終には覚むる夢の世の中 part2

終に前ブログはACCESS不能に。新たに此方で情報を共有させて頂きたいと思います。引き続き、よろしくお願い申し上げます。

似非者

2017-07-01 10:42:36 | 日本侵略構想

 

朝鮮同和売国奴コネクション

国民を搾取の対象と見做し、生命財産すら軽視する政府に

金払う必要なんてない。

東電、天下り役員の呆れた役員報酬】


東京電力の株半分を持つ行政法人


原子力損害賠償廃炉支援機構(2011年9月設立)驚愕の役員報酬。

理事最高年収1754万6000円


彼等は警察庁OB、財務省、経産省の天下り役人。

当時の幹部国外逃亡(退職金億単位)


黒字計上、廃炉費用国費負担、補償打ち切り、

再稼働、電気料金値上げ。


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/177077

 

転載以上

 

 

 

東電vs自衛隊

https://www.youtube.com/watch?v=PuDhDC2ofD8

 

 


国家公務員に夏のボーナス、平均支給額は約64万円に!

5年前と比較して13万円も増加!

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-17438.html

 



此れ、加害者が負担すべきこと。

支払い不可能なら借金させるべき。

その為に取り計らうのがお役所のお仕事。

加害者少年は特権階級同和なんじゃないの?

でしょ??

でもなきゃ、こんな取り上げられ方されない。

何であんた達の不始末に税金投入されなきゃならん。


暴行で中2から寝たきり、約2億円で市と和解へ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00050107-yom-soci


 

李承晩ライン

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E6%89%BF%E6%99%A9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3

 

日韓基本条約締結の際の日韓漁業協定の成立(1965年昭和40年〉)により、ラインが廃止されるまでの13年間に、韓国による日本人抑留者は3,929人、拿捕された船舶数は328隻、死傷者は44人を数えた[3]。抑留者は6畳ほどの板の間に30人も押し込まれ、僅かな食料と30人がおけ1杯の水で1日を過ごさなければならないなどの劣悪な抑留生活を強いられた。共産主義者だとわかると抑留期間も数年間におよんだ[4]

このような悪辣な人権侵害について日本弁護士連合会はただちに抗議して、「凡そ、1国の領海は、3海里を限度とすることは国際法上の慣行であり、公海内に於ける魚族其他一切の資源は人類共同の福祉の為めに全世界に解放せらるべきである。然るに、韓国大統領は、これを封鎖して、平和的漁船を拿捕し、漁民を拉致し且つ刑事犯人として処罰するが如きは国際正義に悖る行為である。よって、本委員会は、正義平和の名において、茲に韓国の反省と漁船、漁民の即時解放を求め、以って、相倚り相助け東亜の再建に貢献することを期待する。」といった内容を含む「李ライン問題に関する日本漁民拉致に対し韓国の反省を求める件(宣言)」[5]を満場一致で議決して人権擁護の抗議運動を全国で展開した。

李承晩ラインの問題を解決するにあたり、日本政府韓国政府の要求に応じて、日本人抑留者の返還と引き換えに、苦慮しつつも、常習的犯罪者あるいは重大犯罪者として収監されていた在日韓国・朝鮮人472人[6][注釈 1]を放免し、日本国内に自由に解放し在留特別許可を与えた[7]


転載以上


以下に、韓国軍関連(ライダハン他、外地での虐殺行為)や

日本の731部隊に関連した記事を一晩ストックしておいたら、

消されていた。。。(苦笑)。


維新後の戦争国家日本を牛耳っていた世界的勢力、

その手下・日本支部が朝鮮同和・被差別部落民だったことなどを

都合よく消去して、

一辺倒に日本が日本がと騒ぐ連中に、

現在も実行中の「CIAギャングストーキング工作」を認め、

語れる連中はいない。

 


情報有難う御座いました。

南無妙法蓮華経

 

 

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメブロに投稿してからPCが... | トップ | 含・拡散希望記事 ●●●側の攻撃☆ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本侵略構想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。