ツボのツボ2

健康と治療法と私見

私の頭痛治療

2016-10-17 10:52:10 | ツボのツボ
 なんとも、形容しがたい頭痛。
後頸部、天牅の辺りを押と前頭部痛が楽になるので、刺鍼する。響くのが気持がいい。
1日保つこともある。
6月の或る日、玉川の紀伊国屋で、井齋偉矢先生の「西洋医学が解明した痛みが治せる漢方」を見つけ、
早速買って読んだ。集英社新書720円。
ボクには素晴しい本なので、お勧めだ。
呉茱萸湯。
院長に処方してもらい、はじめは、頓服で、2包飲んだが、これはいい、という感じ。
14日間続けてみた。
頭痛は殆ど治まった。
いい事はどんどん教えてしまう主義だ。
持って死ねるわけではないから。
出し惜しみする人は、悉く店じまいしている。

この本の素晴しいところは、サイエンス漢方処方の考え方で、
お灸にも、この方法論を応用できないか、かんがえているところだ。
いま、あるところから、宿題を出されたので、それどころではないが。
元気なうちに出来るかどうか?
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しい火 | トップ | 耳介穴・枕点 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。