雨曇子日記

ご近所散歩日記です。だけのつもりでしたが、だんだんカテゴリーが増えました。

鬼怒川温泉を歩く ①

2017-06-30 23:20:24 | 大歩危トラベル

 

このかっこいい列車ではありませんが、6 月 30 日鬼怒川温泉駅に来ました。

 

                   (正午ごろで、駅前は超閑散です)

 ( SL が走るということは画期的なんですね。ところで、転車台は高校がつくったわけではないですよね)

 

ライン下りに行ってみました。

 

 

次に、ふれあい橋を渡って、食堂“ゆたか”に行きました。

 

                        (公園のように立派なふれあい橋、全長 50m )

                                  (ふれあい橋からの眺め)

               (国道 121 号ぞいの食堂“ゆたか”)

                    (天井が高く店内が広々としている)

                ( うな丼ざるセット 1.500 円)

 

つづく

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八木崎から春日部へ | トップ | 鬼怒川温泉を歩く ② »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鬼怒川温泉 (谷氏)
2017-07-01 20:56:31
雨量子さんは、
鬼怒川温泉がお好きのようですね。
それにしても寂しい駅前光景ですね。

鬼怒川温泉と言えば、拒大旅館が立ち並ぶ、
北関東では有数の温泉地でした。

汽車が付くたびに旗を持った旅館の番頭さんが、
お客さんの案内に並んだものでした。
そのように伝え聞いております。
鬼怒川沿いの温泉地が人気をなくしてしまったのはいつからなんでしょうかね。
鬼怒川温泉の不人気は (雨曇子)
2017-07-01 22:17:25
団体客向けの巨大旅館が林立してしまったために、
家族中心、良質な湯、美味しい食事、などを求める温泉客からそっぽを向かれたからではないでしょうか。時期的には温泉利用が団体から個人へと転換した、バブル崩壊のころと思います。

でも、鬼怒川温泉は、これからじわじわと人気が出てくると思います。
その理由は、東武電車の充実、鬼怒川の溪谷美、公園等施設の充実、などが見直され、首都圏から日帰りで充分楽しめる温泉地として人気を集めるのではないでしょうか。
また、会津若松へのルートとしても脚光を浴びると思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL