tsubowの忘れた頃に書き込むログ

できれば社会に有益な情報を載せたいと思います。(愚痴もあり)

レコードのデジタル化その1

2016-11-07 11:33:40 | 有益情報?

最近レコード(LP)が若い人に注目されているようです。
私も昔のLPコレクションが約300枚程度ありますので、改めて聞いたり
データー化したりしています。
古いオーディオ機器は大半が経時劣化して動かなくなり廃棄処分しましたが、
まだ完動する所有品に、当時レコード・プレーヤーの最終形とも言われた
DD(ダイレクト・ドライブ)方式のものがあります。
従来品は、ゴム製のベルトやキャプスタン・ローラーをターンテーブルの駆動に
使っていたため、ベルトやローラーが劣化して
(交換部品も当然なし)そのまま製品寿命となっていました。
サーボ・モーターが直結のダイレクト・ドライブ方式のレコード・プレイヤーは
致命的なゴム劣化がありませんので、今でも現役で使用できます。

実はレコードを聞くためには、Phono入力があるプリメイン・アンプが
必要です。私のプレイヤーにはMMカートリッジがつけてあるので、数ミリボルトの
信号が扱える入力端子が必須です。
単純にアンプに外部入力があれば代用できるかといえば、そうではなく「Phono」用でないと
ダメです。理由は、単に入力インピーダンスのマッチングだけでなく、アナログ・レコード特有の
「RIAA」特性を補正するイコライザーが必要になるからです。(RIAAの意味はググってね)
私が持っていた、パイオニア製のAVアンプにはこの「Phono」端子がありましたが
(ちゃんとMM用とMC用の切替まで付いていました)電源が故障して廃棄してしまいました。(T_T)

今はPC入力用のオーディオテクニカのプリアンプを経由して、なぜかPCで聞いています。
このアダプタはLPをCDやMP3に変換するために購入したものです。
変換の手順は次回に説明します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Windows7 OSは起動するがネ... | トップ | レコードのデジタル化その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

有益情報?」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。