青森県は本年度、県内各地で急増するニホンジカ対策に全力を挙げる。

1日当たりの捕獲数上限を撤廃し、事実上の「全頭駆除」を狙う。

放置すれば急速に進む森林被害を食い止める構えだ。


 県内のニホンジカの生態管理を担う「第2種特定鳥獣管理計画」を8月をめどに策定する。

管理計画の期間は17~21年度の5年間。現在は、11月15日~翌年2月15日に設定している狩猟期間を延長する方針。

さらに、各狩猟者1日当たり1頭の捕獲制限を撤廃し、一層の駆除を促す。


 人家が近いなど、ライフルの使用が難しい場所では、わなを設けることで捕獲に注力する。


 青森県内のニホンジカは明治時代にいったん絶滅したとされたが、ここ数年で急増している。

県自然保護課によると、県内での目撃件数は14年度は40件だったが、15年度は81件と倍増した。

16年度は今年1月20日現在で101件。隣接する岩手、秋田両県から食料となる草木などを求めて流入しているとみられる。
 

同課の担当者は「このままでは深刻な森林被害が出かねない。

徹底した捕獲に取り組むことで被害を防ぎたい」と説明する。

転載以上




署名をお願い致します・

紹介文は、記事投稿者様の紹介文より拝借致しました。

詳細は当方FBまで。