負けない MCTDとの気ままな日々

MCTD、シェーグレン症候群である大学生の気ままな毎日をリポートします。

教習所の選び方

2017-03-13 09:46:10 | 教習所の日々とクルマのお話
さて、教習所ネタもそろそろ大詰め。あとは卒検と卒検前効果測定を残すのみ……と言いたいところですが、セット教習と高速っていう二大教習が待ち受けています。

そんな今日は教習所の選び方‼︎

たまにチラチラ聞く「セクハラ教習所」、「ブラック教習所」。やばすぎる教習所を見きわめるポイントはどこでしょうか。後半では公認と非公認の違いについても触れていきましょう。

まずはやばすぎる教習所に当たらないために‼︎

1 体験入校をやっているか。

体験入校をやっていると比較的安心だと言われていますね。

2 2chのブラック教習所リストに載っていないか。

病院、病気関連で2chを使うといろいろとデマも流れていて危険だという私もここだけはきっちり確認しました。ただしやはり信憑性は微妙なのであくまで参考程度にとどめましょう。

3 口コミサイトでいい評判ばかりのところは危険。

口コミサイトってほんとにあてにならないんですよ。(いい口コミ書くバイトもあるし)理想的な比率としては良いの7悪いの3くらいかな。

4 サイトが気合入りすぎ(or気合抜けすぎ)は危険。

あまりにも他に比べて美しい公式サイトやあまりにも貧弱な公式サイトは危険です。

他にも、教習所を選ぶときのポイントは

家の近所か(通いの場合)

追加料金がとられないか

車の台数や施設はどうか

近所の人や先輩等通っている人がいるか

障害者教習(車両持ち込み含め)がやっているか(手帳をお持ちの方)

あたりは考慮した方がいいでしょう。いざ電話してみると対応が悪すぎたとか、最後の最後まで油断ならんところも多いです。教習所選びも楽じゃないデスね。

公認、非公認の違い

よく教習所のホームページをみると「公認○○車校」みたいに書かれています。これは公安委員会の許可を受けて、警察と連携の元運営されている教習所だと思っていただいて結構です。本試験の技能試験が免除され、仮免試験も教習所で受けることができます。

反対に非公認の教習所も数少ないですがあります。こちらは一発試験のために練習したり免許を失効させた人がもう一度取るために練習する場所だと考えてもらえるとわかりやすいでしょう。ここは仮免試験は試験センターへ行きますし、本試験は技能試験と学科試験フルで受けることになります。かなり格安で免許を手にすることができます。

ここまで長くいろいろ話してきましたが、初めての免許の時に教習所選びで失敗してくじけるほどつらいことはないと思います。それならば一発試験の方がマシだと思う方もいると思います。まぁ教習所で免許と一発試験のメリットデメリットや合宿と通いのメリットデメリットについても順次リサーチして行きます。その時を楽しみにしていてください。

本日もポチッとよろしくお願いします。みなさん頑張っておられます。
にほんブログ村 病気ブログ シェーグレン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へ
にほんブログ村

膠原病ランキングへ

油彩画ランキングへ

医療機器ランキングへ
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 駐停車終了〜‼︎ | トップ | モアナと伝説の海 レビュー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL