VOICE of TSUCKY

ラブラドールのいる風景
出演者紹介:カテゴリー”VoT紳士録” 
用語辞典:カテゴリー”つきペディア”

癒しの間 Tsucky's Room

2016-10-10 | 月世界
つんちゃの部屋のケージを片付けたのは昨年末だった。
靴を持って入ったり、なにかいたずらをしては自分の「治外法権」に逃げ込む、
というのがつんちゃのパターンだった。

それが、だんだん逃げ足が遅くなり、
それを自覚したのか、逃げ込むことも
ケージに入ることすらなくなってきていたので
たま~~にケージに入ったときは嬉しかった。

逃げるつんちゃを追いかけ、ケージに立てこもるつんちゃに手を焼いたことが懐かしく、
つんちゃの挑戦的な目の輝きが見られなくなったことは
つんちゃの衰えを実感するものだった。

でも、足が衰えてきても、ゆっくりでも、ちゃんとトイレに向かう姿が切なくて
自分の納得する位置を決めるのにも時間がかかる姿は
夜中であろうが明け方であろうが、サポートしてやろうという気持ちにさせた。

そんなつんちゃのために、入るのが難しくなっていたケージを片付け、
トイレの場所を広げた。
足の負担を軽減するマットを敷いたその上に、
超大型トイレシーツを敷き詰め、6畳の部屋の三分の二をトイレとして使用できるようにした。

つんちゃが旅立ってから、敷物はきれいに片付けられたままだった。
使っていたものは箱に詰められ、静かにつんちゃの部屋に置かれたままだった。
そこにつんちゃの姿を思い出すことがとてもつらくなっていた。
いつもつんちゃがそこからこちらを見上げる姿があったから。

お遍路中に宿泊した旅館で、デモンストレーション用のマッサージ機を体験した。
とても高価なもので、最初は購入する気はさらさらなかったのだが、
ふと、いいかな。と思ったのはつんちゃの差し金?かもしれない。

あの部屋にこれを置こうかな。そう思った。
つんちゃのために購入した温熱治療器「コスモパック」と
似たような電位治療器が一緒に売られていたせいかもしれない。

でも、うちにもすでにマッサージ機はある。
わざわざ高いお金を出して買い替えるのもどうかな?と当然思った。
営業担当者は、「これはマッサージ機とは違うんです。ちゃんとした医療機器なんです。」と言う。
まあ、結局言いくるめられた?ということかもしれないけれど、
うちにあるマッサージ機がかなり大型で、場所を取ることもあり、
ワタシや母だけでは簡単に動かすことができないことが、
この先ちょっと不安にも思えたので、これも何かの縁かと思い切って買い替えることにした。

それが昨日届いた。スリーミー2122とスリーミーイオン。


でも、もともと生き物だけでなく、物に対してもセンチメンタルなワタシは、
つんちゃとの別れからさらにその傾向は強くなっている。
今まで10年近くもお役に立ってくれたマッサージ機とのお別れに
うしろめたさと寂しさを覚えた。

なので、再就職先を依頼しておいた、新規購入品の営業担当者に
行先を確認しておいた。
ワタシが泊った宿での使用を予定していると聞いて、
マッサージ機にこれまでの働きに感謝の言葉をかけた。


この側面はつんちゃのこともよく知っていたのだ。
リビングに置いていた頃は、つんちゃが傍にいたせいか、足を置く位置にはつん毛がよく着いていた。
再就職に際し、くまなくつん毛のチェックもし、キレイに拭いて送り出した。


つんちゃを直接知らない新参者は、つんちゃの治外法権であるケージが置かれていた場所に赴任した。
Tsucky"s Roomはつんちゃを感じながら、体を癒す部屋となった。

もちろん、つんちゃが最も長く時間を過ごしたリビングにも
つんちゃで癒される場所として花を絶やさずに置いている。


つん魂:癒し系のうちやからねー。 でも花よりか、お供えの充実が大事やん。いやしー系やからね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つんちゃからの返信 | トップ | p.s.  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。