場いただいた皆様、森の時間ミュージックベルサークルの皆様、本当にありがとうございました。

札幌市博物館活動センターは、2016年4月にリニューアルオープンします。
読み聞かせ会の再開につきましては、決定しだいお知らせいたします。

札幌市博物館活動センター移転についての詳細は、コチラをご覧ください。

この日読んだ絵本
画像をクリックすると詳しい情報を見ることができます。

BGM紹介
 私たちのユニットでは、作品にぴったりの音楽とともに、朗読・読み聞かせをお届けしています。

 今回は、ハンドベルとのコラボレーションでお届けしました!
   クリスマスにピッタリな音色のハンドベルの演奏で、素敵な絵本の世界を表現してくださいました。
   森の時間ミュージックベルサークルのみなさま、ありがとうございました


「森のおひめさま」
オール・シーズンズ・オブ・ジョージ・ウィンストン より
「スノーマンズ・ミュージック・ボックス・ダンス」
ハンドベルで「星に願いを」

「クリスマスのおかいもの」
アンソロジー 20 songs in early 10 years(1994~2004) より
「写真の中の君」
ハンドベルで「きよしこのよる」

「もりのてがみ」
ジブリの森〜山本二三の世界〜 より
「風のとおり道」・「愛は花、君はその種子」



サイエンストーク・ダイジェスト

針葉樹の葉っぱは、すごく硬くて棒みたいにチクチクします。


そんな葉っぱが木にたくさんついているのが、針葉樹と呼ばれる木々です。
針葉樹の仲間であるマツは、北海道にはエゾマツ・トドマツ・アカエゾマツの3種の仲間が生えています。
マツの仲間ではないのですが、みなさんお馴染みの通称「オンコ」(和名イチイ)も、針葉樹です。
さて、針葉樹の葉っぱは、他の木々のように平たくてペラペラした大きな葉っぱを付けるのではなく、なぜ針のようにとがった小さな葉っぱになったのでしょうか?
その答えは、針葉樹が生えている場所の環境にあります。
絵本「クリスマスのおかいもの」に出てきたような針葉樹だけが一面に生えている森は北海道よりももっと北の寒いシベリア等で見られます。
葉っぱが針のように細く硬くして面積を小さくすることで、寒さに耐え、寒い冬でも葉っぱをつけたまま過ごすことができます。

 実は、札幌ファクトリーのジャンボツリーはトドマツ(北海道広尾町産)です。(←会場の小さな女の子がおしえてくれました!)


木の見分け方! 
 ポイントは、「木の幹」と「木の全体の形」です。
 今度、森で針葉樹を見つけたら、近づいて、よく見て触ってみよう!

 「木の幹」(表面の様子)
   エゾマツ…表面が黒っぽくて、触るとゴツゴツとデコボコしている
   トドマツ…白っぽくて円形の斑点があり、触るとつるっとしている

 「木の全体の形」…特に大きな木の枝の張り方(成木〜老齢樹)
   エゾマツ…枝が下に向かって垂れ下がりやすい。
合言葉は、「エーゾエーゾ」

エゾマツのポーズ

   トドマツ…枝先がちょっと上にクイッと上がっている
合言葉は「天までトドけ!」

トドマツのポーズ

針葉樹は、動物達にとって、家(巣)を作ったり、食物を得る場所になります。

エゾリス(剥製:札幌市博物館活動センター所蔵)

エゾリス…松の実(マツボックリ)も食べます。
エビフライみたいなマツボックリの食べ跡(写真下)はリスが食べた証拠。

エゾリスの食べあと(食べ残し)(標本教材:札幌市博物館活動センター所蔵)

エゾリスは、たまに木の上にもボール状の巣を作ります。
コケと木の皮などで中をフワフワにして気持ちよく暮らせる家にします。
こんなふうに動物たちは、身近にあるものを使って暮らしています。

エゾリスの球状巣(標本:市民採集・提供、札幌市博物館活動センター所蔵)

北海道でおなじみのキノコ、通称「ラクヨウ」(和名ハナイグチ)はカラマツの森で育ちます。
カラマツは明治時代に本州から北海道に持ってきて植えられた木です。
カラマツは冬の前に葉が枯れて落ちます(落葉する)。
それでそこに生えてくるキノコをラクヨウ(落葉)と呼ぶようになりました。
北海道にカラマツがやってきたときに一緒にラクヨウキノコの菌もくっついてきたのではないか、といわれています。

ラクヨウキノコ(標本教材:製作 動物標本・教材製作サークル・ボランティア「えぞホネ団」Sapporo、札幌市博物館活動センター所蔵)

人間も森の恵みを受けていますよね。
森は四季を通じて楽しむことのできる素敵な場所です。
みなさんもぜひ、森に足を運んでみてくださいね。

(監修:札幌市博物館活動センター山崎学芸員)



 今後の朗読・読み聞かせ日程はこちら
⇒ カテゴリー「今後の日程」
 月et兎(つきとうさぎ)についてはこちら
⇒ カテゴリー「プロフィール」

この記事をはてなブックマークに追加

12月・読み聞かせイベントチラシ

2015-11-20 12:09:15 | お知らせ
※このイベントは終了しました


12月の月et兎(つきとうさぎ)・読み聞かせイベントチラシができました!
 ぜひ、ご覧ください。


2015.12.19(土) 14:00〜15:00
さよならリンケージプラザ 特別企画
読み聞かせ&学芸員によるサイエンストーク&ハンドベル演奏
場所:札幌市博物館活動センター

札幌市博物館活動センター移転前最後の読み聞かせ会です。
 ハンドベルとのコラボレーションでお届します!

ハンドベル演奏 : ふるさとを歌う会 in 森の時間 ミュージックベルサークル

テーマ : 針葉樹の森と生き物たち
絵本 :
「森のおひめさま」
「もりのてがみ」
「クリスマスのおかいもの」

札幌市博物館活動センターの移転についてはコチラをご覧ください。

表面


裏面




 上記以外の日程についてはこちら
⇒ カテゴリー「今後の日程」
 月et兎(つきとうさぎ)についてはこちら
⇒ カテゴリー「プロフィール」

この記事をはてなブックマークに追加

読み聞かせ・朗読レポートNo.17〜月et兎のハツキタ会

2015-10-12 18:12:22 | これまでの活動紹介
2015.10.12(月) 14:00〜15:00
月et兎のハツキタ会 〜大人に贈る読み聞かせ〜
場所:みちいくカフェ(札幌市西区 発寒12条3-8-11 五十嵐ビル)

 満員御礼☆イベント報告

「ハツキタ」とは、発寒北商店街のことです。
今年7月のカルチャーナイト特別企画「月et兎の夜会〜大人に贈る読み聞かせ 第二夜」にお越しいただいたお客様にお声をかけていただき、このとっても元気な商店街で大人向け読み聞かせ会を開催することになりました。
なんと、当日は定員20名がいっぱいになりました!

今回は、「月et兎」のユニット名にちなみ、月が出てくる絵本、兎が出てくる絵本、月がきれいな夜に読みたい絵本、そして明日への力となる絵本を選び、読み聞かせをしました。
まずは「月」と「兎」の登場する青森県に伝わる民話で胸が痛くなる切なさを感じていただき、次に優しいたぬきが主人公のあたたかい気持ちになる絵本『たぬきのばけたおつきさま』をお届けしました。
続いて読んだミヒャエル・エンデの絵本『オフェリアと影の一座』では、20分程度かかる長いお話なのにも関わらず、引き込まれるとその長さを感じない、不思議な物語を聞いていただきました。
月がきれいな夜に読みたくなる絵本に続いては、夜が明けていく様子を描いた美しいイラストの絵本『よあけ』を、ひとつひとつの言葉を大切に読みました。
そして最後に、新しい一日を元気に過ごすための活力となる絵本を紹介し、イベントのしめくくりとさせていただきました。その絵本は『トンちゃんってそういうネコ』。忙しく暮らしていると忘れがちな、何気ない日常の美しいものや空気を感じる心を、トンちゃんの日々の生活を通じて思い出していただくことが出来たのではないでしょうか?
ご来場いただいた皆様の心に響くことができましたら幸いです。

地元発寒地区の方や各地からお越しくださったたくさんの皆様のおかげで、和やかな雰囲気の中で読み聞かせを行うことができました。
お忙しい中、当日お越しいただきました皆様、本当にありがとうございました。



 この日読んだ絵本

つきへいったうさぎ ⇒ 詳細はコチラ

上記の他
画像をクリックすると詳しい情報を見ることができます。

 BGM紹介
 私たちのユニットでは、作品にぴったりの音楽とともに、朗読・読み聞かせをお届けしています。

オープニングBGM
FOR SLEEPLESS NIGHT 眠れない夜に聴く音楽/溝口 肇

「つきへいったうさぎ」
BEST SELECTION/宗次郎 より
「故郷の原風景」

「たぬきのばけたおつきさま」
15周年ベスト/栗コーダーカルテット より
「遠くの友達」

「オフェリアと影の一座」
NHKスペシャル 驚異の小宇宙・人体II 脳と心/BRAIN&MIND サウンドトラック Vol.1&2/久石 譲 より
「IMAGINATION FACTORY」「DREAM OF GAEA」「RETURN TO LIFE」

NHKスペシャル「驚異の小宇宙・人体」サウンドトラックII MORE THE UNIVERSE WITHIN/久石 譲 より
「ONE NIGHT DREAM」「VOICE OF SILENCE」

Gene〜遺伝子 1 /久石 譲 より
「A Gift From Parents」

「よあけ」
FOR SLEEPLESS NIGHT 眠れない夜に聴く音楽/溝口 肇 より
「Northern Lights」

「トンちゃんってそういうネコ」
トンちゃんが、聞いた音、感じたことを聞き手の皆さんに想像してもらうために、
あえてBGMをつけずに読み聞かせをしました。
皆さんの耳には、どんな音が聞こえたのでしょうか?



 今後の朗読・読み聞かせ日程はこちら
⇒ カテゴリー「今後の日程」
 月et兎(つきとうさぎ)についてはこちら
⇒ カテゴリー「プロフィール」

この記事をはてなブックマークに追加

読み聞かせ・朗読レポートNo.16

2015-10-10 21:20:02 | これまでの活動紹介
2015.10.10(土) 14:00〜14:30
読み聞かせ&学芸員によるサイエンストーク
場所:札幌市博物館活動センター

テーマ :「どんぐりの葉っぱ」

 この日読んだ絵本
画像をクリックすると詳しい情報を見ることができます。

上記の他
みどりのはっぱ きんいろのはっぱ ⇒ 絵本ナビ

 BGM紹介
 私たちのユニットでは、作品にぴったりの音楽とともに、朗読・読み聞かせをお届けしています。

「どんぐりもりのおきゃくさん」
アンソロジー 20 songs in early 10 years(1994~2004)/栗コーダーカルテット より
「マヨネーズ第二番」

「どんぐりのき」
アンソロジー 20 songs in early 10 years(1994~2004)/栗コーダーカルテット より
「泣くなよスノーマン」・「オリオンビール」

「みどりのはっぱ きんいろのはっぱ」
FRAGRANCE/ウォン・ウィンツァン より
「Indian Summer <冬の陽だまり>」


 サイエンストーク・ダイジェスト
「どんぐり」という名前の植物はありません!
下記のイラストのような姿をしている木の実をみ〜んなまとめて「どんぐり」と呼んでいます(総称)。

by いらすとや

北海道で一番多いのは「ミズナラ」の木になるどんぐりです。ミズナラは、北海道の森では、どこでも見られる木です。

ミズナラの葉っぱ

北海道で見られるどんぐりには、他には下記があります。
1.カシワ 
カシワの葉っぱは、枯れたあとも落ちません。そのため男の子が強く育つようにと5月の節句では、柏の葉っぱにお餅を包んで食べる風習があります。
どんぐりは、帽子がふさふさしているのが特徴です。

カシワのどんぐり

2.クリ
イガイガが、どんぐりの帽子の部分にあたります。これは種を動物に食べられないようにするためのクリの作戦です。
※クリは“どんぐり”に含めない考えもあります。

クリのどんぐりと葉っぱ

3.ブナ
葉っぱがつるつるで、縁がなみなみとしています。本州から北海道の黒松内低地帯までしか生えていません。
※黒松内低湿地帯:寿都町〜黒松内町〜長万部町を結ぶ地域

ブナのどんぐりの帽子

4.アカナラ 
北アメリカ原産の木です。札幌では街路樹としてよく植えられています。
どんぐりの形は、コロンとして丸っこくて大きいのが特徴です。

アカナラのどんぐりと葉っぱ

下記は、日本最大のどんぐりです。
沖縄にあるオキナワウラジロガシ。北海道のどんぐりと比べるとっても大きいですね!


どんぐりの葉っぱを観察しよう!
学芸員さんのお話の後は、どんぐりの葉っぱにトレーシングペーパーを重ね、葉っぱの形をなぞりながら観察をしました。
どんぐりの形は色々です。どんぐりがなる木の葉っぱの形も、どんぐりと同じように色々でした。




(監修:札幌市博物館活動センター山崎学芸員)



 今後の朗読・読み聞かせ日程はこちら
⇒ カテゴリー「今後の日程」
 月et兎(つきとうさぎ)についてはこちら
⇒ カテゴリー「プロフィール」

この記事をはてなブックマークに追加

大人の絵本ワークショップ 絵本で知る自分 part.1 のお知らせ

2015-09-30 12:21:19 | お知らせ
※このイベントは終了しました

2015.11.22(日) 13:30〜15:30
大人の絵本ワークショップ 絵本で知る自分 part1

ユニットメンバーの兎ゆうが、読み聞かせを担当します。

カフェが好きな人
スイーツが好きな人
絵本が好きな人…
読み聞かせとワークショップを通じて、自分と向き合う時間を過ごしませんか?

読み聞かせ:兎 ゆう
講座&ワーク:ゆかり(DV心のケア holoholo)
場所 : カフェこと葉(札幌市厚別区厚別南1丁目16-1)
   地下鉄東西線「ひばりが丘」駅1番出口 徒歩5分
参加費 : 1,500円(ビュッフェ代含む)
持ち物 : 色鉛筆・色ペンなど (あれば)
定員 : 20名(要予約)
申込 :
Facebookイベントページ
▲瓠璽襪任凌醜 peer.holoholo@gmail.com (ゆかり / holoholo)
TELでの申込 011-801-7771(カフェこと葉)





 上記以外の日程についてはこちら
⇒ カテゴリー「今後の日程」
 月et兎(つきとうさぎ)についてはこちら
⇒ カテゴリー「プロフィール」

この記事をはてなブックマークに追加

10月・読み聞かせイベントチラシ

2015-09-12 21:46:54 | お知らせ

※このイベントは終了しました

10月の月et兎(つきとうさぎ)・読み聞かせイベントチラシができました!
 ぜひ、ご覧ください。


2015.10.10(土) 14:00〜14:30
読み聞かせ&学芸員によるサイエンストーク
場所:札幌市博物館活動センター
テーマ : どんぐりの葉っぱ
絵本 :
「どんぐりのき」
「どんぐりもりのおきゃくさん」
「みどりのはっぱ きんいろのはっぱ」

表面


裏面




 上記以外の日程についてはこちら
⇒ カテゴリー「今後の日程」
 月et兎(つきとうさぎ)についてはこちら
⇒ カテゴリー「プロフィール」

この記事をはてなブックマークに追加

月et兎のハツキタ会 のお知らせ

2015-09-11 19:50:09 | お知らせ
※このイベントは終了しました

2015.10.12(月・祝) 14:00〜15:00(開場 13:30)
月et兎のハツキタ会〜大人に贈る読み聞かせ〜

ハツキタ商店街(発寒北商店街)での初開催です!

月et兎のユニット名にちなんだ
月が出てくる絵本
兎が出てくる絵本
月がきれいな夜に読みたい絵本
そして、明日への力となる絵本
を大人のみなさんへ読み聞かせします。


場所 : みちいくcafe(札幌市西区発寒12条3-8-11 五十嵐ビル)
   JR「発寒中央」駅 徒歩5分
参加費 : 500円(ワンドリンク付)
定員 : 20名(要予約)
申込:
Facebookイベントページ
■泥瓠璽
⇒ tsukietusagi★yahoo.co.jp(月et兎)
  (★マークを@に変えてください)
E渡叩011-676-6689(みちいくcafe:担当 山口)





 上記以外の日程についてはこちら
⇒ カテゴリー「今後の日程」
 月et兎(つきとうさぎ)についてはこちら
⇒ カテゴリー「プロフィール」

この記事をはてなブックマークに追加

読み聞かせ・朗読レポートNo.15

2015-08-29 21:06:37 | これまでの活動紹介
2015.8.29(土) 14:00〜14:30
読み聞かせ&学芸員によるサイエンストーク
場所:札幌市博物館活動センター

テーマ :北海道のクラゲ

 この日読んだ絵本
画像をクリックすると詳しい情報を見ることができます。

上記の他
ひとでのたいそう ⇒ 絵本ナビ


 BGM紹介
 私たちのユニットでは、作品にぴったりの音楽とともに、朗読・読み聞かせをお届けしています。

「クラゲゆらゆら」
わんこ THE MUSIC オリジナルサウンドトラック より
「働くおたま」

「貝の子プチキュー」
オール・シーズンズ・オブ・ジョージ・ウィンストン より
「LIVING IN THE COUNTRY」
「CAST YOUR TATE TO THE WIND」
「SANDMAN」


「ひとでのたいそう」
ラジオ体操 第1・第2 より
「ラジオ体操 第1(号令なし)」


 サイエンストーク・ダイジェスト
刺されると大変!
絵本『貝の子プチキュー』で見たように、海にはタイ・タツノオトシゴ・エビ・イカ・ヒトデなどたくさんの種類の生き物がいます。
これらの海の生き物には、針やトゲがあったり、毒をもっている危険な生き物もいるので注意が必要です。

絵本『クラゲゆらゆら』に登場したクラゲの中にも、毒のある針で人間を刺すものがいます。海で遊ぶときには、注意が必要です。

クラゲは、「刺胞動物(しほうどうぶつ)」の一種で、他にはイソギンチャクもこのグループに入ります。
クラゲのように、針・トゲ・毒を持つ生き物には、他に下記のような生き物がいます。

ヒトデ・ウニ 「棘皮動物(きょくひどうぶつ)」
キクラゲ 「菌類」
ウミウシ 「軟体動物」


クラゲの歴史
クラゲのご先祖様はカンブリア時代からいたのではないかと考えられています。その頃から、今私たちが目にするクラゲとほぼ同じ姿をしていました。
クラゲには、骨がありません。そのため、一見クラゲは、化石にならなそうですが、クラゲの化石といわれている化石も存在します。クラゲはいわゆる「生きた化石」といえるでしょう。

生き残る作戦
生き残るためには、/べる△泙發覘殖える(ふえる)ことが必要です。
クラゲは、食べるために触手を使います。触手の中に、刺胞という刺すときに使う特殊な細胞があります。細胞の袋のなかに毒が入っており、そこから刺針が発射されて動物を刺し、針につながった糸のような管をとおして毒を注入するとされています。
アニメ映画『崖の上のポニョ』で、ポニョがクラゲの上でお昼寝しているシーンがありますが、実際にはそんなのんきにしていられません。刺されてしまっては、いちころです!

生きている化石
下の写真は、石狩浜で2005年9月に採取したミズクラゲです。
採った時からカサの下にオレンジ色の部分があり、調べてみるとそれが卵(らん)であることがわかりました。
その後お母さんクラゲは、死んでしまいましたが、水槽をそのままにしておきました。


2006年2月には、赤ちゃんクラゲが誕生しました。水槽の壁にいっぱいくっついています。


2006年3月には、たくさんいた赤ちゃんが10匹まで減ってしまいました。


2006年6月には、赤ちゃんたちは大人のクラゲと同じ形になりました。


その後、さらに数は減って全部のクラゲが死んでしまいました。ミズクラゲは約1年で死んでしまいます。

岩にくっつくクラゲ
クラゲの中には、絵本に出てきたように、岩にくっついてずっと過ごすクラゲもいます。ゆらゆら泳がないクラゲです。

クラゲに刺されたら!?
真水で流さず、海水で流しましょう。酢をかけるとよいというお話しもありますが、クラゲの種類によっては、かえって悪化してしまうこともあります。
刺されたら、すぐに病院に行きましょう!
(監修:札幌市博物館活動センター山崎学芸員)



 今後の朗読・読み聞かせ日程はこちら
⇒ カテゴリー「今後の日程」
 月et兎(つきとうさぎ)についてはこちら
⇒ カテゴリー「プロフィール」

この記事をはてなブックマークに追加

8月・読み聞かせイベントチラシ

2015-08-15 08:23:44 | お知らせ

※このイベントは終了しました

8月の月et兎(つきとうさぎ)・読み聞かせイベントチラシができました!
 ぜひ、ご覧ください。


2015.8.29(土) 14:00〜14:30
読み聞かせ&学芸員によるサイエンストーク
場所:札幌市博物館活動センター
テーマ : クラゲ
絵本 :
「ひとでのたいそう」
「クラゲゆらゆら」
「貝の子プチキュー」

表面


裏面




 上記以外の日程についてはこちら
⇒ カテゴリー「今後の日程」
 月et兎(つきとうさぎ)についてはこちら
⇒ カテゴリー「プロフィール」

この記事をはてなブックマークに追加

読み聞かせ・朗読レポートNo.14〜月et兎の夜会 第二夜

2015-07-17 22:39:10 | これまでの活動紹介
2015.7.17(金) 19:00〜19:45
カルチャーナイト☆特別企画
月et兎の夜会 第二夜 〜大人に贈る読み聞かせ〜
場所:札幌市博物館活動センター

 ご来場に感謝☆イベント報告
昨年、大変ご好評をいただいた月et兎の大人向け読み聞かせ会。今年は第二回目を迎えることができました。
今年のゲストは、札幌市内で朗読の活動をされているたかたかさん。今宵は「月et兎withたかたかさん」として読み聞かせをお届けしました。
今回の読み聞かせには、命そして人生を考える絵本を選びました。
子どもの視点とは違う大人の感覚で感じ取ったものをお持ち帰りいただけたのではないでしょうか?
過去の経験を絵本の世界に重ね合わせることで、自身の半生を振り返ったり、明日からの毎日を元気に過ごすきっかけを得ていただけたなら、大変嬉しく思います。

20名を超える多くの皆さまにお越しいただきました。
そして、皆さまと一緒に温かい時間を作ることができました。本当にありがとうございました。

 この日読んだ絵本

画像をクリックすると詳しい情報を見ることができます。


 BGM紹介
 私たちのユニットでは、作品にぴったりの音楽とともに、朗読・読み聞かせをお届けしています。

オープニングBGM

海より遠く/ウォン・ウィンツァン


「ヒワとゾウガメ」
SILENT GARDEN/加古 隆 より
「Rain」

FOR SLEEPLESS NIGHT 眠れない夜に聴く音楽/溝口 肇 より
「Sleepy Places」

「あかり」
Sound.Earth.Nature.Spirit. Vol.EARTH/S.E.N.S. より
「Peace」

「ハルばあちゃんの手」
天空のオリオン/宗次郎 より
「天空のオリオン」

「ずーっとずっとだいすきだよ」
FOR SLEEPLESS NIGHT 眠れない夜に聴く音楽/溝口 肇 より
「Light in The Forest」

「トンちゃんってそういうネコ」
トンちゃんが、聞いた音、感じたことを聞き手の皆さんに想像してもらうために、
あえてBGMをつけずに読み聞かせをしました。
皆さんの耳には、どんな音が聞こえたのでしょうか?



 今後の朗読・読み聞かせ日程はこちら
⇒ カテゴリー「今後の日程」
 月et兎(つきとうさぎ)についてはこちら
⇒ カテゴリー「プロフィール」

この記事をはてなブックマークに追加

カルチャーナイト☆2015 のお知らせ

2015-07-01 20:53:34 | お知らせ
※このイベントは終了しました

月et兎のカルチャーナイト★2015・イベントチラシができました!
 ぜひ、ご覧ください。


2015.7.17(金) 19:00〜19:45
カルチャーナイト☆特別企画
月et兎の夜会 第ニ夜〜大人に贈る読み聞かせ〜
場所:札幌市博物館活動センター
絵本 :
「ヒワとゾウガメ」
「ハルばあちゃんの手」ほか

昨年、大好評だった月et兎の夜会★

今年は、
人生を考える絵本
命を考える絵本
明日への力となる絵本

を大人のみなさんへ読み聞かせします。





 上記以外の日程についてはこちら
⇒ カテゴリー「今後の日程」
 月et兎(つきとうさぎ)についてはこちら
⇒ カテゴリー「プロフィール」

この記事をはてなブックマークに追加

読み聞かせ・朗読レポートNo.13

2015-06-13 19:52:43 | これまでの活動紹介
2015.6.13(土) 14:00〜14:30
読み聞かせ&学芸員によるサイエンストーク
場所:札幌市博物館活動センター

テーマ :なく+わらう=ひと

 この日読んだ絵本
画像をクリックすると詳しい情報を見ることができます。


 BGM紹介
 私たちのユニットでは、作品にぴったりの音楽とともに、朗読・読み聞かせをお届けしています。

「かおかおどんなかお」
アニメ「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラック より
「のだめ朝の歌」

「まゆげちゃん」
アニメージュ・ベスト・シンフォニー より
「Gran'ma Dola」

「ないたあかおに」
サンクチュアリー ヒーリング・ガーデンII/宗次郎 より
「白嶺」

天空のオリオン/宗次郎 より
「白夜の森で」


 サイエンストーク・ダイジェスト
表情筋
人間は、顔に骨と皮膚をつなぐ筋肉(表情筋)があるため、さまざまな表情をすることができます。
では、他の生き物たちは、どうでしょうか?
魚・カエル・ヘビ
表情筋がないため無表情。

羽毛を立たせたり、伏せたりするための筋肉はありますが、無表情。
人間の鳥肌は、羽毛(毛)は退化したけれど、筋肉だけが残ったものです。

皮ふの筋肉を使いお尻をピクピク動かすことができます。餌を上手に食べるために、唇は器用に動かせますが、顔は無表情。
ウサギ
耳を色んな方向に動かす筋肉(耳介筋:じかいきん)を持っています。鼻もピクピク動きます。
ジュゴン・クジラ
鼻の穴を開け閉めする筋肉はあります。
トラ
怒った(威嚇:いかく)の顔だけができます。

つまり、表情のなかでも「うれしい」表情や「かなしい」表情ができるのは、私たち人間だけです。

表情を読み取る
私たち人間は、下記のようなかんたんな図を見ただけで、泣いたり笑ったりしている表情を読み取ります。




また、下記の写真のような「物」を見ても、それが「顔」に見えたりすることはありませんか?


冬芽(山崎学芸員撮影)

これはシュミラクラ効果といい、赤ちゃんが持っている「顔を覚えようとする能力」が大人になっても残っているものと言われています。
この能力は、赤ちゃんの脳の働きを高め、発達させるために重要な役割をはたします。
またこの能力は、女の子のほうがはるかに優れていると言われています。

笑顔の効果
笑うことは体にいいことがいっぱいです!
ストレス解消!
血中酸素増加
鎮痛
血圧抑制
NK細胞活性化(ガンが治ると言われています)
ダイエット効果
 6分間心から笑い続けると、15kcal消費します。これは、6分間ウォーキングした時と同じくらいの消費量です!

だから、いっぱい笑いましょう!

私たち人間にしかできない表情をしよう!
「笑う」「泣く」は、ここまで見てきたように、人間だけが持つ表情です。

だから、うれしいときや楽しいときはいっぱい笑いましょう!
泣くなら、悲しい涙ではなく感動の涙をいっぱいながしましょう!

(監修:札幌市博物館活動センター古澤学芸員)



 今後の朗読・読み聞かせ日程はこちら
⇒ カテゴリー「今後の日程」
 月et兎(つきとうさぎ)についてはこちら
⇒ カテゴリー「プロフィール」

この記事をはてなブックマークに追加

6月・読み聞かせイベントチラシ

2015-06-02 12:11:35 | お知らせ
※このイベントは終了しました

6月の月et兎(つきとうさぎ)・読み聞かせイベントチラシができました!
 ぜひ、ご覧ください。


2015.6.13(土) 14:00〜14:30
読み聞かせ&学芸員によるサイエンストーク
場所:札幌市博物館活動センター
テーマ : なく+わらう=ひと (表情)
絵本 :
「かおかおどんなかお」
「まゆげちゃん」
「ないたあかおに」


表面


裏面




 上記以外の日程についてはこちら
⇒ カテゴリー「今後の日程」
 月et兎(つきとうさぎ)についてはこちら
⇒ カテゴリー「プロフィール」

この記事をはてなブックマークに追加

読み聞かせ・朗読レポートNo.12

2015-04-25 20:24:48 | これまでの活動紹介
2015.4.25(土) 14:00〜14:30
読み聞かせ&学芸員によるサイエンストーク
場所:札幌市博物館活動センター

テーマ : 大人になると、ヌケガラになる?!

 この日読んだ絵本
画像をクリックすると詳しい情報を見ることができます。


 BGM紹介
 私たちのユニットでは、作品にぴったりの音楽とともに、朗読・読み聞かせをお届けしています。

「たま、またたま」
耳をすませばサウンドトラック より
「丘の町」

「へびのひみつ」
NHKスペシャル驚異の小宇宙人体掘^篥岨辧DNA サウンドトラック Vol.1
Gene−遺伝子−/久石 譲 より
「Wonderful Life」

「やさいぎらいのガジガジくん」
モリノダンス/ヒネモス より
「in bloom」



 サイエンストーク・ダイジェスト
この日は、テーマのヌケガラに合わせて、ロビーにセミのヌケガラが展示されていました。



ヌケガラには、大きく二つの種類があります。

脱皮
脱皮には、二つのパターンがあります。
1.成長のための脱皮
体の中から新しい皮ができてきて、上にある古い皮を脱ぎ捨てる。
例えば、セミは、子どもから大人になるまでの7〜8年の間に何度か脱皮します。
最初のヌケガラは米つぶほどの大きさです。展示中のヌケガラは、最後に脱皮したときのものです。
セミの他に、ザリガニなど甲殻類も脱皮します。

2.お肌をキレイにするための脱皮
ヘビは、絵本『ヘビのひみつ』でみたように脱皮をする生き物ですが、だいたい1カ月に1回程度脱皮をして、お肌をキレイにします。
ヘビの他にカエル、サンショウウオも脱皮します。



新しい命を守っていたものが切り離される・抜け落ちる
1.繭
繭の中で蛹になり、成虫になって出てきます。

2.木の芽の皮
動物ばかりではなく、植物も毎年毎年新しい命が生まれています。
木の芽は冬の間、まるでコートのような硬い皮や毛の生えた皮で守られています。花や葉が出たら、そのコートは木から剥がれ落ちます。



ヒトの皮ふ
ヒトの体は、皮ふという膜で包まれて守られています。特に角質という細胞は私たちの体を乾燥などから守ってくれています。
内側から新しい角質ができてくると、上にある古い角質が体本体からはがれ落ちます。それが「垢」や「フケ」です。
このように細胞レベルでみると、「生きていく」ことと、「死んでいく」ことが一緒に起こっていると言えます。
ですから、垢やフケを汚いと言わないで、ごくろうさまと言って送り出しましょう!
(監修:札幌市博物館活動センター山崎学芸員)



 今後の朗読・読み聞かせ日程はこちら
⇒ カテゴリー「今後の日程」
 月et兎(つきとうさぎ)についてはこちら
⇒ カテゴリー「プロフィール」

この記事をはてなブックマークに追加