雨曇子日記

ご近所散歩日記です。だけのつもりでしたが、だんだんカテゴリーが増えました。

木下(きおろし)街道にそって

2016-12-24 20:17:34 | 関東の小都市歩き

             

                 (鎌ヶ谷市郷土資料館の展示)

 

文政 8 年( 1825 )渡辺崋山(武士・画家)が鹿島・銚子への旅の途中鎌ヶ谷宿に泊まって風景画を描き、これが「四州真景」のなかに残され、今は国の重要文化財となっています。

 

    

        

 

江戸時代の三級亭魚文(ぎょぶん)という俳人が鎌ヶ谷宿を通った時に詠んだ句「ひとつ家へ人を吹き込む枯野かな」が刻まれています。

道標も兼ねていて「右木をろし道」「左中木戸道」とあります。

 

        

        

            (境内の大楠)

 

日蓮宗の寺延命寺は、大仏のある墓地を管理する寺です。

大仏から南に 500 m ほど行ったところ、木下(きおろし)街道沿いにあります。 

 

朝日新聞千葉版「京葉さんぽ」で紹介された、そば処「小川軒」に入りました。

 

        

             

                    (カツ丼セット 1050 円)

             

                (店主 舟橋従徳さんご夫妻)

             

                 (浅間選手・大嶋選手のユニフォーム)

 

       

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第 14 回 鎌ヶ谷美術家協会展 | トップ | モモンガの森 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

関東の小都市歩き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL