雨曇子日記

ご近所散歩日記です。だけのつもりでしたが、だんだんカテゴリーが増えました。

甲子(かっし)年の石碑

2017-05-15 20:13:24 | エッセー

 

柏市増尾城址公園の水辺ゾーンへの道端、石垣の下に置かれた庚申塔です。

「庚申」とだけ書かれた碑で、造立は文化元年十月吉日とあります。

 

甲子(きのえね)は、十干の最初の「甲」と、十二支最初の「子」の組み合わせで、60 年に一度回ってきます。この甲子(かっし)年は甲子革令(かっしかくれい)思想から、年号を代えるのが慣例だったようです。(明治以前)

本来なら享和 4 年であるべき年が文化元年になったのです。

ところが、享和 4 甲子 と書かれた庚申塔がありました。

 

 

こちらは、塚崎村の庚申塔です。二月の造立で、まだ改元のお触れが出されていなかったのかななどと思いました。

甲子年の庚申塔は塚崎の宗賢寺(日蓮宗)の門前にもありました。

 

                

 

延享元年は 1744 年 文化元年の 60 年前です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トチとキリ | トップ | カシニワフェスタ  2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL