終には覚むる夢の世の中 part2

終に前ブログはACCESS不能に。新たに此方で情報を共有させて頂きたいと思います。引き続き、よろしくお願い申し上げます。

光明らむほどに闇の濃さが浮き上がる

2017-07-16 17:12:33 | 日本侵略構想

殺せば済むと思うなよ!闇はもう浮き上がっているんだよ!!


クリントン基金の闇を暴露したハイチ当局者、

マイアミで死亡

https://newshonyaku.amebaownd.com/posts/2662865


 

来週、クリントン財団の腐敗と不正行為の範囲を明らかにする予定だった元ハイチ政府当局者である

クラウス・エバーウェインがマイアミで死亡していることが判明した。

彼は50歳だった。

 

エバーウェイン氏は、来週火曜日に、ハイチ議会倫理委員会と反汚職倫理委員会の前に、

クリントン基金が国際援助団体からハイチ地震募金を不正に流用したと証言のため

出廷する予定だった。

 

マイアミ・デイト群の検屍官の記録監督官によると、公式死因は「頭に発砲」とある、

エバーウェイン氏の死は「自殺」として登録されている。

 

自分の命が危険にさらされていることがわかっていたエバーウェイン氏は、

カリビアン島におけるクリントン財団の活動を激しく批判していた。

そこで、彼は、政府の経済開発局長を3年間務めた。

 

エバーウェイン氏によると、実際には

、国際援助機関からクリントン財団に寄付された寄付金のわずか0.6%が、

ハイチ人を直接支援するという明確な目的でハイチの組織の手に渡っただけだった。

 

さらに9.6%は、ハイチ政府の手に渡った。

 

残りの89.8%(54億ドル)は、非ハイチ組織につぎ込まれた。

 

「クリントン財団は、彼ら犯罪者です、彼らは泥棒です、彼らはウソつきです、恥です。」

と、エバーウェイン氏は、昨年マンハッタンのクリントン財団の本部の外で抗議を述べた。


転載以上



海外へのバラ撒きと、特別会計を減らせば良いんだよ!


悲報 安倍政権が2018年の社会保障費を

1300億円削減へ!

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-17655.html

 

安倍政権は2018年度の社会保障費について、

高齢化による自然増を抑制するために1300億円をカットすると表明しました。

報道記事によると、政府は2015年6月に16~18年度の自然増を

計1兆5000億円に抑える方針を閣議決定し、

それによって年5000億円以上の医療費増加に関しては削減しているとのことです。
2018年は自然増となる社会保障費が6300億円と推定されていることから、この増加分を全て削減すると報じられています。

既に医療・介護保険制度改革の実施が決まっており、来年から患者負担に上限を設ける「高額療養費」の引き上げや国民の介護保険料の負担アップが行われる予定です。
診療報酬と介護報酬の同時改定も控えていることから、日本の医療制度はこの数年間で激変することになるかもしれません。


転載以上



 

小池百合子がCIAエージェントかもしれない?

 

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52011282.html

 

  

http://tocana.jp/2017/07/post_13838.html

「小池百合子がCIAエージェントかもしれない“4つの疑惑”」を政府関係者が暴露!

都民ファーストの真の目的とは?

 

先日の都議選で自民党を圧倒した「都民ファーストの会」の創設者、

小池百合子東京都知事に不穏な噂が流れ始めている。

ネット上でまことしやかに囁かれていた「小池百合子CIA説」が、

実は“陰謀論では片付けられないレベル”だと永田町界隈でも噂になっているというのだ。

その根拠は何なのか? 政府関係者が「4つの疑惑」を教えてくれた。

 


第1の疑惑:大物フィクサー・朝堂院大覚(松浦良右)との接点

 

「田中角栄、石原慎太郎、PLOアラファト議長など国の内外を問わず海外から日本の政財界、

果ては芸能界までも裏から操縦していた“最後の黒幕”と呼ばれる男で、

当然CIAなどの情報も握る立場にある大物、朝堂院大覚(本名・松浦良右)との接点が大きい。


彼は、小池百合子の父親・小池勇二郎が政界進出に失敗して借金まみれになった際に

それを肩代わりしたり、エジプトでの日本食レストランの開業資金など総額2億5千万円を

支援したといわれている。

また、カイロ大学に留学していた小池百合子をいたくかわいがり、

大学卒業後に、彼女の悲願であったカイロでの空手雑誌の出版でも金を出している。

この時期に、朝堂院を通じて小池がCIAのエージェントにリクルートされていた可能性があるとみる

者は多い。そ

の後、小池は朝堂院と親交のあったアラファト議長やリビアのカダフィ大佐の会見で

インタビュアーも務めており、着々と世界の大物たちとの繋がりを築いた。


ちなみに、朝堂院のフィクサーとしての能力は評価されているものの、

黒い噂が絶えないのも事実で、現在は「松浦グループ」の代表である松浦正親に

マザーズ上場ストリーム株を巡る相場操縦の容疑がかかり事務所に強制捜査が入っている」

 


第2の疑惑:
ニュースキャスターの仕事の裏で

 

「小池百合子がニュースキャスターになったのは、

メディアコントロールを実践で学ぶためだったからではないだろうか。

アラファト議長など大物相手に通訳やインタビューで実践を積み重ねたのも、

まずはキャスターとしての地位を確立するという目的があったからだろう。

表に出ることのないメディア情報をCIAに横流ししながら、

情報コントロールの技を学んでいた可能性はある

 

第3の疑惑:時の権力者に寄り添った本当の理由

「小池といえば、92年7月の参議院選挙で、日本新党からの出馬以来、

日本新党(細川護熙)→新進党→自由党(小沢一郎)→保守党

自民党(小泉純一郎と安倍晋三と石破茂)と渡り歩き、常に時の権力者の側でキャリアを築いた。

そのため、小池は『旬の権力者の思想に染まりやすい女』と評されたが、それは違う。

小池はCIAの戦術に沿って、戦略的にその時々の権力者から国の機密情報を抜いていたのではないか。

そう考えた方が、自然だ」

 


第4の疑惑:小泉純一郎との蜜月関係、進次郎を総理大臣に?
 


「小泉純一郎と小池は結婚寸前だったという話が浮上するほど、その関係は深いといわれているが、

実は“極親米”つながりで2人が親密な関係になっていた可能性はある。

現在小池は息子の進次郎が大のお気に入りで、よく一緒にいるところが報告されているが、

恐らく彼女には、これから『国民ファースト』党を設立してそこで進次郎を担ぎ上げる

シナリオがあるはずだ。

ここにきて自民党が進次郎を内閣の重要ポストに起用することを検討しているといった話も

浮上しているが、確実にそれを受けるとは思えない。

進次郎にとって“政界の母”である小池との絆を選ぶ可能性はある。

小池は進次郎を総理大臣にした後、キングメーカーとなって国を動かすつもりだ。

しかしそれはCIAエージェントが作り上げた『まやかしの国民ファースト』である」

 

 この政府関係者によると、

「ひとくちにCIAといってもさまざまなグループが存在し、安倍を支えるグループもある」

ということだが、小池氏ほど見事にエージェントであることを隠し通して出世した者は少ないという。

大躍進を続ける小池氏だが、彼女が目指す理想の日本は“CIAの傀儡国家”なのかもしれない。


転載以上


武田邦彦『太陽光発電はバカバカしい!』

裏で糸を引く影の集団の存在         

https://youtu.be/ajg1SQLiBxE


 

【武田邦彦】それでもあなたはエコカーを買いますか?

真実を暴露!!  

https://youtu.be/x97i3kjh6tQ



*ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ*から

 

《STAP事件》
https://matome.naver.jp/m/odai/2142776694562403801

 

《厚労省と製薬利権》
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/547.html

 

《STAP細胞はあります》
http://blog.goo.ne.jp/sa…/e/3e9380898a91d3a25475b805a3ffef1c

 

 

情報有難う御座いました。

南無妙法蓮華経

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪国・悪時これなり 日蓮 | トップ | unfair »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本侵略構想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。