雨曇子日記

ご近所散歩日記です。だけのつもりでしたが、だんだんカテゴリーが増えました。

息詰まる死闘の末は・・・ 日本シリーズ第 6 戦

2016-10-29 23:04:42 | 野球談義

神様は公平だった。どちらにもチャンスを与えた。

7 回まで 4 ー 4 .

どちらが勝ってもおかしくない展開。

いや、4 回まで 4 ー 2 とリードされた広島が 5 回 6 回と 1 点ずつを挙げて同点にしてからは、むしろ広島優勢と思われた。

しかし、 8 回思わぬ展開となった。

ジャクソン投手が、杉谷・市川を打ち取って 2 死となったところで、西川、中島、岡とヒットが続き二死満塁。

打者は、4 番中田、ウエイティングサークルでは、大谷が、次は僕だと言わんばかりに素振りを繰り返していた。その大谷に威圧されたのか中田はストレートの四球を得て押し出しの 1 点を獲得した。

ここで大谷はお役御免、次打席には投手バースが入って、初めてというタイムリーを放った。そして仕上げはレアード、満塁 HR でこの回、一挙 6 点が入った。

日本シリーズ第 6 戦にして、日本一の栄冠は日本ハムの手に渡った。ばんざーい、ばんざーい!!(レアード満塁弾が出たところで祝電をくれた向島のM・T くんありがとう)

               日本ハム 10 ー 4 広島

 

(鎌ヶ谷公男)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本ハムか広島か 日本一の... | トップ | よかったなあ!! 栗山監督... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野球談義」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL