チューリヒ、そして広島

スイス・チューリヒに住んで(た時)の雑感と帰国後のスイス関連話題。2007年4月からは広島移住。タイトルも変えました。

別府に遊ぶ

2017年01月03日 21時44分49秒 | Weblog
年末の時間を利用して、別府に出かけてきました。

初日は別府の街をちょっと散策。別府には何度か出かけているのですが、いつも宿の温泉に入るだけなので、ちょっと街を見ることに。

車を駐めて、街をぶらぶらしていると現れたのが、「砂湯」が有名(という)竹瓦温泉。中には入らなかったのですが、ウェブサイトによれば、「名物の砂湯は浴衣を着て砂の上に横たわると砂かけさんが温泉で暖められた砂をかけてくれます」とのこと。




我々の目当ては、温泉の向かいにあるカフェでした。



このカフェ TAKEYA では、「おやつセット」を注文。コーヒーに、カレーパン(小)と、「やせうま」なるものがついてきます。



左はカレーパン。揚げたてでとても美味い。そして右が「やせうま」。要するに、きな粉と砂糖をまぶした茹で小麦粉なのですが、結構いけます。別府では学校給食にも出るとか。



宿の温泉で温まり、一泊した次の日に訪れたのは鉄輪温泉(かんなわおんせん)。温泉地区に入ると、あちらこちらから、それこそ道路の側溝からも、温泉の湯気が立ち昇っています。



「風呂本」なんて町名は、さすが温泉町。



町の通りは、年末からか、天気が悪いせいか、なんとなく閑散としていました。



町のところどころに「足蒸し」という場所があります。



こんな感じで、膝上までズボンをたくし上げ、両膝をこの中に入れるわけです(ズボンが上がらなかったので試せませんでした)。



この「足蒸し」の近くには、「鉄輪むし湯」があります。これは「1メートル四方の木戸を開けて中に入ると約8畳ほどの石室があります。 温泉で熱せられた床の上には石菖(せきしょう)という清流沿いにしか群生しない薬草が敷きつめられていて、 その上に人が横たわります」(ウェブサイトより引用)。

鉄輪むし湯の写真。




鉄輪温泉の湯は約100度だそうです。このお湯を冷やしてから送っているとのこと。その施設がこの「湯冷竹」。



最後は、「地獄蒸し工房」という、肉や魚介類、野菜をこの温泉で蒸して食べる施設によって昼食を食べました(が写真を撮り忘れました)。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひろしまみなとマルシェ | トップ | ドライブイン黒浜の牡蠣フラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事