日本の花・花を詠んだ句

日本に咲いている四季の花・花を詠んだ句を紹介します♪

朝顔や つるべとられて もらい水

2017年07月12日 | 夏の花


今日も暑い一日でしたね。
我が家の朝顔が咲きはじめました。

「富士の空」と「富士の紅」いう名前の品種です。
二つ咲いているのが空、ちらりと見えているのが紅です。
これから夏本番となりますね。

「朝顔や つるべとられて もらい水」

先週に引続き、江戸時代に最も活躍された女性俳人、
加賀 千代女(かがの ちよじょ)が詠んだ句です。

◎つるべ(釣瓶)→縄や竿(さお)をつけて井戸の水をくむ桶(おけ)
◎もらい水→よその家から水をもらうこと

早起きをして井戸へ行くと、釣瓶に朝顔がからみついて咲いていました。
綺麗に咲いている朝顔を取ってしまうのは可哀想(かわいそう)だから、
そのままにして 近所へ水をもらいに行きましょう。

という感じの句です。

千代女さんは、お父さんが表具師(ひょうぐし)というお仕事をされいた一般家庭で育った方だそうです。
表具師というお仕事は、掛軸(かけじく)、屏風(びょうぶ)、衝立(ついたて)、額(がく)、画帖(がじょう)、
巻物(まきもの)などの修理をはじめ、襖(ふすま)の新調、張替、障子(しょうじ)貼りなども行うお仕事です。

掛軸や屏風等に、俳句や短歌などが記されていたのでしょうか?
幼少の頃から俳諧をたしなみ、12歳の頃に奉公先のご主人から俳諧を学ぶために弟子になり、
その後、16歳から73歳まで活躍し、1700余の素敵な句を残されました。

日常の何気ない風景を詠まれた句は、とても親しみやすくて心癒されますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桔梗の花 咲く時ぽんと 言ひ... | トップ | 向日葵の ゆさりともせぬ 重... »

コメントを投稿

夏の花」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。