創造性の開発 新規商品を企画しよう

新規商品企画の成功学
求むる所第一義
随時随所楽しまざるなし

情報用語の木構造

2017-06-23 13:16:32 | Weblog

 こんにちは。

 次のページから6ページの目次。読んで驚きました。とてもよく書かれている、編集長は大変だったろう、とても斬新な目次だと思いました。続いてキーワードの体系図のページがあります。中村洋四郎さんお気に入りの図でした。富士通のアプリの部隊を創った人がです。

 先端用語の勉強ができるように、とても分かりやすい、良い用語体系図になっていると思いました。この体系図は私がWWW登場前のUNIXの検索システム、Gopherを参考にして書きました。でも二度とやりたくない面倒な作業になりました。その他にも、この本制作で大変だった作業がたくさん蘇ってきました。私も苦労しました。編集長も大変でした。それだけ皆さんが苦労したからでしょう、無名著者の本もそこそこ売れたわけです。

 付言します。Gopherはテキストベースの情報検索システム、すなわち文字検索システムです。アメリカの大学の先端研究所で使われていました。全文検索を研究開発していた私はシソーラスや言葉の関係図に興味を持っていました。でも、Gopherは日本では流行りませんでした。漢字と平仮名とカタカナと英語が混在している言語だからでしょう。おまけに今はスマホやケータイなどの省略語がメイン。日進月歩で新語が登場しています。テキスト検索の進化を待たず、スマホの画像全盛時代に突入したようです。でも、今はAIの知識処理の時代です。検索エンジンの研究を手抜きした付けが日本に及んできたように私には思えます。戯言ですが、当時私の研究部は全文検索で世界一だったかもしれません。何せ難しい日本語情報のベースだったから。

 専門用語の関係を表した木構造は情報検索に役立ちます。当時、構造が真っ当でシンプルなら、本質的に難しい日本語処理にも使えると思って概念体系や検索システムや全文検索システムを研究開発していました。情報システム開発用語の木構造をこの本で、私は一人で定義し、作りました。この本の売りの一つはこの木構造でした。賛同者は競合会社の中村洋四郎さんだけだったのが情けなかった。そしてしばらくして研究は没になりました。今でも残念です。以下にこの木構造のページ5ページのイントロ部分を転記します。

『用語理解のための体系図●索引

 このKey Words Mapは、本書で説明しているキーワードを専門的なレベルで理解するために、体系図としてまとめたものです。このマップのなかの1つ下の階層のキーワードを理解すれば、上位のキーワードをさらに深く理解できます。』

 この体系図は説明があるページ番号も併記されています。ページ数の変更はこのページの修正を必要になりました。完成までに、二度としたくないような大変な作業になりました。

 今日はここまでにします。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雑学事典を切る

2017-06-22 09:34:32 | Weblog

 おはようございます。

 今朝、意気揚々と起きられました。棚から私の本、パソコン事情雑学事典を取り出し、中身を見ました。何とびっくり。この本には私が好きな、初めにの項がありませんでした。すっかり忘れていました。

 初めにに替わり、本書の構成についての項がありました。この項にかかれていた言葉。『本書は、パソコン分野を中心に、コンピュータの先端技術や市場動向、利用環境などを解説したキーワード集です。また、新しいコンピュータ分野への入門書としても活用できるよう、全体を以下のような7つの章立てにより構成しています。』

 次に0章から始まって6章まで、章の題名とその概要1行の簡単な説明があります。多分アマゾンででも検索すれば、この章立ては読めるでしょう。面倒ですので章立ての説明は今日は飛ばし、後日、順番に1章ごと概要を転記したいと思っています。章立ての次から書かれた文章に飛びます。

『各節の本文中には、そこでとりあげているテーマを理解するうえで必須の用語が、キーワードとして埋め込まれています。本文中では原則として初出のキーワードをゴシック体で表記し、本文に続くページにその用語の解説を掲載しています。また、すでに解説済みのキーワードにつては、その用語の解説ページを付記しました。

 本書では、用語の掲載順序に50音順などの形式をとっていません。用語を検索する際には、巻末の索引を利用してください。』

 長くなりました。今日はここまで、感想などは明日にします。済みません。年寄りは疲れやすいので。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新シリーズの開始かも

2017-06-21 04:26:54 | Weblog

 おはようございます。

 最近の私の好きなことを思いつくままに書いてきて、一応、気が済んだようです。何を書こうか、朝起きて、しばらく書くものはなくなったかもと思いました。しかし、私の昨日の記事を開け、読んだら色々なことを思い出しました。今まで書いたのは十分の一程度、以前書いたようにまた新しい記事を書いてみようと思いました。

 私は自分が筆者になり最初に書いた本が、ドキュメント管理システムです。このブログにはじめにの部分を転載し、思う所を書きました。人の文章のようで面白かったからです。次は編者として筋立てと校正をしたUNIXの教科書、次がグループウェアの本でした。富士通の元取締役中村洋四郎さんにお願いされ、システム開発の新人教育用教科書、パソコン事情雑学事典を書きました。

 この本は中村さんお気に入りの本、2年ほど新人教育に採用頂けました。中村さんが隠れた営業をしてくれたからでしょう、私の本としてはそこそこ売れました。本の紹介はアマゾンの感想程度で私も過去にこのブログで紹介しました。

 私は以前したように、今度は雑学事典のはじめにを転載し、人の文章として良い点は褒め、悪い、間違っていたと思えた点を感想として加えてみようと思いました。これなら書くことに困りませんし、以前やった時、私がとても勉強になったからです。おまけに死にかけた身としてはこれこそ過去の振り返り、反省になると感じてもいるからです。

 今日は予告編だけです。明日から実践したいと考えています。今日はここまでにします。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自己説明の小論事例

2017-06-20 04:07:31 | 小論文

 おはようございます。サブ結論と位置づけた②の箇条書きを除き、思う所を書けた段階です。小論は文字数が少ないと難しい。800字以下を仮定しました。先頭の結論の200字以下が勝負です。

 koderaの小論手法ではサブ結論で結びます。高々100文字で済まします。以下の論旨、隠れた中心テーマは随時随所楽しむ、私の哲学。提出先は仮想の学校採用担当とします。好きな分野を並べただけのいい加減なバラバラ論旨です。下記、ご賞味ください。

『昨年大病を患い、3週間で退院できました。リハビリに勤しみ、緩和ケアや病人が看取り時に語った話に興味を持ちました。大いに反省させられ、色々考え、私の過去の意思決定は、人生とは妥協なり、が基本のように思えました。妥協は良い選択肢でした。

 私は小さい時映画やテレビを見るのが好きでした。それらが娯楽の時代でした。そのためスターに憧れ、その役柄の行動や考え方の真似が好きになりました。歳をとるにしたがって好きなスターや映画は変わってきました。最近、最初から結末が分かる勧善懲悪ドラマが安心でき、楽しめています。その主人公も好きになりました。

 ベッドの上で3週間考えて、自分の考え方が改めて分かりました。実践課題としてブログ記事と、30年ほど続けてきた市民クラブ活動を長く続けたいと思うようになりました。今は、会員が私のバドミントンクラブに連れて来るお子さんと私は遊ぶだけです。遊びこそお子さんの未来を明るくすると確信できたからです。飛躍しますが、私はこの国の先行きに不安を感じています。理論、調査、結論、策の実行の順序を皆さん疑っていません。言い換えると、国も教育も家庭も論から始め、良く調査し、実行しています。私はこの順序は逆だと思っているのです。

 もし私が貴校に採用頂けたら、多様な改善策を事例にします。実践し、状況を精査し、良いと思える策を理事会に上程します。ぜひ採用のほどお願い申し上げます。』

 サンプル例ですので、気楽にまとめました。文章の順番はできてから少し修正しました。悪しからず。今日はここまでにします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時間が勝負、先を急ぐ

2017-06-19 10:11:05 | 小論文

 おはようございます。

 真っ当な人を育てるために町の市民クラブが役立つとしています。でも役立つためには無料、実績、運、出会いなどの難しい条件があるかも。仏の支援ではなく私の業の故。ポット出のクラブに迷い人が参加するのは怖いかも。赤の他人には私のクラブへの参加は怖いかも。ですから学童と市民クラブの話はここで切り上げ、先を急ぎます。もーいいかい。まーだだよ。もーいいかい。もーいいよ、のように何時呼ばれるかわからないから急ぎます。

 まだ次の2項目が残っています。簡単に付言だけ、今朝書いて終わり。だって私は最近ほとんどテレビを見ません。皆さんはスマホでテレビは見られるのでは。私は昔話ならできますが、好きなのは60年ほど前の話。還暦です。今の話は得意でもなく、好きでもありません。不思議だと私が思うことだけ付言します。何時かその不思議を書くかもしれません。人気のないブログです。書かなくても差し支えは皆さんにないでしょう。

 ④科捜研の女や相棒やスマップメンバーの私好みの推移は不思議です。昔好きだったのは中尾ミエ、吉永小百合。同級生がよく話してくれました。でも今は見ると痛い。でも、沢口靖子は別なのです。東宝が彼女をリクルートし、エレベーターで出会いました。日比谷の東宝本社に遊びに行っていた時です。当時の俳優さんは給料日に出勤、有名女優ともエレベーターで会えました。出会いが好きなアホだったから。でも実は皆さん大したことがない、やはりイングリッドバーグマンやグレースケリーだと思いました。

 不思議なことに沢口さんは次第に素敵に感じています。今は東宝カレンダーの正月を飾るようになった当時より素敵かも。彼女は、永遠の処女や司葉子や無責任男や若大将のヒロインや吉永小百合さんの後に正月に抜擢されたはず。昔です。それから彼女は見ていなかったのかも。また見たのは科捜研の女が始まった時。とても素敵になったと思いました。偉い人に可愛がられたのかな、美容整形をしなかったのかなと思ったのを覚えています。今もシリーズは続いています。良く再放送があります。歳をとるほど理性的理知的になっているように感じられています。役が乗り移ってきたようにさえ思えます。

 SMAPの一番の人気者とリーダーの話は皆さんにお任せです。グッドラック。悲惨なシャープ元社員はナニワ金融道。食事しながらビデオで横から見ていました。人気の若者は凄い、と。でも今は二人とも痛くて私は見られません。家族の話を聞くだけ。これも不思議ですか。私は柔な年寄りです。若い時の可愛さは耐えられても、今のマジな映像は怖いのです。何時呼ばれるか分からないから。

 今回のシリーズは短く後日まとめます。今日もこれから犬の散歩。ここまでにします。まだ私はステロイドの副作用か、アドレナリンを自分でほとんど作れないようです。悪しからず。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プロセスの考察

2017-06-18 18:54:21 | Weblog

 こんにちは。

 さて、当然と思える園児の躾、それは真っ当な社会人に育つために必須の心得でしょう。私はそれらが伸びる条件であると信じています。その4項目を再掲します。

・体育館にきたとき、おはようと挨拶する

・打ち合って上手く打てるとニコニコする

・片付けを始めると、自分も掃除を始める

・面に入る私の指示を大人しく待って居る

  この要件に反対する会員はいないでしょう。子供を連れて来る親父さんは皆さん私たち夫婦にとても感謝しているように見えます。まともには歩けそうもないようなヨイヨイ老人の私が声を出し遊んであげているのだから。しかし、この要件を満たす機能要件が分かりますか。プロセスは誰もなかなか分かってくれません。しかし定義できるとコンピュータ屋は思っています。

 ・体育館にきたとき、おはようと挨拶する

 この箇条書きの目的は、社会常識を身に着けた大人にする。その機能要件は周囲の大人が必ず自ら挨拶するでしょう。私は新入りで慣れていない会員が体育館に来た時、かならず大きな声でおはようございます、と言うことにしています。会員の皆さんも自然とお互いに言うようになります。子供にもです。先ず隗より始めよ、です。これは当たり前だのクラッカー。

・打ち合って上手く打てるとニコニコする

 仕事をする人に、感情を殺さず、ニコニコと感情を上手く表現する能力が役立ちます。笑顔は人を和ませます。仏頂面は怒られます。仏頂面を続けていると相手の怒りは増幅します。酷く怒られたら涙、諭されたらニコッと。これで上手く世渡りでき、サービス残業などしなくて済むようになるのが世の習いです。働きすぎなどヘノカッパ。犬を見習えと言いたいのです。犬も吠えれば拳骨にあたる。

・片付けを始めると、自分も掃除を始める

 周囲を真似て行動するのは学ぶ姿勢でとても大事。空気が読めないというより、人まねができないのです。できるだけ小さい時から真似をできることが世渡り、学習の秘訣でしょう。家のクラブの子供たちは先を争ってモップを手にしようとします。何故できるかです。これも責任者の私が朝一で30年モップがけしたからでしょう。東大の先生も、旦那様に付き合って来た妊婦さんもニコニコしながらモップがけ。子供がしたくなるわけです。

・面に入る私の指示を大人しく待って居る

  大人の話を聞くのは学校で伸びる条件でしょう。これだけで勉強などヘノカッパ。さて何故できるようになるか。これは難しい。異論の分かれるところです。でも私は定義できたプロセスの秘訣があります。でももったいないから言いません。これは嘘。言っても誰も信じないで、反論し、絶対に誰も大人はやらないからです。できないだけなのですが、笑えます。

 今日はここまでにします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

顔と見映えが全て

2017-06-17 11:55:29 | Weblog

 こんにちは。

 家のクラブに来た保育園児と幼稚園児が仏頂面なことは極めて稀です。低学年の小学生だと10人に一人程度、仏頂面がいたかもしれません。小学校高学年や中学生以上になると次第にその確率は高くなると思っています。自分で会への参加依頼を私にする大学生以上になると逆に愛想が良いのは1割程度のように激減するように私は考えています。まとめますと、子供だと仏頂面は少数派、大人だと大部分、仏頂面。そのように言えるでしょう。

 私が個人として主催しているクラブです。残念ながら、主催者の私が面白くない奴と感じていていも入会することもあります。それでも、公平がうたい文句ですので、参加者は公平に、面に入れて組み合わせをすることになります。会員を皆公平に扱ってあげたいからです。でも、公平に扱うのは難しい。仏様ではないからです。入会希望の人が最初に体育館に入ってきたときの印象はなかなか変わりません。顔を見ただけで性格や技術や熱心さが分かるように思えてなりません。

 仏頂面の高校生や大学生が入会すると、次第に性格をはっきり表現するようになります。2回目から地を出す人と、3か月ほど通い、やっと地を出せる人がいるようです。でも、優秀な大人はすぐに地を出すように感じています。良い学生や大人に育つ園児は最初から顔に心が表れていると思います。成長とともに、次第にまともな性格と顔になってくるように思っています。

 最近、テレビ番組でも見栄えが100%、すべてだと言うような番組があるそうです。確かに見栄えは内面の心、すなわち過去の苦労した経験や上手く行った体験などの結果で表情やスタイルが決まってくるのかも。逆に言えば顔にはその人の過去が表れているのでしょう。外見、恐るべしです。心は顔に現れています。顔をニコニコさせたら良いのです。相手の顔が読めない大人や先生がいるのが不思議です。

 今日はここまでにします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

礼儀ができても

2017-06-16 13:12:39 | Weblog

こんにちは。

 伸びる確率の高い子の条件は幼稚園児や保育園児なら誰でもできたことでしょう。幼稚園の先生や保育士なら皆さんなら大事にしている挨拶です。私が感じている、伸びやすい子の条件を簡単に下記に記します。

・体育館にきたとき、おはようと挨拶する

・打ち合って上手く打てるとニコニコする

・片付けを始めると、自分も掃除を始める

・面に入る私の指示を大人しく待って居る

 保育園児または過去に保育園児だった小中学生ならほとんど全員できるような当たり前の条件かもしれません。でも、これらの条件は大人になるにしたがって薄れてくるようです。できない大人の方が多数派のように思えます。ですから私は子供以上に日本の大人は発達障害が多いと言うのです。

 でも発達障害なんてくそくらえ、本当は何でもない、治療法が変だと思っています。だって素晴らしい法医学者の叔父も発達障害の判定なら立派な判定障害だし、私もです。叔父は躁うつ病なんて怖くない、治療するからひどくなると言っています。自分の事例ですから、何もしないのが最善策だと信じているのです。癒し方ですか、直し方ですか、あまりに簡単のようで気持ちの持ち方ですので難しいのかもしれません。

 反対の、発達完と言えそうな東大の物理学の教授は今50歳頃。参加し初めたときから、自主的に床をモップ掛けしてくれます。長く続く会員なら皆さんできていることでしょう。74歳になったであろうある会員は、今、同じ大学の男子と女子のバドミントン部の、2つの部活の監督をしています。30年ほどしているのかもしれません。彼は家のクラブでは小学生や園児と打ち合ってくれます。教え方が上手です。

 彼が入会したのはおよそ30年前、当時彼は都庁の部長さんでした。若い時、日本のトップクラスだった実業団の都庁の選手だったのでは。彼が家のクラブに迷い込んだのは不思議でした。当時彼はバドとゴルフとテニスを同じようにしていたようです。ゴルフにもテニスにも私も誘われました。私のクラブに参加し始め、バドミントンへの情熱が蘇ったのでしょう。今はゴルフもテニスもほとんどしていないようです。

 大学のクラブと彼が出場する大会には優先して参加しているようですが、家のクラブにも熱心に参加してくれています。子供への彼の影響度はとても高いと思います。彼が初期から参加いただけたのは幸運でした。上手な年寄りはあまり我を張りませんし、若い人を面に入れたがります。自分がお金を出し、サービスをしたがります。でも彼だけではありません。長年バドをしてきた上手い年寄りの会員が子供に良い影響を与えているのです。私は下手ですから、随時随所楽しむだけを見せています。それも大事です。

 今日はここまでにします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教育分野の項目

2017-06-15 04:05:37 | Weblog

 おはようございます。

 不思議の項目を終えて、やっと陽に教育分野のブログに関係している、学童のスポーツと勉強に関する相関関係と教育法、の2つ目の項目に移ります。このブログの過去の記事とブックマークにあるバドミントンのブログにはたくさん私の経歴やして来たこと、していることが書かれています。でも昔の記事を読む必要はあまりないでしょう。私ができるだけ矛盾の無いようにこれからも書くつもりですし、私は知識より、情報より、閃きと発想と、創造性を大事にしていますので。

 そうは言っても、記事の、凡そ10年で変化した私の考えもあるでしょう。非常勤を辞め、市民バドミントンクラブ経営中心になり、気が付いたこともあります。この5年は、犬の散歩と世話を第一に生活していて、犬躾と学童の教育はとても似ていると思うようになりました。犬と学童の躾に関する相関関係についてはバドミントンのブログにたくさん書きました。でも、ゼロから短いまとめをこの項目のシリーズでしてみます。分かりやすく短く説明したいからです。

 私の市民バドクラブは、会員の親が学童または園児を連れてきても会費は親の分だけです。会の冒頭の30分と会員の練習試合の切れ目に子供は面に入ります。シャトルも打ちます。相手は親と私たち夫婦。体育館は3面。普通、2面がダブルス練習試合、1面はシングルスの基礎練習。面に入る人の組み合わせは30年近く私が独断でしています。いい勝負になるように組み合わせと相手をいい加減に決めています。従わない人は退会です。小学生以下は練習だけ。子供も公平。親も公平。私の独断と偏見できめています。かなり子供中心です。珍しいクラブかもしれません。

 他のクラブと違う運営法を正しく説明するのは大変です。言葉で言える範囲なら簡単です。シャトル当番や会費管理などの当番はありません。全て私。出欠自由もです。毎月参加した回数で、月会費が決まります。個人ごとに違うわけです。黙って欠席が続いた人は退会です。入会は会員の判断で決まります。随時随所楽しみたい私と会員ばかりですので。不愉快な人の入会は認めません。不愉快の条件書けるかもしれませんが書きません。その人の常識で判断します。不愉快だと感じる人が多数派になると、私がお願いして退会いただいています。注意は子供に有効ですが、大人には無効でしょう。退会頂くことになります。

 30年続けられた理由はたくさんあるでしょう。クラブの基本のルールや習慣があり、年寄りの下手糞の、へそ曲がりの市民バドクラブが継続できたと思っています。上級の腕前を持つ人も来て頂けています。不思議かもしれませんが、理由もあるでしょう。会も30年続くと、中学生だった人が子供を連れて来るようになります。成長の過程を私は目の当たりにすることになりました。中高大と通ってくれた開成生は皆さん素晴らしい人になりました。開成生も全員ですから稀でしょう。

 開成生や優れた親の子供さんが優れた人になるわけではありません。取り柄のない、公立中学生が成長し、成績も伸び、素晴らしい弁護士や大学教授やお医者さんになることもありました。最近、成長するかしないかは、2、3回参加すると分かるような気がしてきました。私の判断について次から考察し、書ける範囲で記事にしたいと考えています。何処まで書けるかは分かりませんが。

 今日はここまでにします。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不思議な話の最終回

2017-06-14 04:11:33 | Weblog

 おはようございます。

 ①寺を訪れる不思議な物音と②あの世から追い返す不思議な問答の話は書きたいことも書けることもたくさんあります。もちろん書けないことの方がおおいのです。このあたりが潮時かも。ですからここで話を③寝たきりの高齢親子が温泉に旅立ちと④交通事故の意識不明の人が見た花畑に進めます。

 ③と④の夢や幻を私はまだ見たことがありません。意識不明になったことはないため、そのような夢を見ていないのでしょう。③と④は友人やネットの記事で数回聞いた話です。ですから聴いただけの話です。すみません。

 ③の話は私が本と新聞で読みました。緩和ケアを長年してきた女医さんが書いた本とその要約記事で。事例の患者さんはキャリアウーマン。進行ガンになり、仕事を諦めたそうです。苦労し育ててきた会社を部下に譲ったそう。そして、末期になり、治療より緩和ケアを選択。病院で旅立つことを覚悟したのでしょう。その病院には仲良しの実母も入院していたそう。実母は寝たきり。ある日、母が今来て、温泉に行く相談をしたと言ったそう。寝たきりで来られない人が来るわけはありません。そしてまたある日、これから母と温泉に行くと言ったそう。その数日後にお母さんは亡くなったそう、そして1か月後に彼女も静かに旅立ったそうです。

 実は一昨日と昨日、同じような話を大黒の姉から聞いてしました。ブログに姉のことを書いて、紹介の電話をしようと思っていた時に、姉から不思議がこと起きたと電話がありました。この不思議な話の内容は書けませんが、本当に不思議。だって1年に2、3回しか電話して来ないのだから。③と④の不思議な話のおまけも聞きました。

 姉のご詠歌隊の女性たちは高齢者、70代、80代の人がメイン。それを30年続けたそうです。まず30年前に高齢者のためにできることを探し、宗派のご詠歌の講習会に通ったそう。終了した時、夫の住職はご詠歌を生かし、地域の老人に役立つ、地域に貢献する活動を実際に始めたらどうだろう、と言ったそう。ですから、ご詠歌隊を始めた時期は少し誤解があったよう、30年前でした。ですからこの今日の記事は昨日の話の影響を受けた結果です。

 姉は間もなく、昔の病気の後遺症からか、声がかすれ、声が良く出なくなったそう。ご詠歌隊は皆さんが続けたいといった。それなら講話会を交互にしようと、隔週で、姉は講師になり講話会を開催しているとのこと。そして今年から若い人たち、多くは60歳代の人が中心になり新しい会を始めたそうです。会員たちが相談し、グループを作り、活動を始めたそう。楽しい旅立ちのために自分はどう生きるべきかを、何ができるかを相談しているそうです。

 私は姉にこのブログの記事を紹介し、書きたい不思議な旅立ちの話をしました。するとtuguさん、似た話はたくさんあるよ。したいことは死ぬ時にできるんだ、ご詠歌隊の人で亡くなった人は多い。家族は皆同じような話をした。特に死んだ両親や仲良しの人や兄弟などと一緒に旅に出かけると言った人はたくさんいるんだ、と昨日言われてしまいました。

 ④は友人二人が経験した話です。バイクで転倒し、重傷を負った人が2人います。彼らの事故は歳も環境も状況も大違いです。でも不思議なことに同じようなことを言っていました。綺麗な菜の花畑にいて、このまま眠っていたいと思ったそうです。川向うから祖父が声をかけてきたそうです。良く聞こえないので川岸に行き、どうしたのお爺ちゃんと言ったそうです。話をしているようですが、お爺ちゃんの声が聞こえません。なんだよ、お爺ちゃんと言ったら、どうやら向こうに行けとジェスチャーで伝えたいようだったそう。そしてまた菜の花畑に戻ったら、目が覚めたそうです。目が覚めてお爺ちゃんは昔に亡くなったことを思い出したそうです。この話も姉はたくさん似た話はあると言っていた。不思議です。

 不思議の話は長くなりましたがこれで終わり、今日はここまでにします。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不思議な問答

2017-06-13 09:07:42 | Weblog

 おはようございます。

 先生に画像などのメディアを渡せ、恒例の体温や血圧や脈拍、酸素量などの検査も済んで、9時ごろに消灯、疲れ果てすぐ寝てしまいました。

 ところが、明かりも見える、看護婦さんの歩く足音も聞こえる、声も聞こえる、お前は寝ていない、これは現実だ、と誰かに言われました。天井の方から声が聞こえてきました。その通りなのです。

 普段通りに廊下を歩く看護婦さんの足音や廊下に出ている患者さんとの会話など、よく物音が聞こえました。廊下やトイレから漏れてきている薄明りも見えていました。お前は善業をして生きてきたと思っている。戒名を言ってみろ。般若経を唱えてみろ、と誰かが私のベッドの上から声をかけてきたのです。

 般若経は数回唱えて真言の決まり文句の念仏なら言えると思っていました。でも疲れ果て、頭はボケていてたようです。最後まで言えそうなのですが、あと少しのところで間違えてしまいました。何度も。唱えられるまで連れて行かない。

 それなら戒名は言えといわれました。普通なら言えそうなのですが、ボケているから文字を間違えてしまいます。何度もでした。ダメだ。連れて行かないとまた言われました。お前は人助けをしてきたと思っている。ところが念仏も戒名もだめ。そんな奴だと。私は頑張ったと。

 それから小学校の時から今の病院生活まで私がした善業を私は訴えさせられました。次々聞かれ、すべて否定されました。お前は良い行いをしたと思っている、相手から得た以上に、最大限応えたと思っていると言われてしまったようです。70年近い過去の、私の友人や先生をよく知っている声が私を詰問したのです。

 それで2時間ほどたちました。疲れ果てました。きょうはここまでにします

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

事件事件の後に安心

2017-06-12 09:39:23 | Weblog

 おはようございます。

 PET検査病院内での大事件3件、介護タクシー内での私の抗議事件の話は割愛します。私はこの記憶を墓場まで持ってゆきます。ラッキーなだけだった、今となっては命あっての物種と思うだけ。お世話になった人やPET検査の悪口は言えません。不満には思わず、何時も反省しろと、弘法大師様に諭されたからです。まだ半分しかできないようです。

 でも、私が疲れ果てていたことを良く分かっていただきたいので、話を4時間ほど、すなわちPET検査から病院の玄関に戻った時に戻します。時刻は、診療受付時間の5時を過ぎた5時半ごろでした。無情にも正面玄関で介護タクシーを降ろされました。

 看護婦さんから、私はまだ病棟の同じ階だけ歩いてよい、それ以外は車いすに乗らなければいけない、転んで怪我をしたら病棟の管理責任になる、くれぐれも宜しくお願いと言われていました。困ったなでも仕方ない。病棟へ携帯電話をしました。女性が出たので、神経内科に入院中のkoderaです、今検査から戻りました、と言いました。

 所がギッチョン、彼女は話しが通じません。看護婦さんたちが全員、昼間の担当と夜の担当チームが業務引継ぎ会議中だったのか、良く知らないアルバイトおばさんなのか、観音様が私にもっと苦行を与えようとなさったのか分かりませんが、丁寧に、貴方の名前は入院患者リストにない、と言いました。担当先生の名前や、病室番号を言っても分からないと言いました。悪い夢を見ている様に感じてしまいました。

 でも、勝手知ったる他人の家ならぬ病院。よちよちと建物から出てくる人を避けながら、しかも両手に荷物を下げ、横玄関の夜間緊急の出入り口に到着しました。顔見知りの守衛さんにPET検査の指示書を見せて、病室に帰ります、と言いました。私も氏名、訪問病室番号、時間などをリストに書こうとしました。入門証をもらうためにです。すると、そのままどうぞと言われました。こうなればしめたもの、まっすぐ歩いて病棟に戻りました。

 何とか夜ご飯の時間に間に合いました。病棟の受付にいた、私を知っている看護婦さんが笑顔で、すぐ食事を届けますと言ってくれました。とりあえず無事、元気そうに見えたのかも。ステロイド剤のおかげでしょう。怖い薬です。早く栄養補給しなければいけません。

 夕食を済ませたころ、夜の回診がありました。担当先生と担当看護婦さんが一緒に来てくれました。二人の顔を見たら元気が戻ったと私も思えました。良かった。最大限努力し、やっと持ち帰った検査映像を担当医に渡せた、からです。彼なら、休日でも土日でも、見てもらえる。病院の内部検討会や月曜日の早朝の連絡会でも、彼が今後の診療方針を正しく提案してくれる、やっと大安心、今日はやっと心静かに床に入れると思ったまでは良かったのですが。

 今日はここまでにします。この項目のクライマックスの話、私と誰かの不思議な問答は次回です。予定が遅れてすみません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弘法大師のお声かも

2017-06-11 19:45:06 | Weblog

 おはようございます。

 入院し、確率25%で年を越えられると聞いた私はもう家に帰れないかもと思いました。長年の非礼を詫び、入院したと簡単に同じ文章で、携帯の住所録のほとんどの人にショートメールで入院を報告しました。100人は下らない数。今のバド仲間や無料支援している二人の阿保、非常勤の学校や大学の責任者にも。

 どれくらいの比率で返事があるか楽しみだったからです。ない人は死亡通知を出さないでくれ、葬式は極力家族葬、返事があった人には連絡可、と妻に言いました。さて何割からあったと思いますか。幸か不幸か、両手の指に余るだけありました。今までの私の悪行の結果です。

 でも、非常勤時代に一生懸命に支援した2学校法人の責任者たちからはゼロ。シャープと富士通はそれぞれ1名。1名ですよ、情けないのかラッキーなのか。10人程度の人がすぐに返事をくれました。不思議なことに東大卒の人、開成卒の人、医学部の人などなどがすぐ返事をくれました。返信は私が優秀だと思っている人ほど早かったのです。優秀な人ほどすぐにコミュニケーションするという、koderaの第110番程度のいい加減な法則の通りでした。

 家族以外でお見舞いに来たのはたった3人。しかも治るつもりになれたPET検査映像検討の説明以降。即ちPET検査の翌週から。PET検査までは家族が30分ほど時々くるだけ。障害者と貧乏現役の二人の子だから仕方ない。他人で来たのは元私の非常勤高校のバドバカ教頭の、今のアホ校長。馬鹿だから可愛い、二度も。それと私の相棒のネットバカの父とその可愛い娘だけ、やはり親父は二度。

 このような孤独死が理想の私の、まだ検査検査の段階で見た夢、PET検査の当日の直後。私は恥ずかしながら、弘法大師様の声だと密かに信じています。友人や家族にこの話をするときは、冗談のように、閻魔様か死神か神様か仏様か夢か病院の秘策支援か分からないと言っていますが。

 そのお言葉を下記に簡単に記します。その御言葉は夢か現か、話は後日するつもりです。「お前はまだ苦労が足りない。今の阿保の二人を支援し、もっと苦労しろ。まだ連れていかない。」が趣旨でした。たった1、2時間の問答で、一生の懺悔をさせられました。本当に怖かった。もういいでしょう、連れてって、お願いしてもダメなのだから。

 面倒を見ろと言われた二人はお見舞いに二度来たアホ。しかも20年近く、kodera家の墓や寺や葬式や財産整理の考え方の違いから、喧嘩状態になっていた兄が病院代支払いの申し出と、お見舞いを持って病院にくると妻へ電話。戒名を頂いた寺の大黒の姉から妻への電話。二人とも年末近く暇になる、来たいと言ったとのこと。私が思いの他に早く治り、来ませんでしたが。

 本当に不思議。声の主は全部お見通しだったから。今日はここまでにします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日暮れて道遠し

2017-06-11 18:56:20 | Weblog

 こんばんは。

 やっと犬の散歩が終わり、食事を済ませ、時間ができました。もう7時、7時半から犬の歯磨きをします。それまでに自分の歯磨きもしなければいけません。毎日こんな調子。事件事件の連続。吾輩は犬である、なら毎日そこそこ書けばいいでしょうが、私は大学の先生ではありません。しがない無職の主夫、朝から晩まで忙しいのです。

 愚痴はここまで、昨日の続きの話と行きたいところですが、入院の翌日の10月26日から退院の11月15日まで、事件事件の連続でした。1日分も千字では終わらず、二千字か三千字になり、毎日記事を書いても、入院生活1日を三日かけて書くような羽目になるでしょう。それでは書きたかった主題の不思議な言葉を何時書けるか分かりません。間は端折るしかありません。

 そこで、11月4日まで飛びます。PET検査を済ませて、大事件3つはありましたが、何とか病院に帰れました。大事件の連続で私が疲れ果て、低血糖症状になったのか分かりませんが、ベッドに入り、私が聞いた不思議な言葉に話を直行します。

 それまでの数日間の入院生活ですら、書くなら、5W1Hで書かないと吾輩は犬であるのような文章にはなりません。WHOだけでも、担当医、脳外の部長、神経内科の部長、研修医A、研修医B、婦長A、婦長B、婦長C、看護婦さん10人ほど、患者10人ほど、さらに介護タクシー運転手、PET検査技師、PET受付、売店担当A、B、C、嚥下リハビリ師、理学療法士、地域連係担当者、私の妻、娘、息子などなどの登場人物がいました。その他大勢いました。誰を端折っても片手落ちになります。書きだしたら正確に書きたくなる、私は悪い質。小説家でも先生でも教授でもありません、私は真っ当な企業人。企業人でも少数派でした。

 Whatの検査で言えば、毎日検査の連続。不思議な声を聞いたPET検査までにすでにMRI4回、CT2回。それぞれの逸話も書かないと片手落ち。本当につらい時もありました。汚い話になりそうで謝りますが、便秘と下剤の影響があったのか、検査中にお腹がとても痛くなりました。検査ベッドの上で冷や汗をかきながら我慢我慢。メインエベントだったPET検査、松戸の住民には決して薦められません。都内まで朝食せず、初めての大病院へ一人で行きました。介護タクシーは行き帰り、受付まで車いすを押してくれただけ。帰りは病院の玄関まで。松戸市は貧乏。PETが市内にないのです。子供の癌患者や意識のない病人はどうするの。私以上に悲惨でしょう。

 でも、検査以上に苦しかったのは嚥下治療のリハビリでした。息ができず、何度も死ぬかと思うほど苦しかった。原因は炎症と喉の異常のとのこと。気管支に異物が入ったのか、咳が止まらず、このまま死ねたらラッキーとさえ思えた時もありました。それらを乗り越え、PET検査までに2度、PET以後に2度のインパルスステロイド治療、その後の大量のステロイド剤服用も無事に済みました。減量戦略もいろいろ書くべきこともありそうですが、何とか無事だったと言えるかも。上にあげた何十人の方のおかげです。検査までと検査以降の関連の話もあり、文才のない私には書きようがありません。今日も日暮れて道遠し、文章の終わりが見えませんでした。

 要介護者と死に損ないの私たちの家は8時が消灯、不思議な声までとどきませんでした。すみません。今日はここまでにします。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不思議を言いたいが

2017-06-10 13:22:58 | Weblog

 こんにちは。

 2項目目の不思議な話を書いています。忘れてはいません。あの世から追い返す不思議な問答、の入りの続きです。グダグダ余計なことを書いているのはご容赦ください。

 病院の玄関にボランティアか、親切な男性。入院受付まで荷物を持ってくれました。あり難い。そして病棟へ。担当の女性が病棟へ荷物を持って案内してくれました。そこは個室。まもなく婦長さんが来てくれました。ラッキー。入院を2日遅らした間に空きができたのでしょう。幸運でした。

 担当の看護婦さんが来て部屋の利用や各種の書類の書き方の説明をしてくれました。妻で経験していたので、簡単。でも経験がない年寄りは大変かも。すぐにパジャマに着替え、先生の診察を待ちました。

 間もなく、担当医が看護婦さんと後期研修医を連れ、来ました。髄液と血液を採取する、髄液採取は痛い、我慢して欲しい、動くともっと痛くなる、採取しますよ、良いですね、と言いました。私は、痛いのは我慢できる質、まな板の鯉だから、と冗談を返しました。後向きでしたので分かりませんが、研修医が針を刺したよう。全く痛くありませんでした。ありがたい、ありがたい。

 ステロイドインパルス治療を午後に開始。点滴で薬剤。何処まで身体が耐えられるか、血液検査をしがらの治療。最初は少なめでしょう。夕方にまた血液採取で判定したはず。午後に造影剤を注射し、またMRI検査。はっきりと影を見たいから。決め打ちで、入院初日からどんどん検査と治療を進めるてくれました。ありがたいありがたい。

 夕方、担当医が治療方針を説明してくれました。MRIでもCTでも、して調べて欲しい、でも延命治療はしないでほしいと、私は言いました。かなりの量の、若い人並みの量を点滴で入れるつもりとのこと。ありがたいありがたい。

 脳外の先生たちと神経内科の先生たちが研究対象例として採用頂けたよう。長年の付き合いの、脳外の部長も見てくれているとのこと。ありがたいありがたい。

 夕食の後、急に脳外の先生が来てくれました。私の症例も極めて珍しい。koderaさんの家族は特異体質だよ。日本中、いいえ世界中に手術をできる先生はいないし、原因が分かる先生もいない、ステロイド治療しかない、年を越せる確率は4分の1程度、と忌憚無く話してくれました。妻の入院からの、10年の信用が私にあるからでしょう。あり難いものです。そして担当医は優れた人、最適の人、私も毎日映像を見る。ベストを尽くす、とも。本当に幸運でした。

 不思議の話まであと少し、次回可能です。今日はここまでにします。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加