チューリヒ、そして広島

スイス・チューリヒに住んで(た時)の雑感と帰国後のスイス関連話題。2007年4月からは広島移住。タイトルも変えました。

研究動向を知る雑誌

2016年09月05日 20時34分05秒 | Weblog
新約聖書研究の分野もご多分に漏れず、毎年新しい研究書や論文が次々と現れます。それを丁寧に追っていくのは大変。

そこで、研究動向や新しい二次文献を紹介してくれる雑誌のお世話にどうしてもならざるを得ません。

上の写真はその代表格、New Testament Abstracts。米国Boston College (Massachusetts), School of Theology and Ministry が発行しています。年3回発行で、新約関係の各分野に関する新しい文献を、論文の場合はその要約ともども教えてくれるという、非常にありがたい雑誌です。この雑誌には学生の頃からお世話になってきていますが、毎年の第3巻には索引もついていて、これがまた便利。しかし、責任編集者である Christopher R. Matthews の苦労は想像するに余りあります。1年で56ドル(5800円弱)ですから、個人でも十分購読できる値段です。



こちらは、スイス・ローザンヌ大学の l'Institut romand des sciences bibliques (IRSB) が発行している Bulletin de Bibliographie biblique。以前は年数回に分けて発行していましたが、現在では1年に1冊、700頁くらいの分厚い冊子を送ってきます。旧新約、さらに古代教会、教父あたりまでも含んだ広い分野にわたり、新しい文献を紹介してくれる、これも非常に便利な雑誌です。一部の文献には要約がついていますが、なぜか要約はフランス語以外のものも。値段は、確か1年60スイスフラン(6300円くらい)だったと思います。分厚すぎて、とても全体を通読はできませんが、自分が関わっている分野について、フランス語圏の文献も含めて広く教えてくれます。



知っておきたいのは、文献情報のみならず、研究史の動向です。種々のテーマについて、どのような研究が近年展開されているかを知るのに便利なのが、この Currents in Biblical Research。最近まで、大学図書館を通して購入していましたが、機関購入だとべらぼうに値段が高いので、今年から個人で買うことにしました。1年40ポンド(6800円くらい)。一番最近の号には、「ユダヤ教フェミニスト聖書学の動向」といった論文が掲載されています。

聖書学だけでなく、神学全般を扱った研究情報誌なら、ドイツ・テュービンゲンの Mohr Siebeck 社が出している Theologische Rundschau があります。



これも以前は個人で買っていましたが、聖書学の記事が占める割合が低いので、広島に来るのを機に購入を止めました。個人購入でも94ユーロ(1万1000円弱)するので、ちょっと高い気はします(学生は49ユーロ。機関購入だと224ユーロもします)。



新しい文献についての書評誌では、Theologische Literaturzeitung が役に立ちます。1年10回発行。主としてドイツ語圏の新刊を書評と共に紹介してくれます。ただ1年で192ユーロ(約2万2000円)もするのがちょっと財布に痛い。これも広島移住の時に購読を止めました。しかし便利なことは確かです。書評以外に、研究の動向を紹介した論文も時々載ります。かつて「東アジアの神学」という論文が掲載され、そこで「神の痛みの神学」や「荊冠の神学」が紹介されていました。

他にも類書はあることでしょう。研究の流れに置いて行かれないために支払う代償は決して安くありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国際新約聖書学会@モントリオール

2016年08月09日 23時32分54秒 | Weblog
第71回国際新約聖書学会(Studiorum Novi Testamenti Societas = SNTS)学術大会が平成28年8月2日(火)から5日(金)まで、カナダ・モントリオールのマギル大学で開催され、私も参加してきました。

モントリオールまでは、広島空港から羽田→トロント→モントリオールと飛行機を乗り継いで行くのですが、途中空港での乗り継ぎ時間なども含めると、20時間ほどかかってしまいました。広島を午後2時前に飛び立ったのですが、トロントでは予定の飛行機に乗り損ね(入国審査などに意外と手間取った)、モントリオールに着いたのは夜9時でした。仕方なくタクシーに乗って(街中までは40カナダドルの固定料金。3200円くらい)、マギル大学に隣接する宿舎(学生寮が夏季休暇中は一般開放されている)にたどり着きました(帰りは街中から空港バスに乗りました。これだと10ドルで行けます)。

カナダだから涼しいかと思っていたら、意外と暑く、日中は30度近くまで気温が上がり、湿度も高くて蒸し暑い。夜は多少マシになりますが、部屋にエアコンがなかったので、毎晩寝苦しい夜を(時差ボケも手伝って)過ごすハメになりました。他方、大学の教室などは、効きすぎなくらいに冷房が入っているので、半袖だと寒い思いをすることになります。

月曜の夜に着いたので、火曜夕方の総会(1)が始まるまでの間、ちょっと大学内などを散策しました。

正門。夏休み中なせいか、ずっと工事をしていて、出入りが制限されていました。


正門を入ってまっすぐ行くと

どことなく、母校関西学院のキャンパスを思わせるのですが、ここマギル大学は、第4代院長 C. J. L. ベーツ先生がかつて学んだところということを考えれば、納得もいくというものです。

しかしマギル大学は関西学院と違い、この1本道の両脇に木陰と芝生が広がっています。


キャンパスのすぐ前には高層ビルが建ち並び、大学はまさしく都会のオアシス(古くさい言い方ですが)の様相を呈していました。


芝生にはリスが。


キャンパス内には博物館もあります。


この景色の中を毎日行き来しながら学会に参加してきました。今回は、セミナー(分科会)での研究発表も当たっていたので、普段以上に緊張しつつの参加でしたが、同じアジアから参加している友人たち(日本からは最近ずっと自分一人ですが、韓国や香港、インドなどから続けて参加している仲間とすっかり顔見知りになり、仲良くしてもらっています)で構成されたセミナーだったこともあり、議論の時間も楽しく過ごすことが出来ました。

今回は、観光の時間が取れなかったため、モントリオールの街中をあまり見ることなく帰ってきてしまったのですが、次に行く機会があれば、観光優先にしたいと思います。学会の中身については、来年8月頃発行予定の『新約学研究』(日本新約学会発行)2017年版=第45号にて報告するつもりです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

講演記録「葛藤する規範」

2016年07月01日 21時12分51秒 | Weblog
昨年(2015年)6月に、日本基督教学会北海道支部会からお招きを受け、公開シンポジウムで講演をさせていただきました。

シンポジウムの主題は「古典としての聖書と教典としての聖書」。『古典としての聖書」については、戸田聡氏(北海道大学)が講演されました。講演題は「福音書(正典・外典)におけるイエス像—古典としての聖書—」。新約学者への批判も含まれた、なかなか刺激的な内容です。

私は、「教典としての聖書」を担当し、「葛藤する規範—「教典」としての新約聖書—」という題で話しました。

このたび、その講演記録が公刊されたのですが、非売品なため、なかなか手に取って読んで戴くのが難しいかと思います。そこで、私の講演部分をPDFで公開することにしました。私のウェブサイト「TSUJIGAKU研究室」の論文リストからダウンロードしてご覧戴けます。

辻 学「葛藤する規範—「教典」としての新約聖書—」、日本基督教学会北海道支部編『21世紀のキリスト教と聖書:日本基督教学会北海道支部公開シンポジウム記録 第4号』(2016年6月25日発刊)、43-62頁。

どういう内容かを示す一部分を以下に引用しておきます。

「しかし、新約正典を構成する諸文書に神学的な核や一体性がないことを認めつつ、それでいながら「新約正典」を教典として、すなわち規範性を持つ文書として読むということも出来るのではないだろうか。そのためには、パウロやヨハネといった特定の文書だけに規範性を見る(ブルトマン)のでもなく、予め設定された神学的な核に合わせる形で全体の統一性を打ち立てる(シュトゥールマッハー)のでもなく、様々な主題をめぐって正典内の文書同士が相互に譲ることなく対立した見解を提示する、いわば「葛藤する規範」として新約聖書を捉えることが必要になると思う。」(48-49頁)

新約正典とは何かといった問題、また新約聖書神学の是非をめぐる問題にも触れています。ご高覧いただけると幸いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『パウロ小書簡の神学』(叢書新約聖書神学9)

2016年05月06日 17時16分11秒 | Weblog
『パウロ小書簡の神学』(叢書 新約聖書神学9)
(K. P. ドンフリード・I. H. マーシャル著、山内一郎・辻 学訳、新教出版社、2016年4月刊、4000円+税)

すみません、今回も自著宣伝です。もっとも今回は翻訳書ですが。

イギリスのケンブリッジ大学出版が出している「叢書 新約聖書神学」は、いわゆる「新約聖書神学」が新約聖書全体の神学思想をまとめて述べる(ので、当然大部なものになります。最近では、F. ハーン『新約聖書神学』Ⅰ上・下、Ⅱ上・下[日本キリスト教団出版局]。Ⅱ下のみ未刊)のとは違い、新約聖書を構成する文書ごとに、その成立事情や思想内容をていねいに取り扱うシリーズです。日本では新教出版社が翻訳出版を引き受け、順次刊行してきました。私もすでに、『公同書簡の神学』を翻訳しています(2003年)。

この『パウロ小書簡の神学』は、監修者でもある山内一郎先生(関西学院大学名誉教授)が訳業を進めていましたが、途中から私が手伝う形になりました。「小書簡」に含まれているのは第一・第二テサロニケ書、フィリピ書、フィレモン書の4通です(第二テサロニケ書は擬似パウロ書簡ですが、ここに入っています)。それぞれの書簡について、成立背景、神学思想、新約聖書全体との関係、そして今日の我々にとっての意義を、聖書本文を分析しながら解説してくれています。伝統的な歴史的・批判的釈義の方法をとる一方、思想的な分析はやや保守的なところもあり、その意味では「安心」して読める内容になっています。礼拝説教の準備に、また教会での聖書研究会にも便利に使っていただけると思います。

この叢書、残るは「ローマ書」、「Ⅰコリント書」、「コロサイ、エフェソ書」の3冊のみ。概論書では簡単すぎるが、注解書を読むほどでもないという時に便利なこの叢書、全巻刊行が待たれます。

(「広島聖文舎便り」2016年5月号に掲載された拙文です。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『新約聖書解釈の手引き』刊行されました

2016年02月29日 15時46分37秒 | Weblog
『新約聖書解釈の手引き』
(浅野淳博ほか7名、日本キリスト教団出版局、2016年2月刊、3200円+税)

 すみません、今回は「自著」(共著ですが)宣伝です。

 日本キリスト教団出版局から2017年刊行開始予定の注解叢書「NTJ 新約聖書注解」の監修者6名が、新約聖書を読んで解釈するための方法について3年にわたる共同研究を行い、そのまとめとして(さらに2名の協力も得て)この本を書き上げました。新約聖書の解釈はどのようにしてなされるのかを本書では広く紹介しており、本文研究(写本の比較によって元来の本文を推測する研究)や伝統的な「歴史的・批判的研究」(資料問題、様式史、編集史)から始まって、本文の置かれた「コンテクスト」をより広い視野で問う方法(社会史的研究および社会科学批評)、さらに、修辞学批評や物語批評、また(ちょっと聞き慣れないかもしれませんが)スピーチアクト分析といった、本文をコミュニケーションという枠で理解しようとする方法、そしてフェミニスト批評やポストコロニアル批評、そして正典批評という、聖書解釈をする者自身を問い直す方法に至るまで、紙幅の許す限りていねいに、かつ専門家でない読者にもわかりやすく(と心がけて)説明しています。

 この本は、たとえて言うなら、「新約聖書」という大きな魚を(魚はキリスト教の象徴ですが)味わいつくすために、どのような調理法があるのかを紹介する「レシピ本」のようなものかもしれません。新約聖書の「美味しさ」を堪能することができるよう、ぜひ本書の中から自分にあった調理法と味わい方を見つけてほしいと思います。神学校で学んだ聖書学を「バージョンアップ」して説教や聖書研究に活かしたい専門家にも、また新約聖書についてより良く知り、理解を深めたいと考えておられる方々にもきっと役立つことと思います。教団出版局が頑張って、ハードカバーで340頁におよぶこの本を定価3200円に抑えてくれました。長く使える1冊なので、決して高くはないと思います。

日本キリスト教団出版局ウェブサイトの本書紹介ページはこちらです。

(広島聖文舎が毎月発行している「広島聖文舎便り」2016年3月号掲載の拙文です。今回は自著宣伝ということで、こちらにも転載しました。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加