終には覚むる夢の世の中 part2

終に前ブログはACCESS不能に。新たに此方で情報を共有させて頂きたいと思います。引き続き、よろしくお願い申し上げます。

悪国・悪時これなり 日蓮

2017-07-15 09:42:06 | 日本侵略構想

公務員が、日本を滅ぼす!!(234)

http://grnba.bbs.fc2.com/reply/13353074/232/


1:税金廃止党 :2011/10/25 (Tue) 17:59:50 host:*.mopera.net

■ 日本の公務員の平均年収1000万円(内閣府調べ)、  

ソニー期間工の年収260万円


■ 日本はギリシャと同じく、「白痴国家」(役人天国)なのか? 

日本の人口は、約127,700,000人余りである。 

これに対して、公務員の人数は、国家公務員約100万人、

地方公務員約300万人であり、

合計約400万人の人口比率は、僅か3%余りである。

 

   

世界の厳密な基準では、特殊法人や、非正規・臨時雇用の職員及びアルバイト(違法)の職員も、

公務員扱いだが、

日本では、恣意的に含まれず、

世界で一番、公務員の数が少ないとウソ情報が流されている。 


さらには、人数を水増しして、その分を丸々かっぱらっているのだ。 

 

よく、世界の富の90%が数%の富裕層が持っていると言われるが、

恐ろしいことに、これと全く同じことが、この日本で起きている。 

それが、税金の使用目的・分配に現れているのだ。 

 

この3%しかいない公務員達の給料・賞与・退職金・年金に対して

実に歳入(税収)の90%近くが使われているという、

恐るべき事実を多くの民間人は知らない。  

 

国家予算の一般会計は、2010年度は92兆円程だが、

自民党政権では、ここ数年80兆円程であった。 

内訳は、40兆円が税収分で、半分の40兆円が国債だ。 


あきれ返るのは、このうちの約36兆円がなんと、全て3%しかいない公務員達の

給料・賞与・退職金・年金に消えている。 

 

様々な経済学者・経済評論家らが国家財政について、あれこれ語っているが、

この公務員達の異常な高待遇について触れていない者達の意見・著書・ブログは全て価値はない。 

 

そもそも、「税金」は、何のために徴収されるのか? 

この回答として、「公共の福祉のため」と答える者は、小学生レベルだ。 

正解は、「公務員の福祉のため」である。 

 

さらに、日本人の血税は、アメリカに対する「思いやり予算」、

国連分担金、ODA(政府開発援助)で諸外国にピンはねされる。 

このODAのほとんどは、日本に返済義務がない、援助金である。 

 

その証拠を暴露した一人が鹿児島県阿久根市市長の竹原 信一氏だ。 

実にふざけたことに、鹿児島県阿久根市では市の税徴収分が、

人口約1%の市役所職員に使われているのだ。  

 

阿久根市の市税が、18億円に対し、市役所職員の年間、人件費が23億円で、

不足分が全国の人々の税金で賄われている。 


これと同じことが、全国の自治体で行われており、

国からの交付金・補助金で不足分の公務員給与を補填している。 

 

さらには、この他に、団体職員と呼ばれる、

特殊法人・認可法人・独立行政法人・公益法人・地方の第三セクターなどの“隠れ公務員”が

100万人もいる。  

 

この連中は、一般公務員より、さらに給与水準が上だ。 

平均年収は、さらに上で1,200万円も珍しくない。  

 

つまり、この人件費は、もう一つの国家予算である「特別会計」から出ているので、

裏金等を入れたら、税金の100%以上は、公務員達が使い込んでいる計算になる。 


 

日本人の平均年収は、406万円とされているが、実際のところ、ほとんどの日本人の年収は、

100~350万円で7~8割が、納まるはずだ。 

 

この水準は、ドイツ、イギリス、フランス、アメリカ、イタリアでも、変わらない。  

 

ロシア大統領の年収が800万円、スウェーデンの国会議員の年収が880万円なのに、

そこらにいるゴミ公務員が、国家元首以上の高所得者が、500万人もひしめいているのだから、

日本の国家予算が破綻するのは当たり前なのだ。 

 

一刻も早く、公務員の所得制限を最高500万円以下に実施したり、

憲法違反の財産差し押さえ、特殊法人、第三セクター等全てを廃止しなければ、

日本は滅亡するだろう。


転載以上



社会保険料

http://ameblo.jp/minshushugi/entry-12291327814.html


ご存じの方も多いとは思いますが。健康保険料というのがあります、

収入に応じて支払う保険料が変わります。

これは年金と違って国保でも協会健保でも、健保組合でも同じで収入比例です、

勿論料率は異なりますが。自治体でも違いますね。

 

 

 ところが、これには上限があります。全ての健保であると思います。

国保の場合は自治体で掛け金率が違いますし、上限も違う筈です。

感覚で書いて申し訳ありませんが、この上限というのがそれほど高い収入ではないのです。

年収1千数百万円で上限になると思います。

 

 つまり、収入が多ければ多いほど負担率は低い。

 

 所得税のように累進税率にはなってなく、低所得でも高所得でも同じ率での負担です、

でも負担上限があるので、高所得者は負担率が下がる。税金と逆ですね。


転載以上

 

 


 

共謀罪、ヤクザ利権、北朝鮮、CIA vs ペンタゴン
カレイドスコープ
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-5119.html

 

 

【安倍政権+CIA(ディープ・ステートのコア)】による
ヤクザの海外資産の奪取と利権の奪い合い!?かな、かな

いよいよ、街宣右翼が反安倍キャンペーンに動き出すとか・・・
「山口組が「共謀罪を考える」文書を組員に配布」したとか・・・

 

共謀罪を強行採決しても、未だに、「誰を」、「どんな行為を」
共謀罪のターゲットにするか、まったく説明しない、
説明できない法務大臣の金田勝年と安倍晋三。

 

 

喜んでいるのは、警察権限の拡大によって、思う存分「逮捕、逮捕、逮捕」
の大嵐の中で大活躍できると勇み足の公安警察だが、

彼らとて、バカではないから、
まずは、一般国民は対象にせず、「共謀罪って、やっぱ、必要だよねー」
という世論形成に励むようになるだろう。

 

 

 

その槍玉にあげられそうになっているのが、日本のヤクザだ。

 

「事前にヤクザの共謀が分かれば、
一般市民がヤクザ同士の抗争で流れ弾に当たることもなくなるからねー」
といった具合である。 

 

無知な市民は、この公安警察と安倍・自民の措置を喜んで受け入れるだろう。
マスコミは、再び、国民のマインド・コントロールに駆り出されることになる。
マスコミの世界は、やはり白痴の集まりであることには変わりがない。
やがて、自分たちが、次のターゲットになることさえ知らすに・・・



 

自民党が、なぜ、ここまで共謀罪に固執するのか・・・
すでに、特定秘密保護法も強行採決によって強引に成立させている。
特定秘密保護法も共謀罪も、
「国民が何を言おうが、まずは成立させてから、後で、都合のいい部分だけを
国民に知らせながら、少しずつ、国民を懐柔して行けばいいんだよ」
と自民党は考えている。

  

まさしく、麻生太郎が言ったとおり、
「ナチスの手口に学べばいいんだよ」ということだ。

 


その「都合のいい部分」には、「ヤクザに対する共謀罪適用」がある。
山口組の分裂は、警察の強い締め付けによるものであるが、
こうして観ると、一連の流れが浮かんでくる。

 


「ヤクザの一触即発の危機は、誰が仕込んだのか」という疑問だ、

 

自民党は、ヤクザが海外に隠し持っている闇の資産と利権を手に入れようとしているが、
これには、パナマのモサック・フォンセカ法律事務所がリークした
「パナマ文書」が大いに役に立つ。 

 

安倍晋三は、パナマ政府に3000億円もの巨額援助を申し出ている。

 

これは、「パナマ政府さん、ヤクザさんの裏金脈に関する情報は、これからも出してね。
しかし、わが自民党に不都合な情報は出してくれるな」という口止め料とも受け取れる。

 

 安倍一派の面々は、安倍晋三から知らされているのかどうかは知る由もないが、
自ずと、かなりのリスクを犯そうとしている。
であるから、ヤクザ・ネットワークから報復を受けないようにするため、
北朝鮮の利権は「あげますからね」という線に持っていこうとするはずだ。

 

そのため、北朝鮮の核実験の強行がトリガーとなるであろう朝鮮半島有事の際に、
そのドサクサに紛れて、ヤクザと自民党との間で、利権の分配が行われるかも知れない。

 

 

 その準備がととのい次第、安倍晋三と、裏でつながっているCIAとは、
朝鮮半島で騒動を起こしたい。

 

これらは、どうも同時進行で進んでいるように見えるが、自民党の議員は、
焦りからなのか、北朝鮮を挑発する発言が多すぎる。
まるで、自民党の議員たちは、日本国内でテロでも起こさせたいかのようである。
実際に、「そのとおり」だろうね。

 

転載以上


 

日航機123便撃墜事件(結社グループ間の内乱による日米戦争)の再来となった、

結社グループ間の内乱による、

東日本大地震(地震兵器テロ)と福島第1原発爆発事故(原子炉爆破テロ) 

http://kenchicjunrei.blog.fc2.com/blog-entry-43.html

 

日航機123便撃墜に関わった勢力とは、日本を結節点とした国際対立構造グループとして色分けすると、

だいたい次のようになる。


 (A) 旧帝国陸軍派(陸上自衛隊)&在日米陸軍
   国内財閥系企業&国際金融資本
   協力国政府(独・仏・露・中・その他)
   ※権威

     VS

 (B) 旧帝国海軍(海上自衛隊)&米国海軍・海兵隊
   国内財閥系企業&国際金融資本
  米国政府&日本政府&協力国政府(英・他)
   昭和天皇(権威)

~中略~

 


■国内騒乱を希求する人々・企業


今回の核テロを実施した●(A) グループに属すると思われる人々です。

詳しい説明は省略しますのでかなり乱暴ですがご容赦ください。

この中に陰謀論に詳しい方々が「反米愛国者」「親米売国奴」とみなしている人物も含まれていますが、

その様なパターン化した人物評こそ本当はどうなのか、巧みな情報操作なのではないか、

疑いながら読まれるべきだと思います。




--政治家--

中曽根康弘:親米と言われるが実は親中派、レーガン大統領との友情は全て演出

小沢一郎:第3次中曽根内閣で警察と公安のトップに、123便の秘密を最も知る人物

亀井静香:グリコ森永事件の黒幕、許栄中事件との黒い関係はあまりに有名

福島瑞穂:弁護士時代、123便関連訴訟を体制側有利に処理、小沢一郎の子分

羽田孜:南相木村側を地元とする議員。無能ながら小沢一郎のプッシュで総理に


--企業--

伊藤忠商事:元陸軍参謀、瀬島龍三会長を擁す 貧しい農家の出身という出自は虚構

住友銀行:警察予備隊であったころから自衛隊・山口組と癒着 (A) の番頭的存在

東急グループ:五島一族 中曽根、瀬島と深く関わる 日航機調査を激しく妨害した

東武グループ:根津一族 日航機調査を組織全体で妨害した スカイツリーは兵器か

電通:事実上(A)グループのエージェント組織

トヨタ自動車:事実上尾張徳川家に支配された軍事志向の企業

東京電力:旧陸軍系企業。神流川発電所の疑惑については他の記事を参照
(他にもありますが、この辺で止めます)


--その他--


裏天皇(仮称):

■(A)グループの最高意思決定権を有する人物・または合議体。

旧帝国陸軍においても、意思決定を行っていたのはここではないか疑われる。

戦争中は東北の部隊を集中的に前線におくり玉砕させ、

今回、福島での核汚染を平気で実行させていることから、太

古から日本に住み着いていた東国人を極めて軽視しているようにも見える。

おそらく、彼らを敵視する渡来系祭祀族の末裔、朝鮮半島に由来を持つ人物なのではないか。

旧宮内省、現在の宮中でも大きな権力を持っていると思われる。



尾張徳川

紀州・水戸は零落したが、尾張徳川は莫大な資金を有し資本家へと転進する。

明治維新は長州・薩摩と言われているが、時代の潮流を読みつつ、

尾張も幕藩体制の解体に加担したのではないか。

(A)のスポンサーであると疑われる。



天台宗

徳川家の菩提寺を預かる。徳川家との深い関係は明らか。

日本の黒幕的宗教と言えば某学会が有名だが、密議・謀議に手を染める宗派としては、

天台宗の右に出るものはない。日本の裏金と麻薬を牛耳る闇組織である。



忍者

他に表現しようがないので。

その風貌は、老夫婦であったり、コギャル風の女子高生であったり、子供を抱いた家族連れであったり、そ

れでいて、バックに小型の電磁パルス発信機を忍ばせこちらに照射してくる。

そのやり口は時代小説の忍者とそっくり。

信じられないことだが、今でも家族ぐるみで殺人訓練をしている忍者の里のような集落があるのだろう。

尾張徳川のお抱えと考えれば何となく納得できる。

妨害ポイントまでの移動に全窓カーテン張りのマイクロバスを使ってくるので、とてもわかりやすい。



同和系組織

教科書的には最下層の被差別民と説明されることが多いが、

実際は秘伝の特殊技能を有するグループで、

租税免除など支配者から特権的な待遇を得られていたと考えられる。

旧日本陸軍731部隊などは村をあげて満州に赴いていることから、

その村が薬物の取り扱いを専門に行う同和系組織だった可能性がある。



上述の忍者などもこのカテゴリーに属するものと思われる。

グリコ森永事件も、いずれも同和出身経営者の企業を狙っているので、

(A)組織内の締め付けも目的の一つだったのかもしれない。


組系

全国の暴力団組長の9割は、在日・同和出身者で占められている。(A)の最末端であり、詳説は不用であろう。今回の騒乱においても、使い捨てられる哀れな存在とも言える。



■争いを超えて

以上、舌足らずな説明で、何がなんだかわからない読者の方も多かったのではないかと思います。

申し訳ありませんが、今回の記事はご自身で今の事態を考える上でのメモとしてお使いください。


私がわかってほしいのは、現在の状況が、これまで知られることのなかった日本国内の内乱の表れであり

米国や現日本政府を非難するだけでは本質を決定的に見誤るということです。


そしてこの内乱の歴史は非常に長く、もしかしたら、

大和朝廷成立期にまで遡る根の深い話になるのかもしれません

 

転載以上


情報有難う御座いました。

南無妙法蓮華経

 

 



『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 失敗は星々の間にあるのでは... | トップ | 光明らむほどに闇の濃さが浮... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。