負けない MCTDとの気ままな日々

MCTD、シェーグレン症候群である大学生の気ままな毎日をリポートします。

都臨工会報2017.1回

2017-07-01 08:03:19 | CEな日々
さて、ようやく都臨工の会報を読み終わったので、忘れないうちに感想を書きたいと思います。

今回の会報テーマ。研修のことが多かった印象ですが、我々育成会員の立場から見ても研修及び実習の時の心構えや、学ぶべきことが明白になる大変良いテーマです。

他にも、人工心肺操作や透析操作におけるリスクマネジメントのお話もありました。この二つってルートがいくつも出るし、管がゴチャッとして医療ミスを招きやすいので、この記事は将来病院に出た時に役立ちそうです。

そして、おなじみの医療機器広告なんだけど、学生としてはこの広告も侮れないと思っています。と言うのもこの広告こそが、最新医療機器を知るのにもっとも簡便な方法なのです。(と固く信じていますが、ふかぁく知るにはカタログですね。)

今回のグッドな医療機器といえば、見針絆(みはりばん)‼︎

この見針絆ってやつは、透析時の針抜け事故(シャントは血流が心臓の約三分の一前後あるので、針が抜けると血が勢いよく、文字通り噴水のように出て患者がお陀仏になる)や空気混入(充填操作《プライミング》が甘いとなりがち)を穿刺部位にテープのように貼り付けてモニタリングするセンサなのです。

日本の透析といえば昨今は透析年齢も上がっており、認知症を患っている人も多く見られるようになりました。そんな平均年齢の高い透析室では、日々バスキュラーアクセスの大切さを理解できないお年寄りたちとCEが針を抜く抜かないの攻防戦を繰り広げています。しかし、年寄りたちを常に見張れるわけではないから不安とも戦わなくてはならない……。これは実際に現役の技師さんから聞いたことです。神経がすり減りますね。そんな現状だからこそ、この見針絆は素晴らしい医療機器なのです。(お値段は高めだけれど。)

そうそう‼︎時間があったら日本の透析の現状も今度ゆっくり紹介したいな。

本日もポチッとよろしくお願いします。みなさん頑張っておられます。
にほんブログ村 病気ブログ シェーグレン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へ
にほんブログ村

膠原病ランキングへ

油彩画ランキングへ

医療機器ランキングへ
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最終審査‼︎ | トップ | 三省堂、再び »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

CEな日々」カテゴリの最新記事