チューリヒ、そして広島

スイス・チューリヒに住んで(た時)の雑感と帰国後のスイス関連話題。2007年4月からは広島移住。タイトルも変えました。

講演記録「葛藤する規範」

2016年07月01日 21時12分51秒 | Weblog
昨年(2015年)6月に、日本基督教学会北海道支部会からお招きを受け、公開シンポジウムで講演をさせていただきました。

シンポジウムの主題は「古典としての聖書と教典としての聖書」。『古典としての聖書」については、戸田聡氏(北海道大学)が講演されました。講演題は「福音書(正典・外典)におけるイエス像—古典としての聖書—」。新約学者への批判も含まれた、なかなか刺激的な内容です。

私は、「教典としての聖書」を担当し、「葛藤する規範—「教典」としての新約聖書—」という題で話しました。

このたび、その講演記録が公刊されたのですが、非売品なため、なかなか手に取って読んで戴くのが難しいかと思います。そこで、私の講演部分をPDFで公開することにしました。私のウェブサイト「TSUJIGAKU研究室」の論文リストからダウンロードしてご覧戴けます。

辻 学「葛藤する規範—「教典」としての新約聖書—」、日本基督教学会北海道支部編『21世紀のキリスト教と聖書:日本基督教学会北海道支部公開シンポジウム記録 第4号』(2016年6月25日発刊)、43-62頁。

どういう内容かを示す一部分を以下に引用しておきます。

「しかし、新約正典を構成する諸文書に神学的な核や一体性がないことを認めつつ、それでいながら「新約正典」を教典として、すなわち規範性を持つ文書として読むということも出来るのではないだろうか。そのためには、パウロやヨハネといった特定の文書だけに規範性を見る(ブルトマン)のでもなく、予め設定された神学的な核に合わせる形で全体の統一性を打ち立てる(シュトゥールマッハー)のでもなく、様々な主題をめぐって正典内の文書同士が相互に譲ることなく対立した見解を提示する、いわば「葛藤する規範」として新約聖書を捉えることが必要になると思う。」(48-49頁)

新約正典とは何かといった問題、また新約聖書神学の是非をめぐる問題にも触れています。ご高覧いただけると幸いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『パウロ小書簡の神学』(叢書新約聖書神学9)

2016年05月06日 17時16分11秒 | Weblog
『パウロ小書簡の神学』(叢書 新約聖書神学9)
(K. P. ドンフリード・I. H. マーシャル著、山内一郎・辻 学訳、新教出版社、2016年4月刊、4000円+税)

すみません、今回も自著宣伝です。もっとも今回は翻訳書ですが。

イギリスのケンブリッジ大学出版が出している「叢書 新約聖書神学」は、いわゆる「新約聖書神学」が新約聖書全体の神学思想をまとめて述べる(ので、当然大部なものになります。最近では、F. ハーン『新約聖書神学』Ⅰ上・下、Ⅱ上・下[日本キリスト教団出版局]。Ⅱ下のみ未刊)のとは違い、新約聖書を構成する文書ごとに、その成立事情や思想内容をていねいに取り扱うシリーズです。日本では新教出版社が翻訳出版を引き受け、順次刊行してきました。私もすでに、『公同書簡の神学』を翻訳しています(2003年)。

この『パウロ小書簡の神学』は、監修者でもある山内一郎先生(関西学院大学名誉教授)が訳業を進めていましたが、途中から私が手伝う形になりました。「小書簡」に含まれているのは第一・第二テサロニケ書、フィリピ書、フィレモン書の4通です(第二テサロニケ書は擬似パウロ書簡ですが、ここに入っています)。それぞれの書簡について、成立背景、神学思想、新約聖書全体との関係、そして今日の我々にとっての意義を、聖書本文を分析しながら解説してくれています。伝統的な歴史的・批判的釈義の方法をとる一方、思想的な分析はやや保守的なところもあり、その意味では「安心」して読める内容になっています。礼拝説教の準備に、また教会での聖書研究会にも便利に使っていただけると思います。

この叢書、残るは「ローマ書」、「Ⅰコリント書」、「コロサイ、エフェソ書」の3冊のみ。概論書では簡単すぎるが、注解書を読むほどでもないという時に便利なこの叢書、全巻刊行が待たれます。

(「広島聖文舎便り」2016年5月号に掲載された拙文です。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『新約聖書解釈の手引き』刊行されました

2016年02月29日 15時46分37秒 | Weblog
『新約聖書解釈の手引き』
(浅野淳博ほか7名、日本キリスト教団出版局、2016年2月刊、3200円+税)

 すみません、今回は「自著」(共著ですが)宣伝です。

 日本キリスト教団出版局から2017年刊行開始予定の注解叢書「NTJ 新約聖書注解」の監修者6名が、新約聖書を読んで解釈するための方法について3年にわたる共同研究を行い、そのまとめとして(さらに2名の協力も得て)この本を書き上げました。新約聖書の解釈はどのようにしてなされるのかを本書では広く紹介しており、本文研究(写本の比較によって元来の本文を推測する研究)や伝統的な「歴史的・批判的研究」(資料問題、様式史、編集史)から始まって、本文の置かれた「コンテクスト」をより広い視野で問う方法(社会史的研究および社会科学批評)、さらに、修辞学批評や物語批評、また(ちょっと聞き慣れないかもしれませんが)スピーチアクト分析といった、本文をコミュニケーションという枠で理解しようとする方法、そしてフェミニスト批評やポストコロニアル批評、そして正典批評という、聖書解釈をする者自身を問い直す方法に至るまで、紙幅の許す限りていねいに、かつ専門家でない読者にもわかりやすく(と心がけて)説明しています。

 この本は、たとえて言うなら、「新約聖書」という大きな魚を(魚はキリスト教の象徴ですが)味わいつくすために、どのような調理法があるのかを紹介する「レシピ本」のようなものかもしれません。新約聖書の「美味しさ」を堪能することができるよう、ぜひ本書の中から自分にあった調理法と味わい方を見つけてほしいと思います。神学校で学んだ聖書学を「バージョンアップ」して説教や聖書研究に活かしたい専門家にも、また新約聖書についてより良く知り、理解を深めたいと考えておられる方々にもきっと役立つことと思います。教団出版局が頑張って、ハードカバーで340頁におよぶこの本を定価3200円に抑えてくれました。長く使える1冊なので、決して高くはないと思います。

日本キリスト教団出版局ウェブサイトの本書紹介ページはこちらです。

(広島聖文舎が毎月発行している「広島聖文舎便り」2016年3月号掲載の拙文です。今回は自著宣伝ということで、こちらにも転載しました。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンポジウム「新約聖書の読み方」(2016年3月5日)ご案内

2016年01月27日 11時42分54秒 | Weblog
日本キリスト教団出版局から2017年刊行開始予定の「NTJ新約聖書注解」シリーズの監修者を友人5人と一緒に引き受けていますが、注解刊行開始に先立ち、我々監修者6名+αで、新約聖書解釈の方法に関する共著を出すことになりました。

『新約聖書解釈の手引き』
淺野淳博、伊東寿泰、須藤伊知郎、辻 学、中野実、廣石望(以上監修者)、
前川裕(関西学院大学理工学部専任講師・宗教主事)、村山由美(南山文化研究所客員研究所員)

詳細は上の画像ないしこのリンク先をご覧下さい。

刊行を記念して、またNTJ注解のキックオフイベント第3弾として、2016年3月5日(土)午前10時よりシンポジウム「新約聖書の読み方」を開催いたします。場所は日本聖書神学校。こちらもリンク先からどうぞ。入場無料(資料準備のため、事前に参加のご連絡をいただければと思います。詳細はリンク先をご参照ください)。

NTJ新約聖書注解のラインアップは以下の通りです(これもリンク先でご覧戴けます)。



新約聖書をどう読んでいくかをめぐって、活潑な意見の交換ができますよう願っています。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ricola に広島で出会う

2016年01月25日 14時28分56秒 | Weblog
自宅近くのカルディコーヒーファームにふらりと立ち寄った一昨日。期限切れ間近の割引品が置かれている場所に目をやると、なんとも懐かしいキャンディが。

この Ricola、スイス産のハーブキャンディなのですが、自分にとってはスイス生活を思い出させてくれるパッケージです。スイスでスーパーマーケットといえばMIGROSですが、この Ricola を見ていると、ミグロの棚がありありと目に浮かんでくるくらい、スイスらしいキャンディです。

日本では、大阪の日食という会社が輸入販売しているとのこと。ウェブサイトには、「創業以来、リコラが守り続けるポリシーは、「アルプスの山々で育てられた薬用ハーブだけを原料にすること」。1941年には、13種類の天然ハーブを使い、独特の爽やかな風味もつオリジナルハーブキャンディーを作ることに成功しました」とありました。

しかし味はなかなか独特で(砂糖を使っていないせいもあるかもしれません)、今回買ったアップルミント味はそうでもありませんが、オリジナルハーブキャンディーは、口に入れた瞬間に Ricola とわかるくらい、確かに「オリジナル」です。それで売れ残っていたのかもしれませんが、個人的には好きです。日食の紹介によれば味は8種類あるとのことですが、そんなにたくさん、ミグロの棚に並んでいたっけ……?

懐かしくて舐めていたら、先週から風邪気味で喉の調子が悪かったのが治った気が……してきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加