日本の花・花を詠んだ句

日本に咲いている四季の花・花を詠んだ句を紹介します♪

石垣に 金糸梅咲く 在家かな

2017年06月28日 | 夏の花


雨上がりに、金糸梅(きんしばい)にとてもよく似た花を見つけました。
画像は「未央柳(びょうやなぎ)」という名前の花です。

金糸梅は、江戸時代(1760年頃)に中国から渡来し、
梅の花に似た黄色い花で、
花から伸びているたくさんの「おしべ」が、まるで金糸のような姿から
その名が付いたと言われています。

「石垣に 金糸梅咲く 在家かな」

大正時代から昭和30年頃まで活躍された俳人「吉田 冬葉(よしだ とうよう)」が詠んだ句です。
この句は、「鶯 竹里」という別号で詠まれています。
正しい読み方はわかりませんが「おう ちくり」、「よう ちくり」でしょうか?・・・。

◎在家(ざいけ)→出家していない人、仏教の信者

鮮やかな金糸梅が咲いている家から、お経が聞こえてきたのでしょうか?
終戦後の風景のように感じられました。
きっと金糸梅の小さな可愛らしい花々が、心を癒してくれていたのでしょうね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紫陽花や はなだにかはる き... | トップ | 桔梗の花 咲く時ぽんと 言ひ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。